SEOの基本

2014年7月に実施されたローカル検索アルゴリズムが「ピジョン・アップデート」です。
ピジョン・アップデート実施以降、通常の検索結果をはじめ、ローカル検索結果まで、広い範囲にわたり影響をもたらしたことで大きな話題になりました。

今回は、ピジョン・アップデートって何?といった方向けに、「ピジョン・アップデート」の特徴やベニス・アップデートとの違い、そしてピジョン・アップデート導入以降のSEO対策について解説します。

近年、キュレーションメディアによる検索結果の品質低下の問題が大きく取り沙汰されていましたが、品質向上にむけてGoogleがこれまでにない「日本独自のアップデート」を実行しました。

今回は、日本独自のアルゴリズムはあるのか?キュレーションメディアに対する規制はあるのか?といった疑問をお持ちのSEO担当者向けに、Googleが2017年2月に実施した「日本独自アルゴリズムのアップデート」について解説します。

2017年のGoogle検索アルゴリズムアップデートの遍歴をみると、信憑性のあるコンテンツを提供するサイトは評価され、検索上位に表示されやすくなり、そうではないサイトの評価は落ち、検索順位も下落するという傾向が多くみられました。今回は、フレッド・アップデートの特徴やSEOへの影響について解説します。

著作権侵害の報告の多いサイトが後を絶たないことから、2012年8月に初めて「パイレーツ・アップデート」が実施されたといわれています。健全にWEBサイトを運営していれば、それほど頭を悩ませるアップデートではありません。今回は、パイレーツ・アップデートの特徴やSEOへの影響について解説します。

ページの内容を検索エンジンに分かりやすく伝え、内容をきちんと把握されるようになれば検索順位に上位表示される可能性は十分にあると考えられます。そこで重要となる施策の一つが、「alt属性」の設置です。今回は、alt属性の役割やSEO効果、正しい設定方法についてまとめました。

2013年に初めて実施されたペイデイローン・アップデートは、その後ペイデイローン・アップデート2.0、ペイデイローン・アップデート3.0が相次いで実施されたと言われています。今回は、ペイデイローン・アップデートの特徴やSEOへの影響について解説します。

2013年9月に初めて実施されたといわれる「ハミングバード・アップデート」は、ユーザーの検索意図を把握して、より正確な情報を検索結果に表示することを目的に導入されたアップデートです。ハミングバード・アップデートについて詳しく解説します。