キャッシュとは

作成日(公開日):
最終更新日:
キャッシュとは

SEOでよく用いられる単語の中から、今回は「キャッシュ」の意味や、キャッシュを設定するメリットについて解説します。

1.

キャッシュの意味は?

「キャッシュ」とは、PCがデータを通信する際に、重複するデータをより通信速度の速い場所に一時的に保持し活用することで、パフォーマンスの向上を図る仕組みです。

一般的なPCユーザーにとっては、キャッシュはインターネット閲覧時に一時的に保存されたデータのことを指します。一度表示したページのデータを自分のパソコンに一時的に保存し、次に同じページを閲覧した際に再利用されます。

インターネット経由でデータを通信するよりも、自分のパソコンに保存したデータを呼び出す方が通信速度が速いため、初回に表示させた時よりも高速でページを表示させることができます。

例えば、画像を閲覧する場合、最初にアクセスした時と比較すると2回目以降にアクセスした時の方がより短い時間で画像が表示され閲覧できるようになります。これは、初回に閲覧した際に画像のデータがキャッシュとして保存され、表示が高速化されたためです。

1-1.

キャッシュの種類

PCの台数が多いオフィスなどでは、インターネットのデータを一時的に保管するキャッシュサーバが設置されている場合があります。

この場合、キャッシュデータは自分のパソコンではなく、キャッシュサーバに保管されます。オフィスの誰かが閲覧したデータはキャッシュサーバに保管され、他の人が同じページを見た際は、キャッシュサーバからデータが呼び出されます。

1-2.

キャッシュの設定方法

WEBサイトの運営者には、サイトの表示速度を高速化するためにもキャッシュの設定をおすすめします。

Googleが提供している、ページの表示パフォーマンスを計測するPageSpeed Insightsでも、ブラウザのキャッシュが設定されていない場合は指摘されます。

ブラウザキャッシュを設定するには、WEBページに対してキャッシュの有効期限を指定する必要があります。有効期限を設定する方法はいくつかありますが、.htaccessで設定する場合はmod_expiresやCache-Controlの記述を使って設定をします。

※注意

キャッシュの保存期間を長めに設定すると、WEBサイトを更新しても閲覧者には古いページのまま表示される恐れがあります。自身のWEBサイトの更新頻度に合わせて適切な設定を行いましょう。

2.

キャッシュを設定するメリット

キャッシュを設定することで以下のようなメリットにつながります。

2-1.

WEBサイトの表示速度を改善できる

キャッシュを設定する最大のメリットは、「WEBサイトの表示速度を改善できる」ことです。初回の時点でデータを保存することで、次回ページへアクセスした際に前回よりも早くページを表示させることができます。

2-2.

ユーザーのストレスが軽減され直帰率を下げられる

ページの表示速度が改善されると「ユーザーのストレスが軽減される」ほか、「直帰率が下がる」と同時にサイト内の回遊率が高くなります。そして、ページへの滞在時間が長くなるほどコンバージョン(CV)(資料請求、問い合わせ、購入など)が向上しやすくなります。

2-3.

検索順位に良い影響を与える

Googleの検索アルゴリズムにおける検索順位を決める要素の一つに、ページの表示速度が含まれています。ページの表示速度が遅ければマイナス評価となり、表示速度が高速化されればユーザーエクスペリエンスが向上につながります。
このように、キャッシュを活用して表示速度を高速化できれば、ユーザーはもちろん、検索エンジンからの評価を上がり、「検索順位に良い影響を与える」ようになります。


以上、「キャッシュ」の意味やキャッシュを設定するメリットについての解説でした。


この記事をシェアする