ECサイトとは

作成日(公開日):
最終更新日:
ECサイトとは

SEOやWEBマーケティングでよく用いられる用語の中から、今回は「ECサイト」の意味やメリット、SEO対策との関係性について解説します。

1.

ECサイトの意味は?

ECイーシーサイト」は、エレクトニック コマース(Electronic Commerce)の略称です。日本語に訳すと「電子商取引」を意味します。

ECサイトはインターネット上のWEBサイトで商品やサービスを販売しているサイトのことを指します。オンラインショップと混同されることがありますが、より正確にいえばECサイトは商品だけでなく、インターネットバンキングやネット配信、ダウンロード販売などのサービスも含まれています。

ECサイトを運営してビジネスをはじめるときには、自社でECサイトを運営する、もしくは楽天やAmazonなどの大きなショッピングモールにショップを出店することが一般的です。

それぞれにメリットやデメリットがありますが、コンバージョン率を高めるための効果的な施策を行うことで、自社製品やサービスをより多くの人に広めて売上の拡大や効率化を図ることができます。

2.

ECサイトを運営するメリットは?

ECサイトで商品やサービスを販売する場合は、いつでもどこでも利益を上げられることが大きなメリットです。

インターネットがあれば世界中どこでもWEBビジネスを展開できることから、日本国内に限らず海外への進出を視野に入れていくビジネスモデルも今後大いに成長していくでしょう。

2-1.

ECサイトの種類は二つ、それぞれのメリットについて

一口にECサイトといっても、その種類は大きく分けて二つあります。その一つが「モール型サイト」で、もう一つは「自社ECサイト」です。

モール型サイトは、別名サイバーモールといいます。楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどはモール型サイトに該当します。サイトの運営についてですが、複数の企業や個人経営のショップが同じドメインを利用して営業を行います。

一方、自社ECサイトは、その名のとおり自社でECサイトを運営することを指します。モール型サイト以外でECサイトを出店しているショップは自社ECサイトであり、アパレルや美容、食品など、さまざまな業界ごとに異なる販売手法で自社ECサイトを運営しています。

サイトの運営についてですが、自社独自でサーバーを借りてECサイトを構築します。モール型サイトに出店することをECサイト出店やモール出店と呼ぶことに対し、自社ECサイトの場合はネットショップ開業などと表現することがあります。

3.

ECサイトとSEOの関係性

ECサイトを運営して商品やサービスを販売するネットショップは、当然、WEBサイトとしての自然検索で探されることも多いので、サイト全体や各商品ページの「SEO対策」、検索結果における順位を上位表示する施策を行うことで、売上が上がりやすくなります。

3-1.

ECサイトのSEO対策の一つは「コンテンツ」

ECサイトのためのSEO対策のポイントとしてよく言われるのが「コンテンツ」の掲載です。
コンテンツマーケティングとも呼ばれる施策ですが、ある特定のテーマを詳しく紹介するブログなどを開設したり、ユーザーにとって有益と思われる情報を定期的に掲載し、情報量や情報の質を多く提供する事で集客する手法です。

特にコラムやブログなどよりも商品ページをアップ・更新することが多いECサイトでは、商品ページを利用したコンテンツを用意することで、SEO効果を得ることができます。

扱っている商品やサイトのテーマに沿っている内容で、なお且つ情報の量や質が多い場合は、Googleのアルゴリズムに高い評価が与えられ、結果的に特定のキーワードの検索順位が上がりやすくなります。

このように、良質なコンテンツを掲載し続けることは、検索順位を上位表示させるためには必要不可欠であり、費用対効果の高い効果的な施策であると言われています。

3-2.

「ロングテール」を意識したキーワード選び

ECサイトの検索結果で上位表示させたいキーワードの選び方にも工夫が必要です。その理由は、多数のECサイト事業者が同じキーワードに対して施策を行うため、競合が多過ぎて検索順位のトップ3までに表示させるのは非常に困難だからです。

前述したモール型のECショッピングモールが多く存在するため、上位表示を狙うキーワードを選択するときは、複数のフレーズで構成されている「ロングテール」のキーワードでの上位表示も考慮に入れることが重要になってきます。

価値のある質の高いロングテールキーワードを発見できると、ビッグキーワードで無理に対策をするよりも、アクセス数が多くなる場合がほとんどです。本の通販サイトで有名なAmazonなどは、ロングテール戦略で売上を伸ばした典型的な例です。

そのため、ECサイトへのSEO対策を行うときは、ビッグキーワードだけでなくロングテールのキーワードを意識して、商品ページなどのコンテンツを作成することで、効果的な施策が行えます。


WEBビジネスの発展により、いつでもどこからでもECサイトから欲しいものを購入できるようになりました。

しかし、それと同時に企業間での競争は白熱しており、これまで以上に顧客獲得のために施策を練り続けなければなりません。

 

年中無休で店舗や商品ページにアクセスできるECサイトでは、集客力を高めて売り上げを向上させるための効果的な施策を行うことが非常に重要になります。

 

「ECサイト」を運営すると商品管理やサイト管理、さらにはサポートや売り上げ管理とさまざまな業務を行いますが、それと同時進行で行うと効果の高い施策がSEO対策です。

 

今回ご紹介したように、より多くのユーザーに商品ページを訪問してもらうためには、検索順位で上位に表示されるように商品ページなどに対し、SEO対策を行う必要があります。

施策を行うことで突然検索順位に影響が出る訳ではありませんが、長いスパンをかけて施策をし続けることでSEO対策の効果は期待できるでしょう。

 

以上、ECサイトの意味やメリット、SEO対策との関係性についての解説でした。


この記事をシェアする