WEBサイトのhttps化は順位に影響があるのか?

作成日(公開日):
最終更新日:
WEBサイトのhttps化は順位に影響があるのか?

2018年頃、GoogleはWEBサイトの常時https化がSEOに影響する旨を発表しました。
セキュリティ強化を目的に行うWEBサイトのhttps化ですが、WEBサイト運営者の多くは「https化することによって検索順位にどう影響するのか?」を最も心配されているはずです。
もしかすると、最近WEBサイトをhttps化して「検索順位が下落した」、「ほとんどのキーワードが圏外になった」と大きな不安を抱えて、この記事を読まれている方もいらっしゃるかもしれません。

実際、WEBサイトをhttps化したことで検索順位が下がる、または圏外となってしまう事例はよく見かけます。ただ、その多くは時間が経つと戻ってくる場合がほとんどなので安心してください。

今回は、https化による検索順位の動きやhttps化する上での注意点についてまとめました。https化をしたあとに圏外になってしまった時や、検索順位がどのように変動するのか心配でhttps化に踏み切れないという時にぜひ参考にしてください。

1.

WEBサイトのhttps化による検索順位への影響

httpsはWEBサイトとユーザーがインターネット上でやり取りするときに、データを暗号化させて第三者に情報を盗み聞きされたり、改ざんされたりしないようにする機能のことです。

https化されているWEBサイトはブラウザアクセスしたときに、アドレスバーのURLの左端に鍵アイコンが付いて「保護された通信」と表示されます。一方、https化されていないWEBサイトは、「このサイトへの接続は保護されていません」というポップが表示されます。

2018年7月からはChrome 68がリリースされ、httpsに対応していない全てのWEBサイトに「保護されていない通信」と表示されるようになったことで、https化の流れに一層拍車がかかりました。

 
ところが、このような現状を踏まえ実際にWEBサイトをhttps化したのに、検索エンジンに優遇されるどころか、逆に「検索順位が下がってしまった・・・」といった事例はよく聞く話です。
WEBサイトをhttps化した方が良いことはわかっていても、WEBサイトから集客をしている場合、このようなhttps化による検索順位への影響は非常に不安ですし、収益に直結する問題でもあります。

そこでまずは、https化による検索順位の動きについて紹介します。
 

1-1.

現時点で影響を受ける確率は1%未満

https化が検索順位を決定する要因の一つになるとGoogleが公式発表しましたが、現時点でhttps化による検索順位が影響を受ける確率は「1%未満」と言われています。httpからhttpsに移行しても検索順位が劇的に上昇するというわけではないことが分かります。

Googleは「https化による検索順位への影響は少ない」と述べていることから、この結果は想定内であったと言えます。
 

1-2.

httpsが検索順位に与える影響が大きくなる可能性は高い

Googleは、ウェブマスター向け公式ブログの中で、httpsについて以下のように述べています。

これから長い期間をかけて強化していきます。

Google ウェブマスター向け公式ブログ

上の内容から推測すると、将来的にhttpsが検索順位に与える影響が大きくなる可能性は十分あり得えます。
 

1-3.

3日~1週間後に検索順位に変動がある!?

WEBサイトによって差はありますが、多くの場合https化してから3日~1週間後に検索順位に変動がみられるようです。

これまでは検索結果の1ページに表示されていたのに、いきなり順位が下がってしまったり、場合によっては圏外に飛ばされてしまったり、といった現象が起こります。こういった現象はメインページのキーワードに限らず、ほとんどのキーワードで起こっていることがわかりました。
 

1-4.

1週間以降、徐々に順位が復活する!

WEBサイトをhttps化したあとに検索順位が下落したり、圏外となったりという事はよくあることで、少し不安な時間が続きます。

ただ、時間が経つと戻ってくる場合がほとんどなので安心してください。

https化により検索順位が下落したら、慌てることなくまずは計測をしながら様子を見守りましょう。多くの場合、1週間ほどすると一部のキーワードの検索結果が戻ってきて、それから徐々にすべてのキーワードの検索順位がhttps化以前の順位に戻ってきます。

キーワードによっては、検索順位が下がったり、戻ったりと不安定な時期もありますが、その後は元の順位に復活して同じような順位で安定してくるはずです。
 

1-5.

https化により検索順位が上がるケースもある

https化をしたあとに、検索順位が下がるケースはよくありますが、中にはhttps化をしたあとに検索順位が上がるケースもあります。

WEBサイトをhttps化した後もほとんど検索順位の変動はなく安定している、https化後に一度検索順位が下落してその後徐々に復活し、最終的にhttps化前よりも検索順位が上がったという事例もあります。
そして、多くの場合で共通しているのが、やはり検索順位が下落または圏外となってしまっても、時間が経つと復活するケースがほとんど、と言うことです。

今まさにhttps化をしたばかりで検索順位への影響が心配と不安に思われている方も、一度は圏外に飛ぶことがあるかもしれませんが、計測をしながら様子を見ていると徐々に元の順位、あるいはそれ以上の順位が戻っていく様子を確認できるはずです。
 

2.

WEBサイトをhttps化するときの注意点

仮にhttps化で検索順位が下がってしまっても、時間が解決してくるから大丈夫とわかっていても、

 

  • やっぱりhttps化するのは心配・・・
  • 検索順位が上がっているから今はhttps化できない・・・
  • https化による影響を受けないためには?

 

と思われている方は少なくないでしょう。

 

ここでは、そういった不安を払拭し、安心してhttps化をしていただくためにWEBサイトをhttps化するときの注意点を紹介します。
 

2-1.

検索順位が上がっているサイトは閑散期にhttps化する

常時https化されたWEBサイトをGoogleが評価をアップすると発表していることから、WEBサイトのhttps化はもはや避けては通れません。

ただ、検索順位が上がっているサイトや、アクセス数や収益のアップを目指しているサイトをhttps化する場合は、極力「閑散期」に実施することをお勧めします。

https化による検索順位への影響はその時々で異なるため、検索結果への影響が不安という時は、検索順位の変動が起こる可能性を視野に入れた上で時間に余裕をもってhttps化を進めた方が安心だからです。
 

2-2.

サイトを作る段階でhttps化されているのが望ましい

これから新しくWEBサイトを作るというときは、最初からhttps化したサイトを作ることをお勧めします。
エックスサーバーやロリポップなどの有名なレンタルサーバーを利用すれば、初心者でも簡単にhttps化したWEBサイトを作ることができます。

新規サイトを作る段階であれば、そもそも検索順位が下がる心配をする必要がないため、安心してhttps化に対応できます。


WEBサイトをhttps化するための作業自体は、手順どおりに進めればそれほど難しいものではありません。

 

そんな中、まだhttps化に踏み切っていない方々が心配しているのは、https化に向けた作業ではなく、https化による検索順位への影響だと思います。

 

ただ、今回紹介したようにWEBサイトをhttps化した後に下がってしまった検索順位は時間が経つと戻ってくる場合がほとんどです。計測しながら待っていれば、1週間~10日ほど、長いときでも1か月ほどで徐々に検索順位が復活するのでご安心ください。

 

もし、検索順位への影響が不安でまだhttps化をしていない時は、極力閑散期にhttps化した方が良いですし、これから新規サイトを作る場合は最初の段階からhttps化したWEBサイトを作ることをお勧めします。

 

以上、https化による検索順位の動きやhttps化する上での注意点についての解説でした。


この記事をシェアする