AMPとは

作成日(公開日):
最終更新日:
AMPとは

SEOでよく用いられる用語の中から、今回は「AMPアンプ」の意味やその効果について解説します。

1.

AMPの意味は?

AMPアンプ(Accelerated Mobile Pages)」は、モバイルサイトを閲覧する際にページを高速表示させるためにGoogleTwitterなどのIT企業で共同開発されたオープンソースプロジェクトです。

AMPアンプはフレームワーク(AMP HTML)を指す言葉でもあります。AMPが導入されたページをGoogleの検索エンジンで検索すると、検索結果にAMP対応ラベルが表示されています。

AMP対応ページ
 
WEBページのHTMLCSS、JavaScriptなどの技術を利用しながらでも、あらかじめAMPの使用に沿ったモバイルサイトを構築することでGoogleやTwitterなどに情報をキャッシュして表示速度を高速化できるようになります。

また、AMPを導入するとJavaScriptの使用が許容されずに仕様が限定的になるため、必然的に読み込みにかかる負荷が減り結果的にコンテンツの表示時間が短縮されます。

AMPでは、使用できるHTMLタグや、サポートされるCSS、JavaScriptの機能が制限されるため、通常のWEBサイトに比べるとオリジナルと同様のサイトを作ることはまだ難しいようです。さらに、AMPを導入するときに記述を間違えてしまうと、情報がキャッシュされずにエラーが起きるため注意が必要です。
 

2.

AMPによる効果について

AMPを導入するメリットは、以下のようにいくつかあります。

2-1.

WEBページの高速化によりユーザビリティが向上する

AMPアンプを導入したことでモバイルページに情報が表示されるスピードが高速化するため、モバイルユーザーの満足度を高めることができるといった効果が得られます。

人がWEBページを閲覧するときに表示速度が数秒でも遅くなれば、ユーザーがマイナスの印象を抱いてしまい直帰率が増えるリスクが高まります。特にモバイル環境においてはその数秒の違いが快適度を左右する決め手にもなるため、さまざまな状況でより高速表示がされやすいようにAMPを導入する企業が増えているのです。

2-2.

快適さが加われば離脱率を抑え滞在時間が伸びる

SEOに対して直接的に影響することはないものの、WEBページの表示スピードが高速化されればユーザーが有益な情報を即座に得ることができる、それにより離脱率が抑えられて滞在時間を伸ばせるといったメリットがあります。

このようなメリットが検索結果により良い影響を与えることは可能性としてあり得るため、間接的ではありますがAMPを導入することでSEO効果を期待できるというわけです。

2-3.

モバイル検索結果のページでカルーセルが表示される

現在は記事コンテンツに限定されていますが、AMP対応したコンテンツはモバイル検索結果にカルーセルで表示されるため、訴求力が高まります。
 

 
▸ 「AMP」ページの表示速度が与える順位への影響について | SEO World
 


スマートフォンの普及やインターネット環境の向上により、最近ではモバイル端末でもリッチテキストを閲覧できるようになっていますが、常に高速な通信回線が保証されているわけではありません。

 

そこで便利なプロジェクトが、今回ご紹介した「AMPアンプ」です。AMPを導入したことでページ表示を高速化できるようになったため、特にニュースやレシピ、レビュー、ブログ、映画情報、製品ページなどの静的なウェブコンテンツに大きな効果を発揮するとされています。

 

現時点では、すべてのサイトにAMPの導入が効果的であるとは言えないため、今後はさらに多くのWEBサイトで導入して効果が得られるように機能が拡張されていくことが大きな課題となりそうです。


この記事をシェアする