【サーチコンソール】インデックスステータスとは?確認方法などを解説

作成日(公開日):
最終更新日:
【サーチコンソール】インデックスステータスとは?確認方法などを解説

Googleの検索エンジンのデータベースにWEBページの情報が蓄積されることを「インデックスされる」といいます。検索エンジンでインデックスされたデータが検索結果に表示されるため、インデックスされなければ検索結果に表示されることはありません。

今回紹介するGoogleサーチコンソールの「インデックス ステータス」は、GoogleにWEBサイトがインデックスされているかどうか、そしてインデックス登録されたページの総数などを確認できる便利な機能です。
インデックス ステータス画面で「インデックスが急激に少なくなっていないか?」「インデックスが急減に増えていないか?」といったことを常日頃から確認し、検索エンジンのクロールエラーを解消していくことが大切です。

それでは早速、Googleサーチコンソールの「インデックス ステータス」の確認方法について解説します。

1.

Googleサーチコンソールの「インデック スステータス」とは?

Googleサーチコンソールの「インデックス ステータス」では、WEBサイトがGoogleにきちんとインデックスされているかどうかを確認できます。

新しくWEBサイトを構築した際は、Googleの検索エンジンにインデックスされることが重要ですが、Googleの検索エンジンは全てのページをインデックスするわけではありません。
そのため、常日頃からインデックスステータス画面でWEBサイトのインデックス状況を確認し、発見したエラーの解消に努めるなど、WEBサイトのインデックス化の促進に役立てていきましょう。

1-1.

インデックス ステータスの確認方法

Googleサーチコンソールの「インデックス ステータス」の確認方法は、以下のとおりです。

 

  1. Googleサーチコンソールにログイン
    Googleサーチコンソールに登録した上で使える機能です。未登録の方は、以下の記事を参考にまずはGoogleサーチコンソールにご登録ください。
    【Googleサーチコンソール】使い方や登録方法をイラスト付きで完全解説
  2. インデックス状況を確認したいWEBサイトを選択
  3. ダッシュボード内の【Googleインデックス】をクリック
  4. 【インデックス ステータス】をクリック
  5.  WEBサイトのインデックス状況を確認する

 

【インデックス ステータス】をクリックすると、選択したWEBサイトのインデックス状況を「基本」と「詳細」という2つのページで確認できます。

 

基本:

「インデックスに登録されたページの総数」やその「推移」を時系列のグラフで確認できます。グラフをみるとインデックが更新された日付を知ることができ、グラフの線にカーソルを合わせるとインデックスに登録されたページの総数が1週間間隔で表示されます。

詳細:

「インデックスに登録されたページの総数」に加え、「ロボットによるブロック済み」、「削除済み」の項目を確認できます。ロボットによるブロック済みは、robots.txt によりブロックされてインデックスできなかったURLの総数です。削除済みは、削除ツールを使用して削除されたURLの総数です。
詳細ページでは、この3つの項目にチェックを入れる、あるいは必要な項目のみ選択して更新をクリックすることでより見やすいグラフを作成できます。

2.

インデックス ステータスで確認すべきこと

Googleサーチコンソールのインデックス ステータスを利用するときは、以下の点を必ず確認してトラブルの早期発見・解決を図ることが大切です。

2-1.

インデックス数が着実に増えているかどうか

インデックス ステータス画面を確認して、順調にグラフが上昇してインデックス登録されたページ数が増えていれば、Googleの検索エンジンが定期的にWEBサイトにアクセスできていると考えられます。
一方、インデックス化を促進するための対策を実施したにもかかわらず、インデックス数が着実に増えていない場合は、公開しているWEBサイトのページに何らかの問題が発生している可能性があります。

▶考えられる原因

この場合は、検索エンジンのクローラーがWEBサイトのコンテンツにアクセスできない、あるいは上手く認識できていない可能性があります。

▶解決方法

「robots.txt」や「noindex」によって、多くのページがブロックされている可能性があるため、これらの設定を見直す必要があります。また、コンテンツの内容が薄く、ユーザーにとって価値のないページと判断されるとインデックスされない可能性があります。インデックスされていないURLを探し出して、ユーザーにとって有益な情報になるようにコンテンツを見直す必要があります。

2-2.

インデックス数が急激に減少していないかどうか

インデックス登録されたページの総数が急激に減少している場合は、以下のようなトラブルが生じている可能性があります。

▶考えられる原因

インデックス数が増えていないのと同じで、検索エンジンのクローラーがWEBサイトにアクセスできないためインデックスから削除されている可能性があります。例えば、「サーバーに負荷がかかりすぎている」、「リダイレクトエラーが発生している」ことが原因でアクセスできない状態になっている可能性が考えられます。

▶解決方法

サーバーが過負荷の状態になっていないか、あるいはダウンしていないかどうかを確認しましょう。サーバー側に問題が発生していれば、クローラーがWEBサイトにアクセスできない可能性が高いためです。また、リダイレクトを設定する際に記述が間違っていると、正しく処理できないことが原因でインデックスされない可能性があるため、実装後は必ずリダイレクトができているかを確認しましょう。

2-3.

インデックス数が急激に増加していないかどうか

インデックス数が順調に増えている分には問題ありませんが、更新頻度に対してインデックス数が急激に増加している場合は何らかの問題が発生している可能性があります。

▶考えられる原因

急減にインデックス数が増加している場合は、URLの正規化がされるべき「コンテンツが重複している」可能性があるほか、「自動生成されたページなどにインデックスされている」可能性があります。また、場合によっては、WEBサイトが「ハッキング」を受けたことでインデックスが大量に登録されていることが原因かもしれません。

▶解決方法

重複しているコンテンツのうち、1つだけをインデックス登録させるためには「canonicalタグ」を設定します。また、Googleサーチコンソールの【セキュリティの問題】の項目で、ハッキングされているかどうかを確認できます。
ハッキングされているURLを確認したら、早急にヘルプにあるトラブルシューティングを利用しましょう。

 


SEOを強化してWEBサイトにアクセスを集めるには、まずGoogleの検索エンジンにインデックスされる必要があります。そのインデックス登録の総数や推移を確認できる便利な機能が、今回解説したGoogleサーチコンソールの「インデックス ステータス」という項目です。

 

インデックス登録の数が増えない限り、WEBサイトにアクセスを集めることはできないため、SEOを強化するためにも日常的にインデックス ステータスのデータを確認し、問題が発生していた場合は早急に解決することが大切です。

 

以上、Googleサーチコンソールの「インデックス ステータス」の確認方法についての解説でした。


この記事をシェアする