SEO World

検索ボタン 検索閉じるボタン

2019.01.06

【コンテンツ編】ECサイトのSEO対策ガイド


ECサイトはインターネット上に出店されている店舗であり、実店舗と違い広告や販促をかけない限り、まず認知されることはありません。そのため、ECサイトへの集客方法の一つとして「SEO対策」が挙げられます。

今回は、ECサイトでコンテンツSEOをやる場合におさえるべきポイントについてまとめました。

▼目次

1.ECサイトにおいてSEO対策が難しいといわれる理由

ECサイトのSEO対策が難しいと言われる理由として、「商品名」や「商品名+通販」といったビッグキーワードで検索をすると、大手のECサイトやモールが検索上位に表示されている傾向が強く、それに対抗するのは非常に困難を極める点が挙げられます。

このように、個人や中小企業が運営するECサイトの場合、自社でSEO対策を行う場合、かなりの労力やコストを投じる必要があります。
そのため、今回は個人や中小企業が運営するECサイトでも効率的に集客ができ、売上アップに繋げられるコンテンツSEOのポイントについて紹介します。

2.ECサイトのコンテンツSEO対策でおさえるべきポイント

ECサイトの運営者がおさえておきたい「ECサイトのコンテンツSEO対策のポイント」についてまとめています。

2-1.オリジナル情報を用意する

検索エンジンは、専門性の高いサイトを評価しやすい傾向にあります。そのため、資金力や在庫数に強みのある大手に対抗するには、特定の分野の商品の品揃えに特化し、専門店という位置付けで勝負することが得策と言えます。

例えば、同じような商品を取扱う競合サイトが存在する場合は、
 ・商品ページに詳細な情報を記載し、テキスト量を増やすことを意識する。
 ・顧客が知らない情報や他サイトにはないオリジナル情報を増やす。
などの取り組みをして専門性の高いECサイト作りをしましょう。

2-2.レビューや口コミも重要なコンテンツとなりうる

GoogleはUGC(ユーザー生成コンテンツ)などを評価するため、より多くのレビューや口コミを投稿してもらう働きかけをしましょう。
検索ユーザーにとって具体的かつ、説得力のある参考情報となり、SEO効果だけでなく、転換率を高める有力なコンテンツとなります。

2-3.ロングテールSEO対策を実施する!

ECサイトのSEO対策が難しい理由の一つに、ビッグキーワードで大手サイトに勝つのは至難の業と紹介しましたが、そこで狙うべきSEOキーワードが「ロングテールキーワード」です。

潜在客や見込み客は、全員が同じ検索キーワードでサイトを訪れるわけではありません。最近は、検索エンジンの使い方に慣れたユーザーが多く、1つの単語だけでなく複数の単語を組み合わせて検索をする方が増えています。

このような幅広いユーザーの検索ニーズに対応するためにも、ページ単位でテキスト量を強化する必要があります。例えば、商品説明文に仕様、サイズ、型番などを詳しく記載する、商品の用途などの基本情報を充実させるなど、ロングテールキーワードでヒットしやすくなるようなページ作りが重要です。
それと同時にロングテールキーワードに対応できるほどの商品数を確保するということも重要です。尚、コンテンツを増やすときは、サイト内に重複コンテンツを設置しないように気をつけましょう。

2-4.お客様の声を活用する!

将来、売上に貢献してくれそうな見込み客は購入以前の「情報収集」の段階にあるため、このような見込み客は実際にその商品を購入した人の「レビュー」や「お客様の声」を参考にすることがよくあります。
そのため、ECサイトにおいてコンテンツSEOを実施する際は、ECサイト内にお客様の声のページやレビューページを掲載するなどして、情報収集の段階にいる見込み客のニーズに応えるECサイトを構築することが大切です。

3.ECサイトが取り組むべきコンテンツSEOは「ブログ」!

ここまで、ECサイトのSEO対策でおさえるべきポイントをいくつか紹介しましたが、中には作業の手間やコスト負担が大きく、なかなか実践できないショップも多いかもしれません。
そこで今回、コンテンツSEO初心者向けに「ブログ」をECサイト内に導入するという方法を紹介します。

3-1.ECサイト向けコンテンツSEOのメインは「ブログ」

ブログの開設当初は、新規の独自ドメインを購入するなど多少の手間とコストがかかりますが、広告に依存する必要もなく、ブログに記事を投稿し続ける限り、積み重ねてきた記事が蓄積され、中長期的に集客をし続けてくれます。

また、ECサイト内の商品ページとは違い、ブログであれば見込み客の幅広いニーズに対して様々なテーマを設定してあらゆる情報を発信できます。情報収集の段階の見込み客に対して有益な情報を発信することで商品ページへ誘導することができれば、将来的な売上につなげることが可能になります。


独自ドメインを購入し、WordPressなどのシステムを使ってブログを開設してECサイト内へ導入する作業はそれほど難しくありません。テクニカルな面でECサイトの構造やページ構成を改善することも大切ですが、それと同時にブログ集客を継続できれば、難易度が高いといわれるECサイトのSEO対策も成功に繋げられるはずです。

以上、ECサイトにおいて効果の出るSEO対策は難易度が高いといわれる理由と、ECサイトでコンテンツSEOをやる場合におさえるべきポイントについての解説でした。