【Googleサーチコンソール】クロールエラーの確認方法と対処方法を解説

作成日(公開日):
最終更新日:
【Googleサーチコンソール】クロールエラーの確認方法と対処方法を解説

Googleサーチコンソールでクロールエラーが検出された場合、何らかの原因で検索エンジンによるクローリングが完了していないURLが存在することを意味します。
クロールエラー自体が検索順位に直接影響を与える可能性は少ないですが、重要なページがクローリングされていない場合は、コンテンツやサイトが適切に評価されない可能性があります。そのため、常日頃からクロールエラーをチェックしましょう。

2019年3月28日以降、従来のGoogleサーチコンソールから新バージョンに切り替わり、旧バージョンにあったクロールエラーレポートは廃止されています。本記事では、新バージョンのGoogleサーチコンソールでクロールエラーを確認する方法と対処方法について解説します。
クロールエラーの状況を確認しながら、重要なページがクローリングされていない場合は早急に対処しましょう。

1.

Googleサーチコンソールの「クロールエラー」とは?

クロールエラーは、Googleサーチコンソールで確認できる項目の一つです。
従来のバージョンでは、クロールエラーレポートで確認できましたが、新バージョンへの切り替え後はインデックス カバレッジ レポートで確認できます。

クローラーの巡回に問題が起きている場合は、インデックス カバレッジ レポートにエラーが表示されるため、検出されたエラーに対してどのような方法で対処すべきかが明確になります。
 

1-1.

クロールエラーの確認方法

クロールエラーの確認方法は以下のとおりです。

 

クロールエラー機能を使用するにはGoogleサーチコンソールへの登録が必要です。

参考: 【Googleサーチコンソール】自分で出来る登録方法 使い方ガイド
 

STEP1:Googleサーチコンソールにログイン

Googleサーチコンソールにログインします。
 

STEP2:対象のWEBサイトURL(プロパティ)を選択

 

STEP3.ダッシュボード内の[インデックス]>[カバレッジ]をクリック

 

STEP4. インデックス カバレッジ レポートを確認する

新しいインデックス カバレッジ レポートは、クロールエラーをサイトレベルで確認できます。クロールエラーが検出されると、クロールエラーの数と重要な問題に焦点を当てた件数が表示されます。上図では、クロールエラーが検出されなかったため「0」と表示されています。

[詳細]の項目に、クロールのステータスやエラーの種類、・クロールエラーが起きているページ数などが表示されます。新しいインデックス カバレッジ レポートでは、過去1か月間に発生した重要なエラーが表示されます。
 

2.

インデックス カバレッジ レポートに表示されるエラーの種類と対処方法

インデックス カバレッジ レポートには、GoogleインデックスにおけるWEBサイト登録に影響を及ぼす恐れがある重要な問題が表示されます。
インデックス カバレッジ レポートに表示されるエラーの種類と対処方法は以下のとおりです。
 

2-1.

サーバーエラー(5xx)

ステータスコードが500番台のエラーが出ていることを意味するエラーです。内部サーバーエラーやサーバーの設定ミスがあった場合に多くみられるエラーです。

サーバーエラー(5xx)の該当ページはインデックスされてないため、重要なページでエラーを検出している場合は早急な対応が必要です。

対処方法

  • サーバーの停止や過負荷、設定ミスなどの不具合がないかを確認する
  • WordPressを使用している場合は、プラグインを停止して様子をみる
  • 検索エンジンで該当URLを検索して500番台のエラー画面が表示された場合はサーバー会社に問い合わせる

 

2-2.

エラー: 送信された URL はソフト 404 エラーのようです・除外: ソフト 404

サーバーから404が返されていない場合に起こるエラーです。

通常の404エラーはページが存在しない場合、「ページが見つかりません」という内容がエラーページに表示されます。しかし、「送信された URL はソフト 404 エラーのようです」または「除外: ソフト 404」が検出された場合は、本来存在しないページがステータスコード200(正常に動作していることを表すコード)で表示されます。クローラーはこれをページと認識するため、無駄なクロールやインデックスが行われてしまいます。

対処方法

  • PHPなどのプログラムをチェックして常に404コードを返すように設定する
  • URLの記述間違いがないか確認する
  • 外部サイトからのリンクにスペルミスがある場合は301リダイレクトで正しいURLに転送する

 

2-3.

エラー: 送信された URL が未承認のリクエスト(401)を返しました・除外: 未承認のリクエスト(401)が原因でブロックされました

401エラーは、クローラーによるWEBサイトへのアクセスが、何らかの原因でブロックされている状態のときに表示されます。

対処方法

  • txtファイルがGoogleのアクセスをブロックする設定になっていないかどうかを確認する
  • URL 検査ツール(旧 Fetch as Google)を使用してWEBサイトがGoogleからどのように認識されているかを確認する
  • ホスティングプロバイダーにクローラーの巡回がブロックされていないかを確認する

 

2-4.

エラー: 送信された URL が見つかりませんでした(404)・除外: 見つかりませんでした(404)

Googlebot がアクセスしようとしたページが存在しないときに、表示されるエラー(404エラー)です。外部サイトから貼られた被リンクのURLに誤りがある場合や、内部リンクのURLにスペルミスが生じている可能性があります。

対処方法

  • リンク元が外部サイトであった場合は、301リダイレクトで正しいページに導くようにする
  • 内部リンクに記載ミスがある場合は、正しいリンク先になるように修正する
  • 削除済みのページのリンクは削除する

 
正しく対処したら【修正を検証】のリクエストをGoogleに送信しましょう。
 


新バージョンのGoogleサーチコンソールのインデックス カバレッジ レポートに表示されるクロールエラーは、直接検索順位に影響するものではありません。しかし、クロールエラーが多発していると、WEBサイトに「ページが見つかりません」といった表示が増えて、ユーザーの混乱や離脱を招く可能性があります。

Googleサーチコンソールを使ってクロールエラーの有無を定期的に確認し、重要なページが正常にクロールされていない場合は早急に対処しましょう。

 

以上、Googleサーチコンソールでクロールエラーを確認する方法、エラーの種類や対処方法についての解説でした。


この記事をシェアする