今すぐ知りたい!コンバージョン率(CVR)を上げる方法や計算方法

作成日(公開日):
最終更新日:
今すぐ知りたい!コンバージョン率(CVR)を上げる方法や計算方法

SEOやwebマーケティングでよく用いられる用語の中から、今回は「CVR」の意味や効果的な施策について解説します。

1.

CVRの意味は?

「CVR」は、Conversion Rate(コンバージョン・レイト)の略称であり、コンバージョン率や顧客転換率とも呼ばれます。

WEBサイトにユーザーがアクセスした訪問数に対して、どのくらいのコンバージョン(WEBサイトにおける目標達成)が達成されているかを割合で示すための指標です。CVRをWEBページの評価指標として使うためには、どの数値を母数やコンバージョンとして定義するかにより数値が変化します。

また、高額商材と販売する場合と低価格の日常品を販売する場合では、商材や母数、そしてコンバージョンの定義が異なるため、CVRの数値も大きく変化します。

CVRの数値だけで良し悪しを判断することができないため、重要な指標となるCVRを算出するときには、取り扱う商材やビジネスモデルなどの判断材料をもとにコンバージョンの定義を設定することが重要です。

2.

CVRの計算方法

CVRは、「コンバージョン数÷訪問者数」という計算式で算出します。
WEBサイトを訪れた人の数に対し、何人のユーザーがコンバージョンに至ったかを割合で示します。その他、母数を申し込み数や会員登録に変えてCVRを算出することもあります。

例えば、インターネット広告を掲載したときに、
「広告をクリックしたユーザーの数が1000、そのうち会員登録や商品購入、資料請求などの目標達成(CV)に至った数が10」といった場合は、

コンバージョン数÷アクセス数(セッション数)=CVR(転換率)、となるので、
CV10人÷アクセス1000=0.01、
よって、「CVRは1%」になります。

CVRの計算式で数値を算出するのは難しいことではないのですが、前述の通り、何をコンバージョンとするかは商材やビジネスモデルによって異なります。

そのため、広告の効果を測定するためのCVR、商品の購入につなげるためのWEB施策やデジタルマーケティングに対する効果を測定するためCVRなど、それぞれのパターンに合わせてコンバージョンや母数の定義を決めるようにしましょう。

3.

CVRの重要性について

CVRの数値がWEBマーケティングにおいて重要とされる理由、それはWEBサイトへの施策が成功しているかどうかを知るための大切な指標となるからです。
さまざまな要素を改善することでCVRは向上しますし、施策に対して高い費用対効果を得られているかどうかも確認することができます。

WEB広告や検索結果を通じて訪問したユーザー数は多い反面、商品購入や入会数などのコンバージョンにつながらない場合はCVRも高くありません。

コンバージョンが増えない原因は、ユーザビリティが低いなど、何かしらWEBページに何らかの原因が隠されているケースも多いため、CVRの結果をもとに詳しく分析して新たな施策を考える必要があります。

4.

CVRを向上させるための施策ポイント

4-1.

直帰率を減らすためにファーストビューを改善する

CVRをより効率よく向上させる施策ポイントの一つに、ファーストビューを改善するという方法があります。ファーストビューとは、ユーザーが広告や検索結果からサイトをクリックして最初に目に入るページのことを指します。

検索して訪れるユーザー向けとして、そのユーザーは特定のキーワードを検索してからサイトに訪れているため、そのキーワードに関連したカテゴリのコンテンツをファーストビューに配置するだけで引き込める確率が高くなります。

ファーストビューで表示されたページに対してユーザーが何らかの違和感や、イメージしたものと異なると感じてしまった場合はページの離脱率や直帰率が高くなってしまいます。こういった問題を可能な限り抑えるためには、ユーザーが求める情報を一目で分かるように見やすいサイトやページを制作することが重要です。

4-2.

ユーザーが使いやすい構造のサイトやページを制作する

ファーストビューを改善して離脱率や直帰率を大幅に減少できたとしても、サイトやページ内でユーザーが次に何をしたら良いか迷ってしまう状態ではよくありません。

そのため、ファーストビューを改善したあとは、関連性の高いコンテンツや商品購入のページへユーザーをスムーズに誘導するためにも、分かりやすい構造のサイト設計になるように心がけましょう。
離脱率や直帰率を下げるために具体的に推奨しているサイト設計の構造として、

(1)テキストコンテンツを読みやすくする

段落ごとにブロックで分ける、随所に改行を加えるなど、ユーザーへの読みやすさに配慮すべきです。

(2)フッターやサイドナビにリンクや目次などを設置する

リンクや目次を設置し、どこにどんなページが配置されているのか分かりやすく表示することで、回遊性の強化にも繋がるため、直帰率や離脱率減少に好影響を及ぼします。
また、内部リンクが増えることでクローラビリティも向上するため、検索対策にもなります。

(3)ページの色調・デザインに配慮する

訪れるユーザーのイメージとマッチさせることも直帰率や離脱率減少に貢献できます。

 

  • ホワイトカラー(白)は清潔感
  • ブルカラー(青)は信頼感
  • レッドカラー(赤)は高揚感

を表すと言われており、色調やデザインへの配慮も必要となります。

 

以上のようなサイト設計を心がけることで離脱率や直帰率の減少が大いに期待できます。

 


「CVR」はWEBマーケティングに対する施策に関して、最終的な成果が得られているかを判断するための重要な指標になります。

 

CVRの数値は、コンバージョンの定義により大きく変わります。そのため、ビジネスモデルを改めて考え直し、商材やターゲットに合ったWEBサイトやページを作成しながらCVRを向上させることがとても重要になります。

 

以上、CVRの意味や効果的な施策についての解説でした。


この記事をシェアする