SEO効果を高める内部リンクの貼り方とは?初心者向け内部リンク最適化のポイント

作成日(公開日):
最終更新日:
SEO効果を高める内部リンクの貼り方とは?初心者向け内部リンク最適化のポイント

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「内部リンク」の意味やSEO効果を高める内部リンクの貼り方について解説します。

1.

内部リンクの意味は?

そもそもリンクとはハイパーリンクの略称です。ハイパーリンクはクリックしたときに、別のページまたはファイルにジャンプできる様プログラムされたHTMLソースのことです。リンクには内部リンクのほか、外部リンク、発リンクといったように種類があります。外部リンクは別名「被リンク」、「バックリンク」と呼ばれ、外部のサイトから貼られるリンクのことを指します。

内部リンクは、その名の通り「WEBサイト内のページ同士で貼られたリンク」のことです。例えば、WEBサイトを閲覧するとよく目にする「パンくずリスト」「グローバルメニュー」「ヘッダー」「フッター」「サイドバー」「コンテンツ内の本文に貼られたリンク」などが代表的な内部リンクです。

1-1.

内部リンクの最適化が重要なわけ

内部リンクを最適化することにより、下記のような効果が期待できます。

 

  • クローラーの巡回が促進する
  • クローラーがリンク先の内容を正しく理解しやすくなる
  • WEBサイト内で重要なページであると評価してもらえる
  • ユーザーの満足度やコンテンツの利便性向上

 

WEBサイト内を巡回する検索エンジンのクローラーは、内部リンクを辿りリンク先ページを巡回します。巡回した際に読み取ったデータは、データベースに蓄積され、検索されたキーワードに対して最適なページが検索結果に表示されるようになります。内部リンクは運営者自身が「調整することができるリンク」であることから、適切な方法で内部リンクを最適化することによって、結果的にSEOの効果が期待できます。

 

2.

最適化のポイント!SEO効果を高める内部リンクの貼り方

SEO対策における重要な要素となる内部リンクは、外部リンクとは違い自社で調整が可能です。そのため、最大限効果を得らえるように以下のような「内部リンク最適化のポイント」を押さえた上で対策を実施しましょう。

2-1.

内部リンクのアンカーテキストはわかりやすく

内部リンクに設定されたアンカーテキストは、ユーザーにも検索エンジンのクローラーに対しても、そのリンク先にどのようなコンテンツや情報があるのかを示す重要なテキストです。そのため、「こちらへ」というようなテキストではなく、リンク先ページのテーマに沿った「わかりやすいアンカーテキスト」を記載するようにしましょう。

わかりやすいアンカーテキストの例として「SEOとは」というキーワードを意識した内部リンクを設置する場合

ただし、内部リンクのアンカーテキストに無理やりキーワードを詰め込む方法は、スパム行為と判断されてしまう危険があるため、入れ込み方には注意が必要です。アンカーテキストに記載するテキスト情報は、「ユーザーの利便性」を考えた上で具体的なキーワードを用いることが大切です。

2-2.

重要なページを集めてクローラーが巡回しやすい構造を作る

Googleの検索エンジンのクローラー技術は年々向上していることから、内部リンクを貼られたページとリンク先のページの記事が全く無関係であれば、品質の低いリンクだと検索エンジンに見なされてしまいます。よって、WEBサイト内において重要なページであると評価してもらうには、「関連のあるページへのリンクを貼ること」が鉄則です。

「グローバルナビゲーション」や「ローカルナビゲーション」などを設定し、「重要なページに内部リンクを集める」ことでクローラーが巡回しやすい構造を作ることができれば、検索エンジンにWEBサイトの内容を正しく認識されやすくなりSEO効果が期待できます。

2-3.

質の高い関連するコンテンツを増やして有効な内部リンクを貼る

検索エンジンから評価されやすい内部リンクは、リンク先のコンテンツとの関連性が高いことが重視されています。そのため、より質の高い内部リンクを増やすためにも、WEBサイト内に「質の高い関連するコンテンツを増やす」ことが大切です。

例えば、すでにあるコンテンツと関連するキーワードを探してテーマを決め、関連性を意識した良質なコンテンツを作ることができれば、自然とSEO対策に有効な内部リンクを増やすことができます。


内部リンクを最適化することで、クローラーの巡回効率が上がり、リンク先の内容を正しく理解してもらいやすくなるため、SEOの効果が期待できます。ユーザーの利便性や満足度の向上にも繋がるため、アクセス数増加、滞在率や回遊率の増加、結果的にナチュラルリンク獲得などに繋がる可能性も高まるためSEOへの相乗効果が期待できます。

 

外部リンクとは異なり、WEBサイトの運営者自身が内部リンクの調整や設定ができるので、関連する良質なコンテンツを増やしながら内部リンクの構造を最適化し、ユーザーにとって使いやすいWEBサイトを目指しましょう。

 

以上、「内部リンク」の意味やSEO効果を高める内部リンクの貼り方についての解説でした。


この記事をシェアする