外部対策とは

作成日(公開日):
最終更新日:
外部対策とは

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「外的要因(外部要因)」の意味や外的要因によるSEO対策が有効なケースについて解説します。

1.

外的要因とは?

「外的要因(外部要因)」とは、WEBサイトの外部から検索エンジンに影響を与える要因のことを指します。それと対になっている要因を内的要因(内部要因)と呼びます。

検索エンジンでは、外部サイトから該当WEBサイトに貼られている被リンクの数や質を評価の一つとしています。そのため、被リンクの数や質を改善するために行う対策がSEOにおける「外部対策」にあたります。

1-1.

外的要因と内的要因との違い

検索エンジンは外的要因だけではなく内的要因も評価基準の一つとしています。
内的要因はWEBサイトそのものが検索エンジンに与える影響のことを指します。

外的要因が外部から良質な被リンクを獲得することでSEO効果が期待できるのに対し、内的要因は検索クエリに対しユーザーが求める質の高いコンテンツが掲載されているか、テキスト量の充実、キーワードの出現頻度、突出度、近接度、WEBサイトの更新頻度、ソースコードの最適化などにより、WEBサイトそのものの質を元に検索エンジンから評価されます。

2.

外的要因によるSEO対策が有効なケース

SEOには良質な被リンクを増やすことを目的とした外部対策があります。しかし、ただ被リンクを集めるだけでは期待以上の効果を得ることはできません。
そこで以下では、外的要因による有効なSEOとして「評価されやすい被リンクの特徴」について紹介します。

2-1.

自然に貼られた被リンク

検索順位を作為的に操作する目的で不自然なサイトから多数のリンクをもらっている場合は、悪質であるとして順位の大幅な下落やペナルティを受けてしまう可能性があります。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーにとって有益な情報が書かれている外部のサイトや人気の高いサイトからリンクをもらっているサイトを評価する傾向にあります。このことからも、自サイト内に多くのユーザーが自発的にリンクを貼りたいと思うような「良質なコンテンツ」を作り、「自然に貼られた被リンク」を集めることが大切です。

2-2.

SNSで拡散して集めた被リンク

スマートフォンの普及によりSNSを利用して情報を発信・入手するユーザーが爆発的に増えましたが、そこで注目されているのが「SNSを活用して被リンクを集める」という外的要因です。

ほとんどのSNSはnofollowタグが挿入されている為、被リンクとしての評価はなく検索順位を左右しないと考えられてきました。
しかしながら、SNSを上手く活用することでより多くのユーザーにコンテンツが閲覧される機会が増え、価値のあるコンテンツとユーザーに認められれば、その情報が大きく拡散されてアクセスが伸びるケースもあります。
また、定期的にSNSで情報を発信することで、自サイトの存在が多くの人に認識され、外部サイトからリンクを貼ってもらえる可能性が高まります。

2-3.

提携企業や知り合いからの被リンク

有料リンクがガイドライン違反として指摘されていますが、その線引きは曖昧です。たとえばコネを使った無償のリンクは意図したリンクと見なしうるのか?という点についてはgoogleからの明確な回答はなくケースバイケースとなります。たとえば、関連企業からパートナー企業としてリンクをもらう場合などは、ガイドラインに違反していないと考えられます。このようなことから、リアルでの繋がりをリンクとして活かす取り組みを行っている企業も多くあります。


以上、「外的要因(外部要因)」の意味や外的要因によるSEO対策が有効なケースについての解説でした。


この記事をシェアする