ブラックハットSEOとは

作成日(公開日):
最終更新日:
ブラックハットSEOとは

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「ブラックハットSEO」の意味について解説します。

1.

ブラックハットSEOの意味は?

Googleが定めているウェブマスター向けガイドラインに沿わない悪質な手法を用いて検索順位を上げようとすることを「ブラックハットSEO」と呼びます。尚、ガイドラインに沿った正当な手法を用いたSEOを「ホワイトハットSEO」と呼びます。

1-1.

ブラックハットSEOによるペナルティの危険性

ブラックハットSEOのようなガイドラインに背いた施策をしているWEBサイトは、Googleからペナルティを受ける危険性があります。ペナルティを受けてしまうと「特定のキーワードで検索しても検索結果にWEBサイトが表示されない(インデックス削除)」、「検索順位が大きく下がる」などの状況に見舞われてしまいます。

2.

ブラックハットSEOの主な例

以下では、ブラックハットSEOの主な例を紹介します。

2-1.

キーワードの乱用や詰め込み

検索順位を上げることを目的に必要以上にWEBサイト内のコンテンツにキーワードを詰め込む手法です。

2-2.

隠しテキストや隠しリンク

背景色と文字フォントの色を同じ設定にしたり、文字フォントのサイズを小さくしたりすることで、ユーザーからは見えないテキストにしキーワードを詰め込む手法です。

2-3.

クローキング

検索エンジンとユーザーに対して異なるWEBページを認識させ、ユーザーの意図しないページに誘導する手法です。

2-4.

相互リンク集から獲得した被リンク

他サイトから自社サイトに相互リンク集を利用して大量の被リンクを集める手法です。
リンクを貼る事自体は不正な手法ではありませんが、有料リンクや相互リンクサイトから意図的に不自然なリンクを獲得することはブラックハットSEOとされています。

2-5.

無断複製されたコピーコンテンツ

他サイトのコンテンツを無断で複製し自社サイトに掲載する手法です。文末を少し変えただけのコピー率が高いコンテンツでもコピーコンテンツとみなされます。

3.

ブラックハットSEOにならないようにするには?

ガイドラインに沿った対策を行うためにも、ユーザーの利便性を追求した有益なコンテンツを提供することが大切です。Googleから評価されやすいコンテンツには専門性やオリジナリティの高いユーザーのニーズに応える情報が多く含まれており、それらを継続的にアップしユーザーファーストのWEBサイトを運営することがポイントとなります。


「ブラックハットSEO」を行うとペナルティを受けたり検索順位が下がったりと、結果的にWEBサイトへの流入を減少させ、売上を大きく下落させる原因にもなりかねません。

意図しないところでブラックハットSEOに該当することがないよう、ウェブマスター向けガイドラインを把握するほか、ユーザーにとって有益な情報を提供しているWEBサイトであるのかを意識し続けることが大切です。

 

以上、「ブラックハットSEO」の意味やペナルティの危険性、ブラックハットSEOの具体例についての解説でした。


この記事をシェアする