CSSとは

作成日(公開日):
最終更新日:
CSSとは

SEOやwebマーケティングでよく用いられる用語の中から、今回は「CSS」の意味や必要性、書き方について解説します。

1.

CSSの意味は?

CSSシーエスエス」は、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略称です。HTML(Webページを作成するために開発された言語)と組み合わせて使う言語であり、主にWebページのレイアウトや装飾を指定するために使います。

例えば、Webページをユーザーが閲覧したときの視覚的な見やすさを追求したい場合は、文字の大きさや色、背景色などを装飾しますが、これらのスタイルの定義を指定する役割を担うのがCSSです。
CSSを適用させると、HTMLだけで構成された文書に装飾が加わり、より見やすいページを制作することができます。

2.

CSSがWeb制作で必要になる理由とは?

Web制作を行う上で情報構造を定義するための言語であるHTMLを使って、Webページを装飾することもできます。
しかし、装飾を行うことは、HTML本来の役割とは異なります。装飾を行った影響で曖昧な文書の記述となり、HTMLが検索エンジンに理解されない文書構造になってしまえば意味がありません。

そこで重要な役割を果たすのが「CSS」です。CSSは、HTMLのタグに対してどのような表示にするのか記述することで、Webページの文字の色、大きさ、そして背景などの見栄えを良くすることができます。

Web制作を行う上で、CSSはHTMLと組み合わせて使うことが必須と言えます。CSSをどのように記述するかによってページのUI、UXにも影響が及ぶため、Webサイトのパフォーマンスにも大きく影響します。

3.

CSSを記述するときの書き方

CSSを記述する目的は、HTMLのタグに対してどのように表示するかを指定するためです。CSSの書き方の基本なるのが「セレクタ」、「プロパティ」、「値」です。

HTMLのタグに対して、CSSで指定したスタイルを適応させる範囲を指すのがセレクタです。CSSで変更したい項目をプロパティといい、そのプロパティで指す項目をどのようにするかを決定するのが値です。

例えば、h1{color:blue;} という表記がされていれば、「h1はセレクタ」、「colorはプロパティ」、「blueは値」となります。また、「{」と「}」の部分を宣言といいます。このような記述をすることで、h1のタグ内に書かれた文字の色は青になります。


HTMLでWebページに装飾を行うことは、HTML本来の役割ではなく、行える装飾も限定的です。装飾を行った影響で誤った構造の記述を行うと、検索エンジンがページの情報を把握する妨げとなります。

そこで重要になるのが「CSS」です。HTMLと組み合わせて使用することで、構造とデザインを別々に定義できるようになります。

 

WebサイトのUI、UXを向上させ、Webサイトのパフォーマンスを上げるためには、CSSを使い統一感のある見やすいWebページを制作することが大切です。

 

CSSを使用することで劇的に検索順位が上がるというわけではありませんが、CSSによりユーザビリティが向上すれば、よりユーザーが閲覧しやすいWebサイトになります。

 

以上、CSSの意味や必要性、書き方に関する解説でした。


この記事をシェアする