順位だけでなく、トラフィックの増加をするためのSEO対策とは

作成日(公開日):
最終更新日:
順位だけでなく、トラフィックの増加をするためのSEO対策とは

検索トラフィックとは、SEOの観点ではWEBサイトへのユーザーの訪問数を指します。
トラフィックを増やすことでWEBページの存在をユーザーに知らせ、WEBサイトのパフォーマンスの改善につなげられます。

これまでは検索エンジンの検索結果からの流入が主流でしたが、最近はSNSからの流入などが増え、トラフィックのチャネル元は多様化しています。どの流入元からどのようにWEBサイトへの流入を増やすかは、WEBマーケティングにおける主要な課題の1つです。

本記事では、検索順位だけでなく、実際に効果のある最新のSEO対策を知りたい!という方向けに、「トラフィック数の増加を目的としたSEO対策の方法」について解説します。

1.

実際に効果のある最新のSEO対策とは?

ここでは、トラフィック数がわずか半年から一年で倍以上増加したケースでの「トラフィック数の増加を目的としたSEO対策」の方法を紹介します。
 

1-1.

トップページや下層ページに貼られた外部リンクを見直す

外部リンクは、SEOにおいて重要な要素の一つとされています。

低品質な外部リンクは評価されませんが、良質な外部リンクは評価に影響します。

 

WEBサイトやページに対してどのような外部リンクが貼られているのかをチェックツールを使って定期的に確認しましょう。

例えば、検索結果で上位表示されている他サイトと比較して、外部リンクの数が不足しているように感じた場合は外部リンクを獲得するための施策が必要です。

 

参考:検証済み:被リンクを増やす方法19選

 

 

競合性によっては、

信頼できるSEO会社に依頼して外部対策を依頼するのも一つの手です。
 

1-2.

トップページや下層ページコンテンツを見直す

検索順位を上げたいキーワードに対して、ユーザーが求めているコンテンツ内容になっているかを定期的に見直します。キーワードによっては季節や流行などが影響するため、ユーザーが求めるコンテンツ内容が異なります。

 

  • 上位表示されている他サイトがどういった内容のコンテンツを持っているか確認する
  • 上位表示させたいキーワードに対して評価されやすいコンテンツを調査する
  • 古くなったコンテンツを更新する
  • ユーザーの興味を引きやすいページタイトルや見出しをつける

 

など、トップページや下層ページのコンテンツを見直し、改善を繰り返すことが大切です。
 

1-3.

ページタイトルを見直す

検索結果で1位を取れない場合でも、ページタイトルがユーザーの検索意図に添う内容であればクリック率の向上に繋がります。トラフィックを増やすためには順位をあげるだけでなく、「クリックしたくなるタイトルづくり」も重要です。
また、タイトルはSEOに直接的に関連している箇所でもあるため、検索意図とコンテンツ内容の両方に添うタイトルを設定することが重要です。

 

1-4.

サブコンテンツ(ナビゲーション)を見直す

ユーザーはコンテンツの内容やサイト自体が使いやすいと、再訪問します。コンテンツを作り込み、新規ユーザーのトラフィックを増やせるようになったら、そのユーザーが他のページに遷移し、サイト内を回遊するようにナビゲーションや関連コンテンツを工夫します。
新規ユーザーだけでなく再訪問するユーザーを増やす事でサイトも評価され、SEOにも波及効果があります。


トラフィック数が半年から一年で倍増したというケースから主要な施策を紹介しました。

SEOの順位だけでなくCTR(クリック率)や再訪問を促す施策をしっかりと行いましょう。

 

以上、「トラフィック数の増加を目的としたSEO対策の方法」についての解説でした。


この記事をシェアする