h1タグとは

作成日(公開日):
最終更新日:
h1タグとは

h1タグは、HTML文書中の見出しを指す見出し要素(タグ)です。H1タグの意味と目的、SEOに及ぶ影響、設定方法について解説します。

1.

h1タグの意味

h1タグは、HTML文書中の見出しを示す見出し要素(タグ)の中で用いられるタグの1つです。

見出し要素は、ページの構成を明確にするために、h1・h2・h3・h4・h5・h6の6段階の要素で実装されています。h1タグは見出し要素の中で最上位とされ、h6は最も小さい見出し要素です。見出し要素はコンテンツを簡潔に記述するため、h1タグは該当ページ全体のコンテンツを簡潔に記述します。

HTMLを使用する際は、トップページであればサイトのタイトル部分が最も重要な場合にh1を使い、各ページに対しては記事のタイトル部分にh1を使います。h1を使ったあとは、h2、h3…とその他の見出し要素を使います。

2.

h1タグの目的

見出し要素は、ユーザーや検索エンジンにサイトやページの情報をわかりやすく伝える役割を果たします。

2-1.

SEOキーワードを意識した見出しをつける

h1タグは、検索エンジンに対しては、ページ全体のコンテンツをわかりやすく伝えるためにあります。
検索エンジンは、見出し要素の段階から見出しの重要度を認識します。そのため、見出し要素の最上位とされるh1タグを適切に設定すると、該当ページ内で最も重要な情報だと検索エンジンは認識します。

2-2.

h1タグは1ページに一回だけ使用する

h1タグは、サイトを訪問(閲覧)するユーザーに対して、ページの内容をわかりやすく伝えるためにあります。
一般的に、見出し要素はh1タグが最も目立つように、フォントサイズなどがCSSで装飾されています。h1タグに該当ページ全体のコンテンツを簡潔に記述すれば、見出しを見るユーザーにどういうページなのか示せます。

3.

SEOに及ぼす影響について

h1タグはSEO効果に影響します。
Googleによると、h1タグによる直接的なSEO効果はないとされています。しかし、実際のSEOの内部対策においてh1タグによるSEO効果は多く見受けられます。
先述の通り、検索エンジンとユーザーにとって「ページ内容をわかりやすく伝えるためにある」という目的があります。この目的に沿わない不適切なh1タグの設定はSEOに逆効果になります。
どのようなh1の入れ方がSEOに効果があるか?は後述します。

4.

やってはいけないh1タグの書き方

見出し要素の書き方によって、SEOに悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

Googleは、h1タグを使用して重要なテキストを強調する際に避けるべき方法を、以下検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド内に記載しています。

避けるべき方法:
・ページの構造を定義するのに効果的でないテキストを見出しタグで囲む。
・<em>や<strong> のような他のタグの方が適している場所で見出しタグを使用する。
・見出しタグのサイズを不規則に変える。
・ページ内で見出しタグを過度に使用する。
・見出しが非常に長い。
・構造を示すためではなく、テキストの書式を整える目的で見出しタグを使用する。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド - Search Console ヘルプ
4-1.

ページの内容と無関係なテキストをh1タグにする

ページの内容とh1タグに設定したテキストに食い違いが生じると、サイトを閲覧しているユーザーの混乱を招く恐れがあります。たとえば、「パソコン製品の商品ページだと思ってクリックしたら、スマートフォンの商品ページだった」場合、一体どういうサイトなのか?と混乱が生じます。

4-2.

strongやemタグの代わりにh1タグを使う

h1タグの文字サイズがちょうどいいからと、strongやemなど、他のタグの方が適している場所にh1タグを代わりに使用するのは避けましょう。文字のサイズやデザインなどを変更したい場合は、CSSなどで変更します。

4-3.

h1タグを含めた見出し要素の大きさに規則性がない

h1タグを含めた見出し要素は、h1タグの文字サイズが最も大きく、数字が大きくなるにつれて文字サイズが小さくなるのが一般的です。検索エンジンはCSSなども読み込むため、見出し要素のサイズを不規則に変えないように気をつけましょう。
たとえば、h1タグの文字サイズを小さくして、サイトの上部におく方法は推奨できません。

上図のように、見出し要素のレベルに応じて、規則性のある大きさが良い例です。
h1・・・1番大きい
h2・・・2番目に大きい
h3・・・3番目に大きい
上記のような規則性が理想です。

4-4.

過度にh1タグを利用する

HTMLの仕様において、h1タグの複数回使用は問題ありません。HTML5では複数回使用しても良いとされています。また、Googleのジョン・ミューラー氏も、「h1タグを複数使用しても問題ない」と述べています。

ただし、現状SEOの観点でh1タグの最適化を行う場合は、h1タグは1ページに1つだけ使用することをおすすめします。h1タグが複数あると、検索エンジンが重要なキーワードがどれなのか正しい判断ができなくなり、本来認識されるべき重要度やキーワードの価値が薄まってしまうためです。

4-5.

見出しのテキストが長い

見出しタグの文字数に制限は設けられていません。ただし、h1タグのテキストが長くなればなるほど、単語の数が増えて重要キーワードの価値が薄まってしまいます。

5.

やった方が良いh1タグの書き方

見出しタグの書き方はGoogleの検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド内にあるように、

Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド - Search Console ヘルプ

ことが大事です。

ここでは、やった方が良いh1タグの書き方を紹介します。

5-1.

本文の内容を端的に表す

ページ上のコンテンツのメインとなる内容は何か?想像し、h1タグをどこに使用するか決めます。
h1タグを使用して重要なテキストを強調する際は、SEOを意識しすぎるよりも、伝えたい本文の内容を端的に表すことを心がけましょう。

5-2.

見出しを簡潔にする

検索エンジンやユーザーにサイトやページの情報がわかりやすい、できる限り簡潔な見出しを設定しましょう。
h1タグに含めるテキストの文字数は、30~50文字が適切です。
長くても50文字以内に抑え、使う単語の数を最小限にして重要キーワードの密度を高めます。ユーザーの読みやすさを考慮し、簡潔にわかりやすい見出しを設定します。

5-3.

ターゲットキーワードを含める

h1タグは、ターゲットキーワードを含めます。該当ページのコンテンツの内容のうち、最も伝えたいことに関連するキーワードをh1タグに含めると、検索エンジンにキーワードの重要度が伝わりやすくなります。
もちろん、コンテンツの内容もターゲットキーワードを検索するユーザーの検索意図に沿った内容であることが前提です。

5-4.

ページごとにh1タグをユニークにする

h1タグは、必ず1ページに1つ設置するのが基本です。titleやdescriptionと同じように、h1タグも他のページとテキストが重複しないようにページごとにユニークになるよう意識します。

6.

h1タグに関してSEOでよくある質問と回答

ここでは、h1タグに関してSEOでよくある質問と回答を紹介します。

6-1.

h1タグはSEOに効果があるの?

当社の統計的な情報では、h1タグの最適化は、SEO影響度(効果)は強いです。ただし、「ページ全体を通してh1タグを適切に設置しているサイトの検索順位が上がりやすい傾向にある」ということなので、h1タグだけを最適化しても効果は十分ではありません。
h1以外の内部対策・コンテンツ対策し、その上でh1タグの最適化をおこなえば、SEO効果を得られやすくなります。

6-2.

h1タグを画像にしてもいい?

h1タグに画像を設置できます。h1に画像を設置する場合は、必ずalt属性にテキストを設定します。検索エンジンはただ画像を設置するだけでは画像の内容を把握できないため、alt属性に画像の内容を説明するテキストとターゲットキーワードを記述する必要があります。

 

alt属性の設置方法についてはこちら

6-3.

同じページに複数のh1タグがあってもいい?

Googleの見解だとh1タグを複数使用しても問題ないとしていますが、h1タグの役割を考えたときに、1つのページにh1タグを3つ、4つ設定することは現実的に考えにくいです。現状、h1タグは1ページに1つだけ使用することを推奨します。但し、サイトのロゴマークにh1を設定している場合は、記事の見出しと合わせて2つになってもSEO上、大きく影響はしないでしょう。

6-4.

titleタグとh1タグは重複してもいい?

同一ページ内はtitleタグとh1タグが重複しても問題ありません。ただし、別のページ間では問題があるため、ページごとにtitleタグとh1タグをユニークにしましょう。

6-5.

h1タグの記述場所は上部がいい?

h1タグはページの上部に記述するのが良いとされています。HTML文書はページの構造を示すものなので、h1タグはページ上部に記述するのが検索エンジンにとって優しいです。特別な理由がなければ、前半での記述を推奨します。

6-6.

h1タグをリンクにしたいがどう記述するの?

h1をはじめ、見出し要素はリンクを指定できます。

HTML文書は、以下のように記述します。
HTML5の仕様は、例1例2どちらでもh1タグにリンクを指定できます。
SEO効果はどちらも変わりません。

例1:h1タグを親要素としてリンクを指定する

<h1>
<a href=”/h1/”> h1タグとは?h1の意味とSEOとの関係性や設定方法を解説</a>
</h1>

 

例2:aタグを親要素としてh1タグを設置する

<a href=”/h1/”>
<h1> h1タグとは?h1の意味とSEOとの関係性や設定方法を解説</h1>
</a>

 

6-7.

h1タグの文字の大きさをfont sizeで変えていい?

h1タグを文字の大きさをフォントサイズ(<font size=>)で変えるのも可能ですが、あまり好ましくありません。h1タグの文字の大きさを変える場合は、CSSなどを用いて指定しましょう。

 

 

6-8.

h1タグにキーワードは何個まで入れていいの?

ターゲットキーワードの中で、最もコンテンツの内容にふさわしく、検索ボリュームやコンバージョンにつながりそうなキーワードを1つ選んでh1タグに入れるのが望ましいです。キーワードの詰め込みはh1タグに限らず、スパム扱いされる可能性があります。

7.

まとめ

  • h1タグは、ユーザーや検索エンジンにとって重要。
  • h1タグは、コンテンツの内容をわかりやすく伝えるためにある
  • h1タグにはターゲットキーワードを含め、そのコンテンツはターゲットキーワードの検索意図に合った内容にする
  • h1タグの設置はページごとにユニークで、1ページあたりに1つのみ設置する
  • h1タグの文字数は30~50文字にする
  • h1タグの乱用やhtmlタグでの装飾はよくない。

 

以上、h1の意味とSEOとの関係性、設定方法についての解説でした。


この記事をシェアする