301リダイレクトと302リダイレクトの違いとSEOへの影響

作成日(公開日):
最終更新日:
301リダイレクトと302リダイレクトの違いとSEOへの影響

WEBサイトの移設やリニューアルを行うときに欠かせないのが、「リダイレクトの設定」です。しかし、WEB運営者の中には「むやみにリダイレクトを設定してSEOに悪影響を及ぼしたらどうしよう」「リダイレクトって安易にしていいのかわからない・・・」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「301リダイレクトと302リダイレクトの違い」と「SEOへの影響」についての解説をします。

1.

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

301リダイレクト

・・・「恒久的な転送」に用いられる処理
Googleの検索エンジンは恒久的なリダイレクトだと想定して、「転送先のURL」を検索結果に表示します。

 

302リダイレクト

・・・「一時的な転送」に用いられる処理
Googleの検索エンジンは一時的なリダイレクトだと想定して、「転送元のURL」を検索結果に表示します。

 

※一般的には上記の使い分けで認識されていますが、現在のGoogleでは、301リダイレクも302リダイレクトも恒久的なURLの移動として処理されるようになりました。

 

1-1.

表示速度や認識速度の違い

表示速度・・・301リダイレクトのほうが若干スピードは速い
処理速度・・・301リダイレクトのほうが検索エンジンに転送が認識されるのが早い

2.

301リダイレクトと302リダイレクトのSEOへの影響

WEBサイトやページの移転によるドメイン変更は、SEO的なリスクを伴う行為です。ただし、必要に応じてリダイレクト設定をすることで、このようなリスクを最小限に抑えることができます。

2-1.

どちらも評価をすべて転送先に引き継ぐ

かつて、302リダイレクトは転送元のから転送先へページの評価を引き継がないと言われてきました。しかし、2017年にGoogleからリダイレクトに関する仕様の変更が発表されて以降は、「301リダイレクトと302リダイレクトはどちらも評価を引き継ぐ」ようになりました。

このことから、ページの評価に関しては301リダイレクトと302リダイレクトのどちらを用いてもSEOへの影響はない、ということがわかります。実際にGoogleからどちらを使うべきかを奨めることはありませんので、用途に応じてリダイレクトの方法を選ぶことが大切です。

2-2.

ペナルティを受けたページのリダイレクトは注意

301リダイレクトと302リダイレクトともに、ペナルティを受けたなどの悪い評価も引き継ぐことになります。
悪い評価を受けたページは、リダイレクトから削除することをおすすめします。



リダイレクトには、恒久的な転送に用いられる301リダイレクト、一時的な転送に用いられる302リダイレクトという2つの処理があります。現在はリダイレクトの仕様が大きく変更されたことで、どちらのリダイレクトを設定してもページの評価は転送先に引き継がれるとされています。

 

選んだリダイレクトによってSEOへの影響が大きく変化することはないですが、301リダイレクトと302リダイレクトの違いを考慮すると、悩んだ場合は301リダイレクトを用いることをおすすめします。

 

以上、「301リダイレクトと302リダイレクトの違いとSEOへの影響」についての解説でした。


この記事をシェアする