Above the fold(アバブ・ザ・フォールド)とは

作成日(公開日):
最終更新日:
Above the fold(アバブ・ザ・フォールド)とは

SEOでよく用いられる用語の中から、今回は「Above the fold」に関して解説します。

1.

Above the foldの意味は?

「Above the fold(アバブ ザ フォールド)」は、WEBサイトのページが表示されたときにスクロールすることなく閲覧できる領域のことを指します。

ちなみに日本では一般的にファーストビューとも呼ばれます。その一方、スクロールすることで見えるようになる領域のことを「Below the fold(ビロウ ザ フォールド)」といいます。

2.

Above the foldの重要性について

WEBサイトのページが有益であるかどうかを判断する数秒のあいだに、ユーザーが求める情報をAbove the fold内に表示させることが非常に重要です。

Above the foldに表示させる情報は最も重要なコンテンツや興味がそそられるような視覚を刺激するインパクトのある画像などを配置して、ユーザーが直感的にそのページの内容を理解できるように工夫します。

サイトを訪問したユーザーに見てもらいたい画像や読んでもらいたいコンテンツをAbove the fold(ファーストビュー)に表示することでサイトの離脱率を抑え、ページをスクロールする、または他のページへ誘導するといった大きな効果を得ることができます。

2-1.

Above the foldの左上が特に重要な領域

「Golden Triangle(ゴールデン・トライアングル)」と呼ばれる領域は、Above the foldの中でも特に重要な箇所であり、ページ左上にある黄金の三角地帯を指します。この部分は人がページを開いたときに真っ先に目に入る位置であり、最も視線が集まる箇所だとされています。

そのため、Above the foldの領域の中で必ず視認されるエリアで最も注目してもらいたいことや情報をこの部分に配置するとより効果的です。

2-2.

SEO観点からも重要なAbove the fold

ユーザーの興味付けを行うためにもAbove the foldに記述される内容はとても重要になりますが、それと同時に重要なポイントとされているのがSEO観点から見たAbove the foldです。

Googleにより2012年に発表されたページレイアウトアルゴリズムは、Above the fold内に関係のない広告を多く含むページには評価を下げるアルゴリズムが採用されていると言われています。

このことからも、ユーザーが求める有益なコンテンツを記述することはユーザビリティを改善させるためにも有効であると同時に、SEOの観点からみても非常に重要なことであることが分かります。


ユーザーの興味付けを行うためにもAbove the foldに記述される内容はとても重要になりますが、それと同時に重要なポイントとされているのがSEO観点から見たAbove the foldです。

 

Googleにより2012年に発表されたページレイアウトアルゴリズムは、Above the fold内に関係のない広告を多く含むページには評価を下げるアルゴリズムが採用されていると言われています。

 

このことからも、ユーザーが求める有益なコンテンツを記述することはユーザビリティを改善させるためにも有効であると同時に、SEOの観点からみても非常に重要なことであることが分かります。


この記事をシェアする