alt属性とは

作成日(公開日):
最終更新日:
alt属性とは

SEOでよく用いられる用語の中から、今回は「alt属性」の意味や効果について解説します。

1.

alt属性の意味は?

「alt属性(オルト属性)」とは、HTMLのimgタグの要素として使われる属性です。

WEB画像のリンクが切れているために画像が表示されないときや、画像が表示できないブラウザでページを開いたとき、音声読み上げブラウザを利用するときなどに、alt属性に代替テキストを指定することで画像の代わりにテキストが表示されるようになります。

代替テキスト
 

2.

alt属性を最適化したことによる効果

2-1.

アクセシビリティの向上に大きな効果が得られる

ネットワーク環境の影響で画像が読み込めないような場合を想定して、事前にalt属性を登録しておくことは非常に重要です。

以前に比べると画像が表示できないブラウザが使われることは多くはありませんが、ネット環境によっては画像を読み込むのに時間がかかる場合もあるため、alt属性で画像に関する説明を記述する意味は多いにあります。

alt属性に適切な記述をすることでユーザーがより快適に情報を理解できるようになり、アクセシビリティの向上にも大きな効果が得らえます。

2-2.

alt属性によるSEO効果は主要タグには及ばない

alt属性に含まれる文字列がSEO効果にどのような影響があるかについては、titleタグやhタグと呼ばれる主要タグと比較すると直接的に大きな効果を及ぼすことはないとされています。

また、検索順位を上げるために特定のキーワードだけをalt属性に繰り返し記述すると、マイナスの評価をされてしまう危険性があるため注意が必要です。

2-3.

アンカーテキストの代わりとなるalt属性

ユーザーにとって有益な情報を提供するという点でいえば、alt属性に正しい記述を行うことは必要不可欠な施策といえます。

alt属性を最適化したことで劇的に検索順位が上がることはありませんが、Googleが公開する検索エンジンスターターガイドにはalt属性に関するメリットが記載されています。
それは、画像にalt属性を設定することで、画像からリンクを張ったときに画像のaltテキストがリンクに対してアンカーテキストと同様に扱われるようになるということです。

Googleが配置された画像の内容の良し悪しまで判断することはないため、画像リンクを利用するときには必ずalt属性を設置する必要があるのです。
 
▸ alt属性のSEO効果と正しい使い方 | SEO World
 


テキスト以外の画像コンテンツが表示されないときなどに、正しい情報を伝えるためにもalt属性を設定しておくことはとても重要です。

同じキーワードだけを繰り返し並べるのは避けるべきですが、画像リンクを張るときにalt属性を設定しておけばアンカーテキストの代わりになります。

 

意味を持たない画像にはalt属性を設定する必要はありませんが、分かりやすく使いやすいページやWEBサイトを構築してアクセシビリティを向上させるためには、alt属性の設定を行うことが望ましいといえるでしょう。

 

以上、「alt属性」の意味やその効果についての解説でした。


この記事をシェアする