【Googleアナリティクス】流入キーワードの基本的な見方

作成日(公開日):
最終更新日:
【Googleアナリティクス】流入キーワードの基本的な見方

Googleアナリティクスは、WEBサイトに訪れるユーザーがどのようなキーワードで検索して訪れているのか?といった「流入キーワード」を調べるためにも有効なことをご存知ですか。ここでは、これからWEBサイト運用の初心者の方向けに、Googleアナリティクスでの流入キーワードの基本的な見方」について解説します。

1.

Googleアナリティクスでの流入キーワードの基本的な見方

  1. STEP 1Googleアナリティクスを開く
  2. STEP 2GoogleアナリティクスにGoogleアカウントでログイン
  3. STEP 3レポート>[集客]>[キャンペーン]>[オーガニック検索キーワード]の順にクリック
  4. STEP 4流入キーワードを確認する

 

※レポート>[集客]>[Search Console]>[検索クエリ]から流入キーワードを分析することも可能ですが、その場合はGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを導入した後に2つを「同期」させる必要があります。

 

・GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの同期方法は、以下の記事で紹介しています。

【Googleサーチコンソール】自分で出来る登録方法 使い方ガイド

 

以下で、流入キーワードの基本的な見方の手順をさらに詳しく解説します。

 

STEP 1Googleアナリティクスを開く

Googleアナリティクスが導入されている状態で、Googleアナリティクスを開きます。Googleアナリティクスを使用するには、「Googleアカウント」への登録が必要です。

 
STEP 2GoogleアナリティクスにGoogleアカウントでログイン

登録済みのGoogleアカウントで、Googleアナリティクスにログインします。

 
STEP 3レポート>[集客]>[キャンペーン]>[オーガニック検索キーワード]の順にクリック

Googleアナリティクスのホーム画面左側にある「レポート」の項目から、[集客][キャンペーン][オーガニック検索キーワード]の順にクリックします。

 
STEP 4流入キーワードを確認する

[オーガニック検索キーワード]をクリックすると、検索エンジンから自然検索で入力されたキーワードの一覧が表示されます。

2.

オーガニック検索キーワードに表示される「not provided」とは?

[オーガニック検索キーワード]に表示されたキーワードの「コンバージョン」の欄に数値が書かれていれば、コンバージョンにつながっているとプラスに考えることができます。しかし、この画面に表示されるキーワードの多くは、「not provided」となっている場合がほとんどです。

2-1.

not providedとは?

「not provided」とは、GoogleやYahoo!による常時SSL化により暗号化された流入キーワードのことで、日本語で直訳すると「指定されていません」という意味になります。Googleアナリティクスの【オーガニック検索キーワード】の項目で流入キーワードを調べる場合は、9割超がnot providedと表示されています。

2-2.

not providedは【Search Console】を使って調べる

流入キーワードがわからないときに表示されるnot providedの詳細は、Googleアナリティクスの【Search Console】という項目から見ることができます。以下は、not providedを調べる方法の主な手順です。

  1. STEP 1Googleアナリティクスを開きログイン
  2. STEP 2レポート>[集客]>[Search Console]>[検索クエリ]の順にクリック
  3. STEP 3検索結果につながった流入キーワードを確認
3.

ページごとに流入キーワードを分析する方法

以下のような方法を使えば、ページごとに流入キーワードを分析することができます。

  1. STEP 1Googleアナリティクスを開きログイン
  2. STEP 2レポート>[集客]>[Search Console]>[ランディングページ]の順にクリック
  3. STEP 3[ランディングページ]の項目から調べたいページをクリック

 


Googleアナリティクスの機能は、訪問ユーザーがどのようなキーワードで検索をしてWEBサイトへの流入に至ったのかを知ることができます。そのほかにも、WEBサイト上でのPR効果や影響などをより細かく分析して予測が可能になります。

 

今回紹介したような簡単な手順を踏むだけでWEBサイトへの流入キーワードを調べることができるので、まだの方は今すぐにでもGoogleアナリティクスを導入することをおすすめします。

 

以上、「Googleアナリティクスでの流入キーワードの基本的な見方」についての解説でした。


この記事をシェアする