【旧サーチコンソール】URLの削除とは、検索結果からの削除方法を解説

作成日(公開日):
最終更新日:
【旧サーチコンソール】URLの削除とは、検索結果からの削除方法を解説

今回は、Googleの検索結果からページを一時的に削除できるGoogleサーチコンソールの「URLの削除」というツールについて解説します。
例えば、社内の機密情報などが含まれるページを誤って公開してしまった・・・、インデックスされたくないコンテンツを公開してしまった・・・という方は、ぜひこの記事を参考にしてみください。
それでは早速、「URLの削除」というツールの使い方や、本当にこのツールを利用する必要があるかどうかを注意事項とあわせて確認していきましょう。

1.

Googleサーチコンソールの「URLの削除」とは?

「URLの削除」は、Googleサーチコンソールの中に含まれるツールの一つです。
このツールを使うと、Googleの検索結果から特定のページ情報を削除できます。

 

例えば、

  • 機密性の高い個人情報などを誤って公開してしまった
  • 見られたくないページを公開してしまった
  • 社内の機密情報を公開してしまった

といった特別な状況の時だけこのツールを利用します。

 

WEBサイトの所有者であること、Googleサーチコンソールに登録していること、Googleの検索エンジンにすでにインデックスされたページであることを条件に、ページ情報を検索結果から一時的に削除できます。

 

1-1.

URLの削除は一時的なもの

URLの削除ツールは、「あくまでも一時的に検索結果からページ情報を削除できる機能」ということを理解した上で、特別な時にだけ利用するということを覚えておきましょう。

曖昧な理由から闇雲にURLの削除ツールを利用したり、間違った使い方をしたりすると、WEBサイトの評価を下げ、検索順位に悪い影響を及ぼす恐れがあるためです。
Googleの検索結果から完全にページ情報を削除したい場合は別の方法があるので、本当にURLの削除ツールを利用すべきかどうかを確認することが大切です。
※URLの削除ツールを使用すべきでないケースは、後ほど詳しく紹介します。

1-2.

URLの削除ツールを使った検索結果からの削除方法

URLの削除ツールを使ってGoogleの検索結果から削除する方法は、以下のとおりです。
尚、URLの削除ツールを使用するにはGoogleサーチコンソールへの登録が必要です。

参考:【Googleサーチコンソール】自分で出来る登録方法 使い方ガイド

 

  1. Googleサーチコンソールにログイン
  2. 対象のWEBサイトURL(プロパティ)を選択
  3.  ダッシュボード内の【Googleインデックス】をクリック
  4.  【URLの削除】をクリック
  5.  「一時的に非表示にする」をクリック
  6.  検索結果から一時的に削除したいページのURLを入力する
  7.  「続行」をクリック
  8.  リクエスト タイプのプルダウンからいずれかを選択する※
  9.  「リクエストを送信」をクリック
  10.  ステータスが「削除されました」に変更されたら手続き完了

 

※リクエスト タイプのプルダウンには、次のような項目が表示されます。

 

・検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する

Googleの検索結果からページを約90日間だけ非表示にできます。非表示期間が過ぎると、再びページが検索結果に表示されます。尚、一時的に非表示になっている期間中も再クロールは行われるためキャッシュとスニペットは更新されていますが、検索結果は非表示のままです。

・キャッシュからのみページを削除

キャッシュされたページのデータとスニペットだけを消去され、検索結果ではページを非表示にしません。この期間中も、ページキャッシュとスニペットは更新されます。

・一時的にディレクトリを非表示にする

ディレクトリ全体を約90日間非表示にできます。ページ単位やURLの削除だけでなく、指定されたディレクトリ内の全てのページのキャッシュとスニペットを削除します。この期間中も、ページキャッシュとスニペットは更新されます。

※「キャッシュ」とは、ページの読み込み速度を速くする目的で検索エンジンのデータベースに一度表示したページのデータを一時的に保存する仕組みのことです。検索結果のURLのすぐ右側に表示される▼をクリックするとキャッシュのボタンが表示されて、さらにそれをクリックするとページ画面と共にキャッシュされた日時などの情報が上部に表示されます。

※スニペットとは、検索エンジンによる検索結果の一部として表示される、Webページの要約文のことを意味します。

尚、URLの削除ツール画面の上にある「再登録」ボタンをクリックすると、90日間を過ぎる前に非表示にしたページを検索結果に再表示させることが可能です。

2.

URLの削除ツールを使わない方がいいケース

見られたくない個人情報や会社の機密情報などが書かれたページを誤って公開してしまったときにURLの削除ツールを使うと便利ですが、次で紹介するようなケースにはURLの削除ツールは使用すべきではありません。
URLの削除ツールを必要な時にだけ利用して、間違った使い方をしないように「URLの削除を利用すべきかどうか」を確認しましょう。

2-1.

古いページURLを削除するために使う

Googleは、GooglebotがWEB上を巡回し、存在しないページを検出したら検索結果から自然に削除するため、わざわざURLの削除ツールを使用して古いページURLを削除する必要はありません。
Googlebotの巡回を待たずに検索結果から早急に削除したいという場合は、Googleサーチコンソールの「削除リクエスト」を使い、古いコンテンツの削除をリクエストします。

 

2-2.

ペナルティを受けたドメインをリセットする目的での使用

Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反していると判断された場合、Googleから自動対策や手動対策と呼ばれるペナルティを受けることがあります。
ただし、そのような時にペナルティを受けたドメイン自体をリセットする目的でURLの削除ツールを使用するのは避けましょう。
この場合は、原因を特定してページを修正した上で、Googleサーチコンソールの「再審査リクエスト」をして問題を解決しましょう。

 

参考:「ペナルティとは?Googleからペナルティを受ける原因や解除方法を解説!

 

2-3.

URLを統一するために使う

まずは、以下のURL例をご覧ください。

例1:
http://www.○○○○○.com
http://○○○○○.com

 

例2:
http://www.○○○○○.com
https://www.○○○○○.com

 

例1の2つのURLは「www.」が有るか無いかの違いで、例2は「http」と「https」の違いがあります。ユーザーがどちらのURLにアクセスしたとしても同一のコンテンツを閲覧できますが、検索エンジンはこれら2つのWEBサイトを全く別物と判断するため、GoogleではこれらのURLを統一するように推奨しています。

ただし、ここで注意したいのがURLを統一することを目的にURLの削除ツールを使用してはいけないということです。この場合は、canonicalやリダイレクトを使用して「URLの正規化」をするのがベストです。

 

参考:
canonical属性の使い方!URLの正規化が必要になるケースとは?
301リダイレクトはドメイン変更時やURL正規化をするときに有効!
URL正規化が必要な場合とは?htaccessを用いた正規化の必要性と設定方法について

 

2-4.

ハッキングされたサイトのURLを削除するために使う

WEBサイトがハッキングされた場合、URLの削除ツールを使って全てのURLを削除すべきではありません。この場合は、ハッキングの痕跡を洗い出し、ハッカーによるアクセスを防ぐための措置をすることを優先し、その上でGooglebotに再びクロールされても問題ないようWEBサイトを修正、設定します。


WEBサイトを運営していると誤って表示させたくないコンテンツを公開してしまった、あるいは表示させたくないコンテンツが検索結果に出てきている、といったことがあります。
そういった時にGoogleサーチコンソールの「URLの削除」ツールを使うと、あくまでも一時的ではありますが、検索結果に表示されたページ情報を非表示にできます。

 

ただし、何度もお伝えしていますが、検索結果から完全にページ情報を削除したいときは違う手法を用いるべきです。また、今回紹介したようにURLの削除ツールを使用すべきでないケースもあるため、ツールの特性をしっかり理解し、それぞれの目的に適した方法でURLの削除ツールを使うようにしましょう。

 

以上、「URLの削除」の使い方や削除方法、注意事項についての解説でした。


この記事をシェアする