404エラーとは?リダイレクト設定やリンク切れが原因で起こるエラーの直し方

作成日(公開日):
最終更新日:
404エラーとは?リダイレクト設定やリンク切れが原因で起こるエラーの直し方

SEOでよく用いられる用語の中から、今回は「404エラー」の意味や原因、対処法、検索順位への影響について解説します。

1.

404エラーの意味は?

「404エラー」は、WEBサーバーとブラウザの間でやり取りされるステータスコードの一つです。「リクエストされたページは存在しません」、「コンテンツが見つからない」という意味を示すコードであり、WEBサイトを運営していると高い確率で遭遇します。

2.

404エラーが表示される原因

404エラーが表示される原因はいくつかありますが、とくに多いのが間違ったURLを打ち込んでいる、リダイレクト設定ができていない、リンク切れしている、すでにページが削除されている場合です。

3.

404エラーが表示されたときの対処法

以下は、404エラーが表示されたときの対処法についてまとめています。

3-1.

間違ったURLを打ち込んでいる

リンクを設定する際、URLを間違えて入力していることがあります。この場合は、URLを正しく設定し直す必要があります。また、外部リンクが誤って貼られているときには、自分では変更できないため、リンクを貼ったWEBマスターに連絡をして修正をしてもらいます。

3-2.

リダイレクト設定ができていない

サイトのリニューアルや移転などで、サイト内のページのURLやドメイン自体が変更になる場合は、リダイレクトの設定を行うことで、ユーザーや検索エンジンをスムーズに誘導できます。
リダイレクトの設定を行わないと、古いURLにアクセスしたユーザーに404エラーが表示されてしまいます。301リダイレクトの設定をしておくと、変更前のURLの評価を新しいURLに引き継ぐことができるため、推奨されています。

3-3.

リンク切れしている

リンク切れを起こしているとリンク先のページが見つからないため、404エラーが表示されます。リンクを貼ったときにはページが表示されていても、その後ページが削除・移転されてしまうこともあります。
リンク切れの有無を調べ、同じページが新しいURLで公開されている場合は、リンクを新しいURLに変更しましょう。


404エラーは技術的な問題ではなく、サイトやページの移転、リンクの設定ミスなどが主な原因です。404エラーが大量に発生するということは、サイトにアクセスしてきたユーザーを逃し、機会損失を招いているので、こまめに確認・修正を行うべきです。

 

サイトのリニューアルや、ドメインの変更などがあった場合は、301リダイレクトで、ユーザーと検索エンジンの誘導を行うと共に、古いURLの評価を新しいURLに引き継ぐ設定を行いましょう。

 

ユーザーのURLタイプミスなどで404エラーが表示されたときを見据えて、テキストだけの味気ない404ページの代わりに、オリジナルの404エラーページを作成すると効果的です。

ユーザーが意図したページが表示されなくても、トップページへのリンクや検索窓などを設置した利便性の高い404ページが表示されれば、ページ離脱を防止する効果が得られるためです。

 

以上、「404エラー」の意味や原因、対処法、検索順位への影響について解説でした。


この記事をシェアする