SEO World

2018.11.09

相互リンクのSEO効果は?ユーザビリティの高いリンク構築を心がけよう!


WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「相互リンク」の意味やSEO効果について解説します。

▼目次

■相互リンクの意味は?

「相互リンク」とは、二つの異なるWEBサイトがお互いリンクを設置しあっている状態のことを指します。
以下の目的のために行います。
・WEBサイトに来たユーザーを別のサイトに誘導する
・お互いにリンクをする事でページランクを上げてSEOの効果を高める

この効果を得るために、
サイト内の相互リンクページを作ったり、相互リンク募集サイトに掲載するなど、一時期は多くのサイトが実践していました。

■相互リンクのSEO効果

前述の通り、ページランクを上げるなど、SEO効果が見込める施策であると多くのWEBサイト運営者が実践していました。

ただし現在は、過剰なリンク交換や相互リンクのみを目的とした相互リンク募集サイトからのリンク、自社サイトと関連の無いサイトと大量に相互リンクをするなど、ランキング操作を目的とした、相互リンクはペナルティーの対象とするとGoogleが明言しています。
近年のGoogleアップデートを見ていても相互リンクを多用して順位を上げる手法は逆効果になる可能性が非常に高いです。

ただし、その一方で外部のWEBサイトからリンクを受け取る「被リンク」は、現在も検索順位を決定する重要な要素のひとつだとされています。そのため、高品質なWEBサイトから受けたリンク自体は全く問題ではなく、かえって検索エンジンから評価を得られやすく高いSEO効果が期待できると言われています。

▶ユーザビリティの高いリンク構築を心がけよう!
検索順位を操作する目的に相互リンクを設置するという行為は、Googleのガイドラインに背く行為として手動ペナルティーの対象となる危険な行為です。しかし、ユーザーにとって利用価値が高く、有益なWEBサイトと相互リンクを行い、被リンク獲得をすることは有効なSEO対策といえます。

そこで重要になるのが、検索ユーザーにとって有益なサイトと相互リンクを行い「ユーザビリティの高いリンク構築を心がける」ということです。

ここで言うユーザビリティの高いリンクとは、以下のようなリンクです。
・評価の高いWEBサイトからのリンク
・良質なページからのリンク
・分散IPアドレス、分散ドメインからのリンク
・専門性や独自性があるコンテンツドメインからのリンク
・関連性のあるリンク
・有償リンクではないリンク
・自然な形で獲得したリンク(ナチュラルリンク)

評価の高いWEBサイトや、ユーザーにとって有益なコンテンツを持った価値のあるページから被リンクを受けたWEBサイトは検索エンジンから評価されやすい傾向にあり、実際に質の高い被リンクは検索順位を決定する重要な要素のひとつであると定義されています。

もしペナルティーは不安だがユーザーの流入があるため、相互リンクは続けたいと言う場合はリンクにnofollowタグの設定をしてもらいましょう。
ユーザーの流入があるか無いかはGoogleアナリティクスでReferrer(リファラー)があるかどうかを確認出来ます。

相互リンクはGoogleのガイドラインを正しく理解し、検索順位の操作の為の相互リンクは削除、ユーザー目線で必要なサイトや流入がある関連した相互リンクはしっかりと残す事でGoogleから正しい評価を受けるようにする事が重要です。


評価されやすい外部リンクは、自動リンク集やリンクファームなどで意図的に集めた意味のないリンクを指すのではなく、あくまで自然な形で獲得したリンク先のWEBページと関連性の高いリンク、ユーザーにとって利便性の高いリンクのことを指します。このような良質な被リンクを自然に獲得するためにも、ユーザーから評価されてリンクを貼りたくなるようなコンテンツを作成し続けることが大切です。

以上、「相互リンク」の意味やSEO効果についての解説でした。