被リンクとは?意味や最適化の方法をSEO対策初心者向けに解説します!

作成日(公開日):
最終更新日:
被リンクとは?意味や最適化の方法をSEO対策初心者向けに解説します!

Webサイトやブログの検索順位を上げるためのSEO対策の一つで、重要な要素とされているのが「被リンク」です。とにかく大量に被リンクを集めれば評価が高まって順位もどんどん上がっていくのでは?と想像しそうですが、そうではありません。

今回は、SEO対策初心者が知っておきたい被リンクに関する基礎知識として、被リンクの意味や重要性、被リンクの最適化方法や判断基準などについて詳しく解説します。

1.

被リンクとは

被リンクとは、外部サイトから自社サイトに貼られているリンクのことです。

サイト運営者から見ると、外部サイトから貼られているリンクなので、「リンクを被る」ので「被リンク」と呼びます。外部から貼られているリンクなので、「外部リンク」と言う人もいます。

 

被リンクは、主に次のようなケースで設置されます。

 

  • 自社サイトの情報を外部のWEBサイトが紹介するとき
  • 自社サイトに掲載された情報を外部のWEBサイトが引用して出典元として記すとき

 

上記の被リンクは、外部のWEBサイトから自然に貼られたリンクとして検索エンジンから高い評価を受けやすくなります。

Googleから高い評価を得るために、外部サイトから受ける被リンクの質や数を改善する取り組みを「外部対策」といいます。

 

・外部リンクの詳細はこちら

初心者必見!外部リンクでSEO効果を出すために知っておきたい基礎知識

 

・外部対策の詳細はこちら

外部対策とは?意味を理解して有効なSEO対策を実施しよう!

2.

被リンクが重要な理由

WEBビジネスを中心にしている場合、ユーザーに認知してもらえなければ収益を伸ばすことができません。その反対に、検索結果での上位表示により、ユーザーの目に付きやすくなれば、認知される確率も高くなり、収益の向上に大きく貢献します。

Googleの検索エンジンは、独自のアルゴリズムにより、ユーザーにとって役に立つコンテンツや信頼性の高いサイトを高く評価します。被リンクはWEBサイト自体の信頼性の評価に影響します。
WEBサイトの信頼性を測る要素のひとつとして第三者からの評価を使いま。その評価の指標とされているのが「被リンク」です。特にユーザーにとって役立つ情報を発信するサイトからの被リンクは高評価の傾向があります。
 
Googleは「WEB上でも民主主義は機能する」としており、特定のコンテンツの価値を滞在時間や検索結果からのクリック率だけでなく、他のWEBサイトでどれだけ参照されているかも計測対象としています。
 
全てのカテゴリーのWEBサイトがその傾向を受けますが、特に信頼性が重要視されるYMYL(お金や健康)のカテゴリーでは、被リンク状況によって評価が大きく変動します。

SEO対策の手法として、昔も今も被リンクが重要な要素とされているのはこのためです。

2-1.

良質な被リンクが多いサイトは評価されやすい

どんな被リンクでもSEOに効果があるわけではありません。現在の検索アルゴリズムは、被リンクの「数」を増やすだけでなく、評価の高いWEBサイトから貼られた「質」の高い被リンクを獲得することが重視しているからです。

例えば、下図のように2つのWEBサイトがあるとします。
この図だけを見れば、WEBサイトBよりもWEBサイトAの方が多く被リンクを獲得しているため検索エンジンに高く評価されそうに感じます。

では、下図のように被リンクになっているサイトの被リンクまで考慮した場合はどうでしょうか。

図のように、直接的に貼られた被リンクに限らず、WEBサイトBには間接的にリンクされたページが多く存在します。この場合、検索エンジンはより多くの被リンクを獲得しているサイトからの被リンクを集めているWEBサイトBの方が、信頼性の高いサイトからのリンクを集めていると判断され、高く評価されます。

 

WEBサイト内のページに向けて貼られた被リンクの質と量によってそのページの重要度を評価する考え方のことを「リンクポピュラリティ」といいます。被リンクの質を検索エンジンが判断して評価を決定する現在の検索アルゴリズムにおいて、リンクポピュラリティを最適化することはSEOの観点から見ても効果的な対策となります。

 

・リンクポピュラリティについてはこちら

リンクの質と量でWEBサイトを評価する「リンクポピュラリティ」とSEOの関係性

2-2.

被リンクのトレンド

2004年頃から2012年まで、最初のペンギンアップデートが実施されるまで、SEO対策の王道の施策とされていたのが被リンク対策です。アップデート後はGoogleのガイドラインが大幅に変更され、検索エンジンの認識精度の技術も格段に向上しました。Googleは品質ガイドラインに違反しているとみなしたWEBサイトから貼れたリンクを低品質な被リンクと判断し、貼られているサイトや貼っているサイトの検索順位を下げました。その影響で、被リンク対策の注目度が落ち込んだ時期もありました。

しかし、コンテンツSEOの風潮が強かったSEO業界で、被リンクの効果に再注目されるアップデートがありました。その一つが、2016年4月にGoogleの主要人物が“「リンク」の効果は「コンテンツ」と並んで重要である“と発言をしたことです。もう一つは、2016年9月に行われたペンギンアップデート4.0のアップデートです。このアップデートにより、スパム性のある行為に対してはこれまでのマイナス評価ではなく、無視(無効化)するというアルゴリズムにアップデートされ、それまでマイナス評価されていた被リンクの評価をリセットしています。

実際にSEO対策に取り組む中で、より自然で有益な被リンクを正しい手法でたくさん集めることができれば、価値の高いサイトやページとして認識され、検索順位を効果的に上げることができます。

3.

被リンク関連用語

ここでは被リンクの意味と一緒に覚えておきたい関連用語を紹介します。

3-1.

被リンクページ数

被リンクページ数は、被リンクのページ数を指します。
被リンクページ数とは、ドメインが同じかどうか問わず、被リンクが貼られているページの総数を指します。

下図の場合、同一のWEBサイトA内4つのページから被リンクを獲得しているため、被リンクページ数は4本と数えます。

3-2.

被リンクドメイン数

被リンクドメイン数は、被リンクのドメインの数を指します。

先述の図の場合、WEBサイトAからのみ貼られていたので、被リンクドメイン数は1本です。

下図の場合、自社サイトはドメインが異なる4つの外部サイトから被リンクを獲得しているため、被リンクドメイン数は4本と数えます。

3-3.

被リンクの質

被リンクが「評価の高いドメインやコンテンツからのリンクかどうか」「関連性の高いサイトからの被リンクかどうか」は、良質な被リンクと検索エンジンに評価されるための大きな指標となります。

被リンクの質を決める要素は多くあります。たとえば以下の条件を満たすサイトからの被リンクは質が高いと言えます。

 

  • ユーザーにとって有益なコンテンツが豊富なサイト
  • ドメイン評価が高い(≒被リンクが多い)サイト
  • 多くのユーザーに認知されている人気のあるコンテンツやサイト
  • 被リンク先のサイトのカテゴリー(テーマ)に関連性が高いWEBサイト

 

3-4.

followリンクとnofollowリンク

followリンクは、HTMLソースにfollow属性を設置したリンクを指し、follow属性が設置されている場合はページ内のリンクを全て検索エンジンに辿らせて、評価対象にすることを意味します。

followリンクとは反対に、ページ内のリンクを全て検索エンジンに辿らせない、評価対象にしないことを目的にHTMLソースにnofollow属性を設置したリンクをnofollowリンクといいます。

 

Googleはこれまで、自社サイトのページ評価を受け渡すことを防ぐために、リンクに対して「nofollow属性」を設定することを推奨し、被リンクに設定されたnofollowを評価しないとしていました。しかし、2019年9月より、nofollow属性の扱いを変更し、nofollowが設定されたリンクも評価要因に含まれる場合があると発表しています。

 

・nofollowについてはこちら

nofollowの意味やSEOとの関係性は?質の悪いリンクを無効化する設定とは?

4.

被リンクの最適化方法

SEO効果を高めるためにも、定期的に自社サイトに向けて貼られたリンクをチェックツールで精査・確認し、被リンクの質を見直すことが大切です。

4-1.

最適化のための準備

悪いリンクによるWEBサイトへの悪影響はゼロとは言い切れないため、低品質な被リンクを調べるための「被リンクチェックツール」を用います。

Googleが提供する無料ツール「Googleサーチコンソール」を導入すると、どのようなサイトからの被リンクかを確認できます。

 

被リンクの精査・確認に使えるチェックツールは、Googleサーチコンソールの他にも、AhrefsやMOZのLink Explorerなどがあります。

 

・被リンクチェックツールの概要や使い方については↓こちら

被リンクチェックツール徹底比較

プロ直伝:被リンクのチェック方法(被リンク精査マニュアル有り)

 

4-2.

良い被リンクを増やし、悪い被リンクを減らす

検索エンジンの評価は、リンクの良い質をいかに増やすかが重要です。

一方で、サイト全体のリンク総数の割合の中で、低品質なリンクの割合が多すぎると、スパムリンクを利用していると認識される可能性があります。

 

そのため、良質な被リンクを増やす施策を行うと同時に、低品質な被リンクが多すぎる場合には、リンク否認などのメンテナンスを怠らないことも重要です。

 

被リンクチェックツールを使って自社サイトに貼られた被リンクを精査・確認し、万一低品質な被リンクを見つけた場合はGoogleに否認申請をして、検索エンジンに評価されやすい良い被リンクのみを増やします。

 

・被リンクを増やす方法はこちら

検証済み:被リンクを増やす方法19選

・被リンクの否認方法はこちら

外部リンクの否認方法をイラスト付きで徹底解説【サーチコンソール】

 

4-3.

被リンクをモニタリングし、最適化を継続する

被リンクの最適化は一度行っただけで終わりません。被リンクの変化を把握し、問題点を特定できた場合、ケースに応じた対処が必要です。

 

例えば、被リンクの中には、WEBサイトの閉鎖やリンク先ページの削除、外部サイトの管理者によるURLの入力ミスなどが原因でリンク先のページが閲覧できない状態になっていることがあります。

 

リンク切れが検索順位に直接的な影響を及ぼすことはないとされていますが、リンク切れを長時間放置したままでいるとユーザビリティやクローラビリティの低下につながる可能性があります。リンク切れによるリスクを回避するためにも、日々被リンクをモニタリングし、万一リンク切れやリンク先の誤りを見つけた場合は早急に対処する必要があります。

 

・リンク切れについてはこちら

リンク切れの原因とSEOにおける影響とは?チェック方法と対処法を押さえよう!

 

5.

被リンクの善悪の基準を知る

被リンクは、検索エンジンに評価されやすく効果の高い「良いリンク」と、悪質ではないが効果が薄い「悪いリンク」、そしてリンクプログラムに抵触する「リンクスパム」などの悪質なリンクがあります。

5-1.

良いリンクの例

良いリンクとは、関連性の高い良質な外部サイトからの被リンクを指します。
ここでは、被リンクの質の高さを見分けるために、具体的に良いリンクの特徴を紹介します。

▶関連性の高い外部サイトからの被リンク

自社サイトと関連性の高い外部サイトのページから獲得した被リンクは、関連性の低い被リンクよりも良いリンクと言えます。

例えば、コスメ通販サイトに求人サイトや旅行サイトなど関連性の低い外部サイトから被リンクを貼られている場合、検索エンジンは関連性の低いサイトからの被リンクと判断し、この被リンクを高く評価しない可能性があります。

一方、コスメ通販サイトにコスメ情報サイトや化粧品口コミサイトのような外部サイトから被リンクを貼られている場合は、検索エンジンが関連性の高い外部サイトから良いリンクを集めているページと判断し、高く評価されやすくなります。

▶ドメインの運用歴が長いページからの被リンク

ドメインの運用歴が長いWEBサイトは運用歴が長い分、被リンクを集める機会が多いため、信頼性が高いサイトが多いです。そのため、長く運用しているドメインのページからの被リンクはSEO対策にも有効と言えます。

▶ページランクの高いページからの被リンク

Googleの検索エンジンがWEBサイトの重要度を数値で評価するために用いる方法をページランクと言います。現在、ページランク機能はGoogleのツールバーから廃止されています。しかし、これまで同様、高品質な被リンクを獲得しているWEBサイトは価値が高いと評価されやすいため、ページランクの高いページからの被リンクは良いリンクと言えます。

▶適切なアンカーテキストが設定された被リンク

被リンク元のアンカーテキストは、リンク先のページの内容を推測できる文言であると評価が正常に受け渡されます。

 

例えば、コスメ商品について紹介しているページに対して貼られている被リンクに、「人気 レストラン」のような全く関係のないアンカーテキストでリンクが設置されている場合は、検索エンジンからスパム判定を受ける可能性があります。

 

被リンクに設定されているアンカーテキストは検索順位に影響する要素の一つであるため、アンカーテキストが適切に使用されていない場合は、リンク元サイトの運営者に修正や、リンクを削除してもらう必要があります。

 

・アンカーテキストについてはこちら

アンカーテキストとは?SEOに効果的なアンカーテキストの意味や書き方

▶関連性の高い外部サイトのメインコンテンツからの被リンク

検索エンジンは、ナビゲーションやサイドバーからの被リンクよりも、メインコンテンツからの被リンクをより評価します。関連性の高い外部サイトから被リンクを貼ってもらう場合は、メインコンテンツ内から被リンクを貼ってもらった方が効果的です。

5-2.

悪いリンクの例

悪質ではありませんが、悪いリンクは良いリンクに比べ効果が薄くなります。

▶自動リンク集からの被リンク

自動リンク集とは、URLなどを登録するだけでWEBサイトへの被リンクを自動で増やせるシステムのことです。

ペンギンアップデートの実施前は、大量の相互リンクを集めることがSEOの重要な指標とされていた時期もありましたが、現在は自社サイトと関連性のないWEBサイトとの相互リンクは効果が以前ほど期待できません。

また過剰な相互リンクは順位下降の原因となりえます。

▶低品質なサイトからの被リンク

ユーザーにとって有益でない低品質なサイトからの被リンクは効果が薄いです。特にコンテンツがなく、被リンクも少ないWEBサイトからのリンクはほとんど効果がありません。
またコンテンツがほとんどないサイトはスパム判定を受ける可能性があるので、放置しないことを推奨します。

▶対策キーワードと同一のアンカーテキストの被リンク

SEOを意識したあまり、アンカーテキストに不自然なほど対策キーワードが含まれていると被リンクは低く評価される可能性があります。アンカーテキストはリンク先のWEBサイトの検索順位に影響する要素の一つです。

自然なリンクのアンカーテキストは分散しており、過度に同一テキストということは稀です。そのため、SEO効果を高めるにはリンクごとにアンカーテキストを分散し、自然な形で重要かつ関連性のあるキーワードを含めることが重要です。
リンクを集めるときに、全て同一のアンカーテキストにしないよう注意が必要です。

▶同一ドメインや同一IPからの大量の被リンク

同一ドメインや同一IPから大量の被リンクを受けている場合は、検索エンジンに不自然な悪いリンクと判断される可能性があります。
例えば、1つのページから対策キーワードを含むアンカーテキストのリンクが大量に貼られていた場合は、マイナスな影響を受けている恐れがあります。

5-3.

リンクスパム・悪質なリンク

Googleは、悪いリンク以外にもリンクプログラムに抵触するリンク、WEBサイトの検索順位を操作することを目的とした悪質なリンクやリンクスパムは検索順位に悪影響を与える可能性があるとしています。

外部リンクを用いたスパム行為のことをリンクスパムと言い、自社サイトに向けて貼られる被リンクを操作する行為はもちろん、自社サイトからの発リンクも内容次第では、Googleのウェブマスター向けガイドライン違反に含まれます。

 

リンクププログラムに抵触する恐れのある被リンクには、次のようなものです。

 

  • 売買リンク、有料リンク
  • リンクファーム(ページ同士で大量のリンクを設定している状態)
  • 過剰な相互リンク
  • コメントスパム(関連性のないメッセージや広告を大量に書き込む行為)
  • ワードサラダ(自動生成されたテキストコンテンツ)からの被リンク
  • 隠しテキスト、隠しリンク(検索順位を操作するための偽装行為)

 

Googleのリンクプログラムに抵触するリンクは、リンクスパムだけに限りません。スパム行為を行っている他社のスパムサイトから一方的に貼られたリンク(スパム)は、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反する不正行為としてWEBサイトの評価を下げる可能性があります。

 

※リンクスパムと不自然なリンクの違いについてはこちら

リンクスパムとは?意味やチェック方法を押さえて早めの対策をしよう!

 

6.

被リンクに関する質問集

今ではペンギンアップデート4.0により自動ペナルティのリスクがほとんどない外部リンクですが、今までマイナス評価を受けていた外部リンクについて知ることは大切です。

被リンクに関するよくある質問をまとめています。

6-1.

被リンクの精査の基準を教えてほしい

被リンクの最適化では、以下の3つのリンクを見極める必要があります。

 

  • 検索エンジンに評価されやすい「良いリンク」
  • 検索エンジンに評価されにくい「悪いリンク」
  • WEBサイトの評価に悪影響を与える可能性のある「リンクスパム・悪質なリンク」

 

・被リンクのチェックリストはこちら

プロ直伝:被リンクのチェック方法(被リンク精査マニュアル有り)

 

6-2.

被リンクはどうやって増やす?増やし方を知りたい

良質な被リンクの獲得方法は、大きく分けて「コンテンツによる自然なリンクの獲得」「主体的にリンクを獲得する」「リンク切れの対策を行う」の3通りです。

 

・被リンクの増やし方の詳細はこちら

検証済み:被リンクを増やす方法19選

 

6-3.

悪い被リンクをどうやって外せばいいの?

悪い被リンクを発見した場合は、Googleサーチコンソール(Search Console)のリンク否認ツールを使って被リンクを否認します。リンク否認を行う場合は、効果の高い良質な被リンクを誤って否認してしまわないように注意してください。

 

・リンク否認はこちら

外部リンクの否認方法をイラスト付きで徹底解説【サーチコンソール】

 

6-4.

被リンクをチェックするツールは何があるの?

被リンクのチェックに使えるツールは、Googleが無料で提供しているGoogleサーチコンソールをはじめ、WEBサイトの分析に向いているAhrefs(エイチレフス)やMOZのLink Explorerなど色々あります。被リンクチェックツールの中から、何を使えばいいかわからない方向けに、被リンクチェックツールと機能の概要を以下のページで紹介しています。

 

・被リンクチェックツールの比較はこちら

【2020年版】被リンクチェックツール9社徹底比較

 

7.

まとめ

  • 外部サイトから自社サイトに貼られているリンクを被リンクと言う
  • 外部対策は被リンクの質や数を改善する取り組みのこと
  • Googleは被リンクが検索順位を決める評価要素として認めている
  • 「質」の高い被リンクを獲得することが重要
  • 被リンクには良いリンクと悪いリンク、悪質なリンクがある
  • SEO効果を高めには定期的に被リンクを精査・確認することが大切

 


被リンクは、昔からSEO対策において重要な要素の一つとされています。検索エンジンから評価されやすい良質な被リンクを集めることができれば、価値のあるWEBサイトだと評価され、検索順位の改善が期待できます。

今回紹介したように、全ての被リンクがSEOに効果的というわけではないため、被リンクの意味や善悪の基準などをしっかり理解したうえで、質の高い被リンクが自然な形で集まりやすいWEBサイトを運用することが大切です。

 

以上、被リンクの意味や重要性、被リンクの最適化方法、判断基準についての解説でした。


この記事をシェアする