ハイパーリンクとは

作成日(公開日):
最終更新日:
ハイパーリンクとは

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「ハイパーリンク」のハイパーリンクの意味やWEBページにハイパーリンクを設定する方法について解説します。

1.

ハイパーリンクの意味

「ハイパーリンク(hyperlink)」とは、WEBページ上のテキストや画像などをクリックすると、別のページに移動する仕組みのことです。ハイパーリンクはリンクと略称して呼ぶことが一般的です。

WEBページでは、1ページ目から2ページ目に、2ページ目から3ページ目に移動するためにHTMLドキュメント同士をつないで導線をつくりますが、これらの導線がハイパーリンクと呼ばれるものです。ハイパーリンクを設置することを、WEBの世界では「リンクを貼る」と表現します。

尚、外部のWEBサイトからハイパーリンクを貼られることを被リンクといいますが、ユーザーにとって有益な情報を含む良質なWEBサイトから外部リンクを獲得するとGoogleの検索エンジンから評価されやすいと言われています。

2.

WEBページへハイパーリンクを設定する方法

WEBページにハイパーリンクを設置すると、WEBサイトを閲覧しているユーザーがより目的に合った情報を獲得しやすくなるほか、検索をし直すことなく他のWEBページにアクセスできるようになります。

2-1.

a hrefタグを使ってリンクを設定する

ハイパーリンクを設置するには、WEBサイトのファイルに「a href(エーエイチレフ)」と呼ばれるタグを使って記述をします。このタグを使うことで特定のページにジャンプさせることができます。

 

例えば、「<a href=”http://〇〇〇.com/(リンク先URL)”>△△△△(リンクする文書)</a>」と記述すると、リンクする文書をクリックしたときに設定したリンク先URLのページにジャンプして、新しいウィンドウでページを開くことができます。

 

2-2.

絶対パスと相対パス

ハイパーリンクを設定する今閲覧しているWEBページから、他のWEBページにジャンプすることができますが、そこで必要になるのがリンク先の位置情報です。この位置情報を示すものがパスであり、その種類には「絶対パス」と「相対パス」という2つの種類があります。

絶対パスは、現在閲覧しているWEBページから見て絶対的な位置を示すパスであり、リンク先URLの「http://」も含めてそのまま記述する方法です。
一方、相対パスは、現在閲覧しているWEBページから見て相対的な位置を示すパスで、HTMLファイルから別のファイルへリンクするときにはディレクトリの位置関係に合わせてファイル場所を指定します。

例えば、WEBページAからWEBページBにハイパーリンクを貼る場合、絶対パスと相対パスでは以下のような表記の違いがあります。

《絶対パスの場合》

<a href=”https://seoworld.jp/〇〇〇〇〇”>このページへジャンプ</a>

 

《相対パスの場合》

<a href=”/〇〇〇〇〇”>このページへジャンプ</a>

 

このように、絶対パスではリンク先のURLを全て表記するのに対し、相対パスでは共通する部分は省略して表記します。

他のWEBサイトへハイパーリンクを設定する場合は、絶対パス(http://で始まる)で表記する必要があります。

 

一方、WEBサイト内のファイルにハイパーリンクを設定する場合は、相対パス(http://で始まらない)で表記したほうがメリットが大きいです。相対パスを使うことでSSL化対応したときの作業が簡略化できたり、「http://」でディレクトリ内検索したときに外部サイトへの発リンクを探しやすかったりするため、作業効率が上がります。

 


ハイパーリンクを設定することで、必要な情報を個々で検索する必要なく、今見ているWEBページから他のWEBページへ、現在のWEBサイトから他のWEBサイトを自由に行き来できるようになります。

WEBサイトを運営する上でハイパーリンクは欠かせない機能となりますので、その特徴や仕組み、設定方法、絶対パスと相対パスの違いなどを理解した上で正しく作成していきましょう。

 

以上、ハイパーリンクの意味やWEBページにハイパーリンクを設定する方法について解説でした。


この記事をシェアする