【探偵業界必見!】探偵関係のSEO対策・キーワード選定方法

作成日(公開日):
最終更新日:
【探偵業界必見!】探偵関係のSEO対策・キーワード選定方法

本記事は、探偵業界のSEO対策における重要なポイントについてまとめた記事になります。これから、Google・Yahoo等の検索エンジンからの集客を強化していきたい方やSEO対策での集客に伸び悩んでいる探偵事務所の方の参考になれば幸いです。

1.

探偵事務所のSEOキーワード選定について

SEO対策を進行していくにあたり、最初に行う必要があるのが「キーワード選定」です。

キーワード選定のステップは、SEO対策においてとても重要な工程です。しっかりとしたキーワード選定を行うようにしましょう。

検索ユーザーの多くが、まずは自分の住んでいる地域の近くで探偵事務所を探しますので、対策キーワードには必ず「地名」を入れましょう。

基本的に、キーワード選定のメインは【探偵+地名】となります。

また、探偵事務所を利用する人の中には、【浮気調査】【不倫調査】などのキーワードで検索する人もいるので、【浮気調査】【不倫調査】も対象キーワードに入れましょう。
※【浮気調査】【不倫調査】を行っていない探偵事務所は除きます。

<探偵事務所関連のキーワード例>
「福岡市 探偵」「福岡市 探偵事務所」「福岡市 探偵事務所 おすすめ」
「福岡市 浮気調査」「福岡市 不倫調査」「福岡市 探偵調査」「福岡市 探偵 バレない」

1-1.

キーワード選びのポイント①全国対象のキーワードになっていないか

よくあるキーワード選定のミスとして、「全国対象のキーワードを狙ってSEO対策をしている」ということがあります。

探偵事務所の業界ですと、「探偵」「不倫調査」などの単体キーワードがこれにあたります。

全国展開している会社であれば問題はありませんが、地域に特化して集客をしている場合は、絞って選定することをおすすめします。

1-2.

キーワード選びのポイント②競合のキーワード調査

2021年現在、ほとんどの探偵事務所がネット集客に力を入れ始めています。
リスティング広告やオーガニックの自然検索経由のネット集客は、重要性が増しています。

対象キーワード選定をする際は、キーワードツールなどを駆使して、キーワードを探して精査していくことが多いですが、自社サイトの競合サイトをしっかりとチェックしておくこともおすすめです。

『競合がどんなキーワードで集客をしているか?』を把握することにより、自社サイトと比較したSEO対策を行うことができます。

<参考URL>
SEOのキーワード選定方法・コツをわかりやすく解説
【無料・有料】SEOのキーワード選定に役立つツール32選

1-3.

キーワード選びのポイント③【その他調査項目】も対策キーワードに入れる

探偵事務所を利用する人が調査依頼する場合の多くは、【浮気調査】【不倫調査】だと思いますが、探偵事務所の中には、その他にも調査可能なものがあるかと思います。

自社の対応可能調査項目を踏まえ、その他の調査項目も対象キーワードに入れましょう。
それらのキーワードも【地名】とセットで、【調査項目+地名】という形で、キーワード選定をしましょう。

<調査項目例>
「身上調査」「行方調査」「ストーカー対策」「盗聴器発見調査」「DNA鑑定調査」「素行調査」
「海外赴任調査」「取引先調査」など

<キーワード例>
「福岡市 婚前調査」「福岡市 行方調査」「福岡市 人探し」「福岡市 ストーカー調査」「福岡市 嫌がらせ調査」「福岡市 盗聴器調査」「福岡市 取引先調査」「福岡市 主人 素行調査」

2.

SEOに強いページ構成と必須内容について

キーワード選定ができたら、実際にSEO対策を行う上でのサイトの構造や対象ページを選定し、漏れのないページ構成にする必要があります。

サイト構成・ページ構成はSEOの評価にも繋がる重要な要素ですが、検索ユーザーの【ユーザビリティ】という観点でも非常に大事な要素となります。

SEO対策を行うにあたり、WEBサイトのページ構成で重要なポイントは以下の5点です。

2-1.

【初めての方へ】ページを作成しましょう

探偵事務所の概要・方針・コンセプト・裁判までの流れなど、利用を検討しているお客様に最初に見てほしい内容を網羅した探偵事務所の説明ページを作成しましょう。

【初めての方へ】のページがあると、事務所の強み・特徴を伝えることができると同時に、ミスマッチを防ぐ事もできます。しっかりと情報を公開する事で、ユーザーからの信頼を得られることができます。

情報開示をきちんと行っているWEBサイトは、Googleからの評価が上がり、上位表示されやすくなります。

2-2.

【調査事例】ページを作成しましょう

サイト内に、調査実績をまとめたページを作成することをおすすめします。

調査実績を掲載することで、調査依頼内容と近しい調査実績を見たユーザーから信頼され、具体的な調査依頼時のイメージを持ってもらうことができます。

また、可能であればサンプルでも良いので、調査報告書を記載することもおすすめです。

2-3.

【よくある質問ページ】を作成しましょう

よくある質問ページを作成する事をおすすめします。

利用検討をしている方は、多くの疑問や不安を抱えています。よくある質問を掲載し、方針や考え方を明示する事で、ユーザーの不安を払拭することができます。

2-4.

【料金プラン】ページを作成しましょう

料金プランの詳細を掲載することで、『公平性』や『透明性』を利用者に明示することができます。

探偵事務所は、料金プランが調査項目や調査機関が各社によって異なる事が多いので、具体的にしっかりと明記し、調査項目ごとの料金プランの合計金額例なども掲載すると良いでしょう。

2-5.

調査項目毎にページを作成しましょう

対応可能な相談内容・調査内容毎にカテゴリーページを分けましょう。

※カテゴリーページ例

SEO対策をする際は、原則1ページにつき1キーワードで対策を行います。そのため、カテゴリーページを相談内容・業務領域などの内容で分けることで、個別にページができ、SEO対策をしやすくなります。

また、ページ分けには、ユーザーがホームページに訪問した際に、目的の調査項目のページに辿り着きやすくなるというユーザビリティ面のメリットもあります。

3.

探偵事務所関連のキーワードで上位表示させるために必要なコンテンツ要素

ページ内のコンテンツは、SEO対策の中で最も重要な部分であると言われており、しっかりと充実させたコンテンツを考える必要があります。

競合サイトのページコンテンツのチェックをすることはもちろん、ユーザーにとってわかりやすく、知りたいことがわかるコンテンツ作りをすることが重要です。

また、Googleでは、コンテンツのポリシーや考え方を随時更新しているので、それらの情報も加味して、コンテンツの質を高めていきましょう。
参考URL: https://support.google.com/websearch/answer/10622781?hl=ja

3-1.

探偵事務所のホームページにおけるコンテンツの構成例

TOPページ
はじめての方へ
調査実績
利用者の声
調査から完了までの流れ
代用ご挨拶
よくある質問
新着情報
ブログ・コラム
お問い合わせ
Web予約ページ

3-2.

ブログ・コラムコンテンツ内容例

WEBサイト内で、特定の分野での関連コンテンツをたくさん有しているサイトは、検索で上位表示されやすい傾向があります。そのため、【ブログ・コラム】ページを活用し、探偵に関するコンテンツの情報発信をしていくことをおすすめします。

<ブログ・コラム内容例>
・浮気・不倫調査で必ず必要な証拠の種類とは?
・ストーカー規制法とは?事例を踏まえわかりやすく説明します
・婚約候補者の交友関係は調査できる?
・浮気・不倫調査ってどんな調査をするの?
・人探し調査に必要な情報とは?
・信用調査とは?
・探偵業法についての概要説明
・不貞期間の長さによって慰謝料は変わる?
・「やまし」とは?
*用語集ページを作るのも効果的です。

ユーザーが検索しそうなキーワードを基に、検索意図に合ったブログ・コラムを書くことで、多くのユーザーにリーチできるようになります。

3-3.

その他のコンテンツ例

・探偵調査に使用する最新機器があれば記載しましょう。
調査能力や専門性をアピールするため、自社で調査時に扱っている最新機器などがあれば紹介しましょう。
<例>
盗聴器発見機器・3D機能搭載のGPS・小型カメラなど

・業務提携をしている弁護士がいればその人の情報も掲載しましょう。
調査完了後、法的手続きに移る際に、弁護士さんは必ず必要になります。
紹介実績がある弁護士さんや提携事務所があれば、その事務所や弁護士のホームページへのリンクや事務所概要・プロフィール情報を掲載しましょう。

・「探偵業届出証明書」を掲載しましょう。
探偵業届出証明書を取得している場合、サイトへの掲載を行い、信用と安全をアピールしましょう。

3-4.

SEOの観点から注意する点

・自社ドメイン内・他のドメイン内のコンテンツと重複・コピーとなるようなコンテンツは作成しないよう注意し、オリジナルで専門性の高いコンテンツを作ることを意識しましょう。

・積極的に更新しましょう。コラムやブログの更新頻度目安は週1回です。検索エンジンもユーザーも、新しい又はしっかりと更新されているページを好みます。

・サイトマップを作成しましょう。検索エンジンに対してサイトマップを送信する事で、無駄なく正しくサイトのコンテンツを伝達することができます。

・スマホ端末閲覧時でのUXを考慮しましょう。
モバイルフレンドリーに対応するのはもちろん、スマホ端末での閲覧時に、問い合わせページに辿り着きやすいか、などの利便性を重視した作りにしましょう。

4.

上位サイトが貼っている外部リンクの調査

SEO対策をする上で、コンテンツの充実と同じくらい重要なことが、外部リンクの調査です。

狙っているキーワードにおいて、競合サイトが「どれくらい」「どのような」外部リンクを獲得しているかを把握し、自社ドメインとどれくらいの差異があるのかを知ることで、戦略を立てることができます。

外部リンクの情報は有料ツールなどで確認することができ、具体的に知ることができます。

<例1:サイトAの外部リンク数の推移>

<例2:サイトBの外部リンク数の推移>

このようにデータを確認し、外部対策における戦略も立てていくことで、総合的なSEO対策を行うことができます。

5.

SEO以外の集客導線(リスティングやMEOを活用しよう)

本記事では、主にSEO対策について扱ってきましたが、集客UPを図る上ではMEO対策やリスティング広告やYouTube動画なども考慮しておくことをおすすめします。
 
探偵事務所の業界においては、特にMEO対策が今後重要になってくるかと思います。Googleマイビジネスでの発信はMAP以外の効果もあるため、まずは【Googleマイビジネス】の登録をしましょう。
 
弊社ではSEO対策のみでなくMEO対策やGoogleマイビジネスのアカウント支援も行っています。ご興味がある方は、下記ページをご覧ください。
 

MEO対策詳細はこちら

5-1.

自社のSNSアカウントを作成し活用しましょう

WEBサイト内でSNSのアカウントがある旨を記載し、SNSアカウントもお客様に見てもらえるようにしましょう。

自社のアカウントで積極的にアピールし、各SNSのアナリティクスを踏まえ戦略的に運用を行いましょう。

6.

探偵事務所系キーワードでの弊社対策例

SEO対策を実際に進める際には、ページを公開した後、各キーワードがどれくらいの順位にいるのかを計測していく必要があります。

弊社では、探偵事務所のみならず、その他様々な業種キーワードを毎日計測しており、どれくらいの推移があるのかを観測しています。

こちらは、とあるWEBサイトの「探偵事務所+地名」のキーワードの順位を追ったグラフになります。

7.

最後に

本記事の情報が探偵事務所関系の企業様でSEO対策を考えている方の参考になれば幸いです。
 
また、SEO対策のエージェントをお探しの方は、弊社でもお力になれることがあるかと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。
 
*「探偵事務所のSEO対策の記事を見た」とお問い合わせいただければと思います。
 
SEO経験豊富な弊社スタッフが、ヒアリングの上、御社に合ったご提案を致します。
 

お問い合わせはこちら


この記事をシェアする