【2020年版】プロ直伝:被リンクのチェック方法(被リンク精査マニュアル有り)

作成日(公開日):
最終更新日:
【2020年版】プロ直伝:被リンクのチェック方法(被リンク精査マニュアル有り)

被リンクは、WEBサイトの価値を図る重要な要素の一つとされていますが、被リンクをただ増やせば良いというわけではありません。現在の検索アルゴリズムは、数だけでなく質もWEBサイトの価値を測るための重要な指標としているためです。

被リンク対策の効果を最大化するには、良いリンクを増やし、悪いリンクを減らすことが求められます。しかし、良質な被リンクを獲得することが重要なことだとわかっていても、自社サイトに貼られた被リンクの良し悪しをチェックする方法がわからず、効果的な被リンク対策が行えていない方が少なくありません。

今回は、被リンク効果を最大化するためにも知っておきたい、被リンクチェックツールと被リンクチェックリストについて詳しく解説します。

1.

被リンクのチェックリスト

被リンクチェックツールを使って被リンクの良し悪しを精査、確認するときは、以下に挙げる被リンクチェックリストをご利用ください。被リンク元のサイトだけでなく、被リンクの増減推移や頻度などを見て総合的に判断するのがポイントです。

 

項目チェック事項重要度
★★★★★
被リンクの
内容(質)
関連性の高いWEBサイト被リンク元のコンテンツと自社サイトのコンテンツに関連性はあるか★★★
検索ユーザーが知りたい情報が記載してある被リンク元のコンテンツはユーザーが求めている情報やユーザーが満足できる回答が含まれて内容になっているか★★★
E-A-Tが担保されている被リンク元のコンテンツは専門性・権威性・信頼性を持たせた内容であるか★★★
オーソリティ被リンク元は信用性や権威のあるオーソリティサイトか★★★
コンテンツの網羅性被リンク元のコンテンツは対象トピックに関する網羅的な情報を提供しているか★★
コンテンツの新鮮度被リンク元のコンテンツは更新頻度が高く話題性のある最新の情報か
コンテンツの独自性被リンク元は独自コンテンツや有益な情報を持つ高品質なサイトか★★
ドメインパワードメインエイジ(ドメイン年齢)運用履歴の長いドメインからのリンクを得ているか★★★
アクセス数ある程度アクセス数の多いドメインからリンクを得ているか★★
ドメインの質ペナルティを受けているドメインからのリンクに対し適切な対応をしているか★★★
ドメイン数同一ドメインだけでなく複数のドメインからリンクを得ているか★★★
リンクのステータスドメイン内でリンク切れが起きていないか★★
インデックスされているページからの被リンク被リンク元のページは検索エンジンにインデックスされているか★★
異なるドメインで同じテンプレートでないか異なるドメインで同じテンプレートを使っていないか★★
被リンクの貼り方メインコンテンツからの被リンクリンク元のメインコンテンツからリンクを得ているか★★★
TOPページからの被リンクリンク元のTOPページからのリンクを得ているか★★
リンクの位置リンクの位置はリンク元のメインコンテンツ上部に設置されているか★★
nofollownofollow属性が設定されていないか
被リンクの数被リンクのドメイン数異なる複数のドメインから被リンクを獲得しているか★★★
被リンク数の増加率被リンクが急激に増加していないか★★★
被リンクの増減推移一定期間で新しい被リンクが増えているか★★★
同一コンテンツへの被リンク数同一のコンテンツに対して不自然なほど大量のリンクが貼られていないか★★★
被リンク数とドメイン数の比率大量の被リンク数に対してドメイン数が極端に少なくないか★★
まとめサイト・Q&Aサイトからの被リンクまとめサイト・Q&Aサイトからリンクを獲得しているか
アンカーテキストキーワードが含まれたアンカーテキストリンクタグのアンカーテキストにキーワードが含まれているか★★★
関連性のあるテキストリンク先ページの内容を想起させるテキストを使用しているか★★★
簡潔でわかりやすいテキストリンク先の内容に関連する情報を含めた簡潔でわかりやすいテキストを記述しているか★★★
自然な文章自然な文言になっているか★★★
参照リンクや引用リンクの書き方出典元が明記されているか★★★
アンカーテキストの書式アンカーテキストとリンクしていないテキストを簡単に識別できる書式になっているか★★
アンカーテキストの分散文言や表現が重複しないようアンカーテキストを分散させてリンクを設置しているか★★
テキストを使ったアンカーテキスト重要なページへのリンクは画像よりテキストを使ったアンカーテキストを使っているか★★
スパム性のあるリンクキーワードの詰め込みコンテンツに必要以上にキーワードが詰め込まれていないか★★★
隠しテキスト・隠しリンク隠しテキストや隠しリンクを用いたキーワードの詰め込みが行われていないか★★★
スパム性のある相互リンク集相互リンク集を利用して意図的に不自然なリンクを獲得していないか★★★
スパム性のある有料リンクスパム性のある有料リンクからリンクを獲得していないか★★★
関連性のない被リンク関連性が全くないページからリンクを貼られていないか★★
逆SEO検索順位を下げる目的で故意に質の低いページからにリンクを貼られていないか★★
コピーコンテンツ無断複製されたコピーコンテンツを掲載するページからのリンクはないか★★
ワードサラダ自動生成されたテキストからのリンクはないか★★

 

▶良いリンクと悪いリンクの例

下の図では、外部サイトからコスメ通販サイトに向けて被リンクが貼られています。悪い例は、コスメ通販サイトと全く関係のない外部サイトから被リンクを獲得しているため、獲得した被リンクは評価されない可能性が高いです。対して、良い例は、コスメメディアや化粧品口コミサイトなど、コスメ通販サイトと関連性が高い外部サイトから被リンクを獲得しています。

良い例のように関連性の高い外部サイトから被リンクを獲得しているWEBサイトは、価値のあるWEBサイトであると評価されやすくなり、検索順位が上がるなどの被リンク効果が期待できます。

2.

チェック項目の詳説

被リンクの良し悪しを見極めるためのチェック項目を紹介します。

2-1.

WEBサイトの内容(質)

自社サイトに向けてリンクを貼っている被リンク元のWEBサイトの内容によって、被リンクの良し悪しを見極めます。

2-1-1.関連性の高いWEBサイトである

自社サイトのコンテンツと関連性の高いコンテンツを提供するWEBサイトから被リンクを獲得すると、検索エンジンから評価されやすくなります。反対に、自社サイトのコンテンツと全く関係のない内容のコンテンツを掲載するWEBサイトからの被リンクは、検索エンジンから低品質なリンクと判断されて無視される可能性が高いです。

2-1-2.検索ユーザーが知りたい情報が記載してある

良質なコンテンツを持ったWEBサイトから被リンクを獲得しているWEBサイトは、同じく良質なWEBサイトであると検索エンジンに評価されやすくなります。良質なコンテンツは、ユーザーが求めている情報やユーザーが満足できる回答がコンテンツに含まれているかどうかが重要です。ユーザーのニーズや検索キーワードの意図を汲んでいる良質なコンテンツを提供するWEBサイトからの被リンクは、積極的に増やすべき良い被リンクといえます。

2-1-3. E-A-Tが担保されている

E-A-Tは、専門性・権威性・信頼性の要素の頭文字をとったGoogleの造語です。正しい情報をしっかり掘り下げ、ユーザーにわかりやすく伝えることを意識している信頼性の高いWEBサイトは、検索エンジンから高く評価されやすくなります。被リンク元がE-A-Tを強く意識し、多くのユーザーから支持を受けているWEBサイトであれば、高い被リンク効果が期待できます。

2-1-4.オーソリティサイト

オーソリティサイトとは、信用性や権威のあるサイトのことを指します。提供している情報の信頼性や有用性が高く、ネット上における認知度も高いオーソリティサイト内で言及され、被リンクを受けているWEBサイトは検索エンジンから評価されやすいと言われています。

2-1-5.コンテンツの網羅性

被リンク元のコンテンツの網羅性をチェックします。検索ユーザーから評価されやすいコンテンツは、単に文字数が多いだけでなく、対象トピックに関連した情報や、ユーザーが求めるニーズに応える情報をまんべんなく網羅しているコンテンツのことです。被リンク元のコンテンツをチェックして、ユーザーが求める情報を網羅的に提供しているサイトかどうかを確認し、WEBサイトの質を見極めます。

2-1-6.コンテンツの新鮮度

被リンク元のコンテンツの新鮮度をチェックします。新しい情報を提供するWEBサイトは、ユーザーにとって有益なWEBサイトであると検索エンジンに評価されやすくなります。被リンク元のコンテンツがいつ更新されたものか、あるいはコンテンツの更新頻度をチェックして、被リンク元が話題性のある最新の情報を掲載しているWEBサイトであるか見極めます。

2-1-7.コンテンツの独自性

被リンク元コンテンツの独自性をチェックします。現在の検索アルゴリズムは、独自性の高いコンテンツなど有益な情報を提供するWEBサイトが評価されやすく、上位表示されやすい仕様になっています。獲得している被リンクが独自の情報を掲載する高品質のWEBサイトから貼られたリンクであれば、検索エンジンに評価されやすい傾向にあります。

2-2.

ドメインパワー

被リンク元のドメインパワーは、被リンク効果に影響する可能性があります。

2-2-1.ドメインエイジ(ドメイン年齢)

被リンク元ドメインの運用期間をチェックします。ドメインを取得して検索エンジンに認識されてからの期間が長いWEBサイトは、検索エンジンに評価されやすい良質なコンテンツを多く持ち、価値のある被リンクを多く獲得している可能性が高いです。Googleはドメインエイジそのものよりも被リンクの有無などから、そのWBEサイトの実績を評価する傾向にあります。このことから、ドメインエイジが長く古いドメインから被リンクを獲得しているWEBサイトは、そうでないサイトよりも検索エンジンから高く評価される可能性が高くなります。

2-2-2.アクセス数

アクセス数の多いWEBサイトは知名度が高いドメインであることが多いため、一般的にドメインの評価が高い傾向にあります。ゆえに、アクセス数の多い、ドメインを持つWEBサイトから被リンクを獲得すると、そうでないWEBサイトよりも検索エンジンから評価されやすくなります。

2-2-3.ドメインの質

被リンク元WEBサイトのページタイトルや総合的な順位を調査しましょう。運用歴が長く、被リンクが多いにも関わらず、そのサイトのメインテーマに関連するキーワードで上位表示していない場合、主要なページのtitleタグからテキストを引用し、Google検索することを推奨します。titleタグの半分以上のテキストを検索キーワードとして打ち込んだにもかかわらず、そのサイトが1~3位に上がっていない場合はドメインの質がよくない可能性が高いです。

2-2-4.ドメイン数

被リンク対策では、同一ドメインだけでなく、複数の異なるドメインから被リンクを獲得しているかが重要です。1つのWEBサイトから多くの被リンクを獲得するよりも、ドメインの異なる複数のWEBサイトから被リンクを獲得しているWEBサイトのほうが検索エンジンに評価されやすい傾向にあるためです。自社サイトに貼られた被リンクを調査するときは、獲得した被リンク数の増減に合わせて、いくつのドメインから被リンクを獲得しているかを確認します。

2-2-5.リンクのステータス

被リンクチェックツールを使って被リンク元ドメインのステータスを確認すると、ドメイン内でリンク切れが起きている場合があります。リンク切れを放置するとユーザビリティやクローラビリティの低下につながるため、ドメイン内でリンク切れを発見した場合は被リンク元の管理者に連絡をして修正してもらう、301リダイレクトを設定するなど、適切に対処する必要があります。

2-2-6.インデックスされているページからの被リンク

被リンク元のドメインやページが検索エンジンにインデックスされているかどうか確認します。ドメインがインデックスされていないWEBサイトや、インデックスされているページが全くないWEBサイトは、新規に立ち上げたばかりで被リンクが少なくて検索エンジンに認識されていない、コピーサイトである、Googleからペナルティを受けている、など原因は様々です。このようなWEBサイトからの被リンクは、効果がないことが多く、特にペナルティを受けているサイトからの被リンクはマイナス評価を受ける可能性がとても高いです。

2-2-7.異なるドメインで同じテンプレートでないか

同一のドメインだけから被リンクを獲得するよりも、複数のドメインから被リンクを獲得したほうが検索エンジンから評価されやすい傾向にあります。ただし、異なるドメインから被リンクを受けていたとしても、同じテンプレートをそのまま使っている、テンプレートの内容を少しだけ変えただけのドメインから被リンクを獲得している場合は、コピーサイトからの低品質な被リンクだと判断される可能性があるため注意が必要です。
質の悪い被リンクを意図的に貼ることで、特定のWEBサイトの評価を下げようとする悪質な手法もあります。被リンクを調査した結果、このような不自然なドメインから被リンクを貼られている場合はリンク否認など適切な対処が必要です。

2-3.

被リンクの貼り方

被リンクは、自社サイトのページや被リンク元サイトの質をはじめ、どこからリンクが設置されているかにより効果が変わる可能性があります。

2-3-1.メインコンテンツからの被リンク

自社サイトで獲得した被リンクを抽出したら、被リンク元のサイトのどこにリンクが設置されているか確認します。被リンク元の主要なメインコンテンツから被リンクを貼ってもらうほうが、サイドバーやフッター、ナビゲーションメニューなどから被リンクを貼ってもらうよりも効果が高いとされています。

2-3-2.TOPページからの被リンク

2-3-3.リンクの位置

被リンク元のメインコンテンツからリンクを貼られていたら、次にリンクの位置を確認します。メインコンテンツ内でも特にコンテンツ上部にリンクが設置されている方が価値の高い被リンクといえます。コンテンツ上部のようにページ内の目立つ位置にリンクが設置されているとユーザーがクリックする可能性が高いですし、リンク先ページに重要な情報が書かれていると検索エンジンに判断される可能性が高くなります。

2-3-4.nofollow

nofollow 属性を設置すると、リンク先ページを検索エンジンに辿らせない、リンク先ページにリンク元ページの評価(PageRank)を受け渡さないように制御できます。そのため、nofollow属性がついた被リンクをいくら獲得していても検索エンジンの評価対象になることはありませんでした。
しかし、2019年9月にGoogleはnofollow属性の扱いを変更することを公表しています。nofollow属性の扱いを変更した背景には、nofollow属性を設定することで評価対象になるべき良質なページが評価対象外になってしまう、といったマイナスな影響が存在していたためです。nofollow属性の扱いが変更されたことで今後は、nofollow属性がついた被リンクでも評価に値する良質な被リンクとGoogleが判断したなど、場合によってはnofollow属性を無視する可能性があります。

2-4.

被リンクの数

被リンクの質に限らず、被リンクの数も評価を決める要素の一つです。ただし、検索順位を作為的に操作する目的で不自然な被リンクはマイナスな影響を受けてしまう可能性があるため注意が必要です。

2-4-1.被リンクのドメイン数

良質な被リンクを多く獲得しているほど、WEBサイトとしての価値や重要度が増し、検索エンジンに評価されやすくなります。また、単に同じドメインから被リンクを多く獲得するよりも、異なる複数のドメインから被リンクを獲得しているほうが検索エンジンにWEB上における人気や認知度が高いWEBサイトと判断されてやすくなります。そのため、被リンクチェックツールを使って被リンクを調査するときは、いくつのドメインから被リンクを獲得できているかも確認する必要があります。

2-4-2.被リンクの増加率

ドメイン数が多いほど被リンクは評価されやすい傾向にありますが、被リンクの合計数も定期的にチェックするべきです。例えば、被リンクの合計数を見たときに、急激に被リンクの数が増えているときは注意が必要です。被リンクの合計数が急激に増えると、不自然な被リンクと検索エンジンに判断されてしまう恐れがあるためです。

2-4-3.被リンクの増減推移

被リンクチェックツールの中には、被リンクの増減推移を数値やグラフで可視化するツールがあります。被リンクの増減推移は、検索順位やWEBサイトの流入に変化が生じた場合に、それが検索アルゴリズムの更新によるものなのか、SEO対策によるものなのかを判断する際に役立ちます。
被リンクの数が増えたWEBサイトを検索エンジンは、人気度や話題性が高まっていると判断する傾向にあるため、WEBサイトの価値が高まる可能性があります。逆もまた然り、被リンクの数が急激に減ってしまった場合はWEBサイトの価値が下げる可能性があります。なぜ増えたのか?なぜ減ったのか?などの分析などは定期的に行いましょう。

2-4-4.同一コンテンツへの被リンク数

被リンクの数は多ければ良いというものではありません。例えば、自社サイト内の同じコンテンツに向けて過剰にリンクが貼られている場合は検索エンジンに不自然な被リンクと判断される可能性があるからです。被リンクチェックツールで被リンクを抽出し、一部のコンテンツにのみ過剰なほど被リンクが貼られていないか、WEBサイト内で被リンクの数に極端な偏りがないか確認します。但し、傾向として、TOPページや検索上位に挙がっているページは被リンクをより獲得しやすいページなのでその点は考慮しましょう。

2-4-5.被リンク数とドメイン数の比率

価値の高い被リンクを多く獲得しているWEBサイトは、検索エンジンに評価されやすい傾向にあります。一方で、大量の被リンク数に対し、ドメイン数が極端に少なくない場合は注意が必要です。検索エンジンは異なる複数のドメインから被リンクを受けているWEBサイトを支持される価値の高いWEBサイトと評価します。ドメイン数が1本、2本と少ない場合に大量の被リンクを獲得している場合は、不自然な被リンクと判断されてしまう可能性が高いです。

2-4-6.まとめサイト・Q&Aサイトからの被リンク

被リンクチェックツールは競合サイトの被リンク調査をするときにも有効なツールです。検索結果で上位表示されている競合サイトの被リンク調査をしたときに、まとめサイトやQ&Aサイトから被リンクを多く獲得していた場合は、自社サイトでも同様にこれらのサイトから被リンクを獲得できているかを被リンクチェックツールで確認します。

2-5.

被リンクのアンカーテキスト

被リンクのアンカーテキストが適切に設定されているか確認します。

2-5-1.キーワードが含まれたアンカーテキスト

被リンクタグのアンカーテキストに対策キーワードが含まれているか確認します。対策キーワードが含まれたアンカーテキストでリンクが設置されていると、ユーザーや検索エンジンがリンク先ページの内容を予測しやすくなります。アンカーテキストに含めるテキストは、単に対策キーワードだけを並べるのではなく、リンク先ページの内容がわかりやすい簡潔かつ自然な文章になっていることが重要です。

2-5-2.関連性のあるテキスト

被リンクのアンカーテキストに、自社サイトの内容と関連性のあるテキストが記述されているかチェックします。ユーザーはアンカーテキストをもとに被リンク先ページの内容を予測するので、リンクをクリックした先にアンカーテキストの内容と全く異なるコンテンツがあれば、離脱やユーザビリティの低下につながります。
検索エンジンは、リンク先ページの内容と関連性の高いアンカーテキストが設定されている被リンクをそうでない被リンクよりも評価する傾向にあります。一方、リンク先ページの内容と全く異なるアンカーテキストが設定されている被リンクは、検索エンジンに不自然な被リンクとみなされる可能性があります。

2-5-3.簡潔でわかりやすいテキスト

アンカーテキストにリンク先ページの内容に関連する情報を含めた上で、簡潔でわかりやすいテキストが記述されているか確認します。簡潔な内容で書かれたわかりやすいアンカーテキストは、検索エンジンやユーザーの混乱を回避し、ユーザビリティを向上させる効果が期待できます。

2-5-4.自然な文章

アンカーテキストが自然な文言になっているか確認します。SEOを意識し過ぎるあまり、対策キーワードを一つのアンカーテキスト内に過剰に含める、不自然な文章になっている場合は注意が必要です。アンカーテキストに対策キーワードを含めることは大切ですが、自然な文言でわかりやすいテキストを設定するほうが検索エンジンに評価されやすい良い被リンクといえます。

2-5-5.参照リンクや引用リンクの書き方

外部サイト内のコンテンツを参照、引用する場合は、必ず出典元を明記したうえで参照リンクや引用リンクを設置します。被リンクチェックツールで自社サイト内のコンテンツが参照リンクや引用リンクとして使用されていた場合は、リンクタグのアンカーテキストに出典元が明記されているか確認します。万が一、参照リンクや引用リンクのアンカーテキストにURLしか記載されていない場合は、リンク元の運営者に連絡して、参照、引用していただいたことに感謝を述べつつ、より適切なアンカーテキストを設定してもらうよう依頼します。

2-5-6.アンカーテキストの書式

被リンクタグのアンカーテキストが、リンクしていない通常のテキストと簡単に識別できる書式になっているか確認します。例えば、リンク元ページ内のコンテンツに貼られたリンクと通常のテキストが同じフォント、同じ文字色で表示されている場合、ユーザーはリンクを見逃してしまう可能性があります。

2-5-7.アンカーテキストの分散

文言や表現が重複しないように、アンカーテキストが分散されて被リンクが貼られているか確認します。自社サイトで獲得している被リンクのアンカーテキストに、いかにもSEOを意識した同一のアンカーテキストが設定されている場合は非常に不自然です。自然な形で貼られた被リンクのアンカーテキストは、多様な文言が使われていることが多いため、被リンクをチェックする際はアンカーテキストの文言が分散されているかどうかを確認する必要があります。

2-5-8.テキストを使ったアンカーテキスト

Googleは、重要なコンテンツへのリンクは画像リンクよりも文章を使ったアンカーテキストでリンクを設定することを推奨しています。被リンクを精査するときは、重要なコンテンツへの被リンクが文章を使ったアンカーテキストが設定されているか確認しましょう。

2-6.

スパム性のあるリンク

Googleは、Googleの品質ガイドラインに背く作為的なリンク操作をしているWEBサイトの評価をゼロとしています。必要以上に過剰な被リンクの一つが、スパム性のあるリンクです。スパム性のあるリンクとは、過剰な被リンク、低評価のWEBサイトからの被リンク、内容に乏しく・内容の薄い相互リンク集からの被リンク、ページ同士で大量のリンクを設定しているリンクファーム、不正なスパムリンクなどが該当します。

 

現在の検索アルゴリズムは、スパム性が疑われる被リンクを無視するとされていますが、googleの社員などによる目視での確認をします。それにより手動で被リンクの評価を下げられることもあります。

 

万が一、自社サイトで獲得した被リンクの中に低品質な被リンクを見つけたときは、これまでと同様に否認ツールを使ってリンク否認の申請を行いましょう。

 

被リンクの否認方法はこちら

https://seoworld.jp/disavow-links/

2-6-1.キーワードの詰め込み

被リンクタグのコンテンツに必要以上に対策キーワードが詰め込まれていないか確認します。SEOを意識して対策キーワードが過剰に詰め込まれている被リンクは、不自然な被リンクと検索エンジンに判断されて評価されない可能性があります。

2-6-2.隠しテキスト・隠しリンク

隠しテキストや隠しリンクは、隠ぺい系のスパム行為です。昔は、ユーザーに見えないように対策キーワードを埋め込み、検索エンジンにだけリンクを辿らせる方法が有効とされていましたが、現在の検索アルゴリズムはユーザーが見える情報と検索エンジンに見える情報が一致しない場合はスパム行為と判断される恐れがあります。

2-6-3.スパム性のある相互リンク集

相互リンクは、2つ以上の異なるWEBサイト同士がお互いのページに向けてリンクを設置し合う状態を指します。高品質なWEBサイトから獲得した相互リンク自体は全く問題ありませんが、検索順位を作為的に操作する目的としている過剰な相互リンク集のようなサイトから獲得した被リンクは、スパム性があると認識される可能性が高いです。スパム性のある相互リンク集からの被リンクを発見した場合は、放置することなく、早急にリンク否認を行います。

2-6-4.スパム性のある有料リンク

検索結果を意図的に操作することを目的とする、スパム性のある有料リンクが自社サイトに向けて貼られていないかを確認します。被リンクを獲得すること自体は問題ありません。ただし、スパム性のある有料リンクと見られる低品質なWEBサイトから被リンクを受けていた場合、悪い被リンクを検索エンジンが評価しないだけでなく、本来なら評価対象となる良質な被リンクまで評価されにくくなる可能性があります

2-6-5.関連性のない被リンク

自社サイトの内容と関連性の高い外部サイトから獲得した被リンクの効果は高いとされています。反対に、自社サイトの内容と全く関連性のない外部サイトから獲得した被リンクの効果は低いです。被リンクチェックツールで被リンクの状態を精査する際は、リンク元ページの内容が自社サイトの内容と関連性があるかどうか確認しましょう。

2-6-6.逆SEO

外部サイトから貼られた被リンクの中には、検索順位を意図的に下げる目的で故意に低品質なページからリンクを貼られたものがあります。これを逆SEOやネガティブSEOと呼びます。関係のない言語のWEBサイトからの大量な被リンクや、まとめサイトやQ&Aサイト、掲示板サイトのコメント欄に自社の評判を落とすような書き込みがされていないか、関連性のない外部サイトから低品質なリンクが貼られていないか、コメントスパムのようなスパム行為をする外部サイトからリンクを受けていないか、しっかり確認し、状況に応じてリンク否認を行います。

2-6-7.コピーコンテンツ

検索エンジンは、WEBサイトの管理者の許可なく、無断複製された低品質なコピーコンテンツを掲載するページからの被リンクを評価しません。文末を少し変えただけの複製率が高いコンテンツでもコピーコンテンツとみなされます。被リンク数は増えているのに検索順位やアクセス数が上がらないと感じるときは、このような悪質な手法を用いている外部サイトから低品質な被リンクを受けている可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

2-6-8.ワードサラダ

ツールを使って自動生成されたコンテンツのことをワードサラダといいます。検索結果の操作を目的に行われるスパム行為のひとつであるワードサラダは、キーワードと文言を適当に組み合わせて作られるため、支離滅裂な文章になっています。検索エンジンは、ユーザーにとって有益でない低品質なコンテンツを掲載するWEBサイトを価値の低いWEBサイトとみなします。価値のない低品質なコンテンツから被リンクを集めても、価値のない被リンクと判断されて効果はなく、自社サイトにマイナスな影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

3.

被リンクのチェックツールおすすめ

被リンク対策は、外部サイトから自社サイトに向けて貼られた被リンクの質や数を改善し、検索順位を上げようとする取り組みのことです。
自社サイトにどのような被リンクが貼られているのかを精査、確認できるおすすめの被リンクチェックツールを3つ紹介します。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、Googleが無料で提供しているツールです。WEBサイトのパフォーマンス管理や監視が出来るほか、被リンク調査も行えるツールです。

 

Googleサーチコンソールの[サイトへのリンク]という項目から、自社サイトに貼れている被リンクの量や内容(アンカーテキスト)などを確認できます。

自社サイトが獲得している被リンクリストはCSVファイルやGoogleドキュメントに保存できます。被リンクの量や内容ついては正確なので、WEBサイトを運営する際は必ず設定しておきたいツールです。

注意点として、Googleサーチコンソールであっても全ての被リンクは確認できないので、ご注意ください。

 

Googleサーチコンソール

3-2.

Ahrefs

Ahrefs(エイチレフス)は、被リンク分析をはじめ、SEO調査に役立つさまざまな便利機能があSEOツールです。

 

世界で60万人が導入しているとされるAhrefsは、対象サイトの被リンク数や増減推移、直近数ヶ月のリンク切れ状況、計測ドメインの評価、被リンクの品質分布、アンカーテキストなどを把握でき、被リンクの分析に向いています。

初期費用は無料で、人気のスタンダードプランは最大10サイトまで登録できます。被リンク調査に使える標準的な機能が充実しているので、7日間のトライアルから試せます。

 

Ahrefs

3-3.

MOZのLink Explorer

Link Explorer は、MOZが提供する被リンクチェックツールです。海外のツールですが日本語のキーワードに対応していて、アカウント登録は無料です。

 

分析に向いているLink Explorerは、集計した被リンクのデータ結果、被リンクの増減推移、リンク切れ状況(直近数ヶ月)、被リンクを受けているドメイン数、計測ドメインの評価、被リンクのアンカーテキスト、被リンクのスパム点数などを確認できます。

 

MOZ

 

 

・被リンクチェックツールはこの他にも、さまざまなツールが存在します。何を使えばわからない場合は、被リンクチェックツールを徹底比較した以下の記事をご覧下さい。

【2020年度版】被リンクチェックツール9社徹底比較

4.

まとめ

  • 被リンクには良いリンクと悪いリンクがある
  • 被リンクの良し悪しを精査、確認するときは被リンクチェックリストを活用する
  • WEBサイトの内容(質)をチェックする
  • 被リンク元のドメインの評価をチェックする
  • 被リンクの貼り方をチェックする
  • 被リンクの数をチェックする
  • 被リンクのアンカーテキスト をチェックする
  • スパム性のあるリンクをチェックする
  • 被リンクチェックツールのおすすめは3つ
  • Googleサーチコンソールは量や内容について最も正確(分析はやや不便)
  • Ahrefsは 分析に向いている(リンク切れ状況の確認・被リンクの品質分布などの機能あり)
  • MOZのLink Explorerは分析に向いている(アンカーテキスト・リンクのスパム点数などを把握可能)

被リンク効果を最大化するには、良いリンクを増やし、悪い被リンクを減らすことが重要です。被リンクは増えているけど効果があまり見られないとき、急激に検索順位が下がってしまったとき、上位表示されている競合サイトと自社サイトの違いを知りたいときは、ここで紹介した被リンクチェックツールや被リンクチェックリストを参考に自社サイトに向けて貼られた被リンクや競合サイトの被リンクを精査・確認してみてください。

 

以上、被リンクのチェックに使えるおすすめツールと被リンクチェックリストについての解説でした。


この記事をシェアする