キュレーションメディアに対してGoogleが日本独自のアップデートを実行

作成日(公開日):
最終更新日:
キュレーションメディアに対してGoogleが日本独自のアップデートを実行

近年、キュレーションメディアによる検索結果の品質低下の問題が大きく取り沙汰されていましたが、品質向上にむけてGoogleがこれまでにない「日本独自のアップデート」を実行しました。

今回は、日本独自のアルゴリズムはあるのか?キュレーションメディアに対する規制はあるのか?といった疑問をお持ちのSEO担当者向けに、Googleが2017年2月に実施した「日本独自アルゴリズムのアップデート」について解説します。

1.

日本独自アルゴリズムのアップデートとは?

2017年2月3日付けのGoogleウェブマスター向け公式ブログ「日本語検索の品質向上にむけて」にて、日本語検索独自のアップデートがなされたことが発表されました。

今回の検索アルゴリズムアップデートは、これまでとは違い「日本独自のアップデート」であること、そして近年問題視されていた「キュレーションメディアへの対処のように見てとれる」ことが大きな注目を集めました。

それでは早速、アップデート内容について紹介します。

1-1.

Google初!日本独自のアルゴリズム

Googleはこれまで、世界規模で検索アルゴリズムのアップデートを行っていました。
しかし、今回の変更は「日本独自のアルゴリズム」がアップデートされるという極めて異例な対応で、その内容は日本語検索結果に表示される「低品質なサイトへの対策」を意図したアルゴリズムとなり、オリジナリティのない品質の低いサイトの順位が下がるように評価方法に改善が加えられています。

1-2.

キュレーションメディアに対する規制?

今回のアップデートは、日本語検索だけに適用された事以外にも注目された点があります。
それが、「キュレーションメディアに対する規制なのでは?」と推測されている点です。

これまでもGoogleは、オリジナリティの低いサイトを評価しないという方針を明言していましたし、Googleから「キュレーションメディアへの対処」という発表が正式に行われたわけではありません。

しかし、日本独自のアップデートが発表されたタイミングが、ちょうど日本のキュレーションメディアの問題が表面化していた時期でもあったため、「キュレーションメディアを狙い撃ちしたアップデートである」との推測が専門家の間で起きています。

実際、アップデート後のキュレーションメディアの順位変動は大きく、このような状況からも今回のアップデートによる標的になったのはキュレーションメディアであるという見方がさらに強くなりました。

2.

日本独自のアップデート後、どのような対応をするべきか?

アップデートが実施されて以降、「今後どのような対応をするべきか」と気になる方も多いのではないでしょうか。

2-1.

キュレーションメディアを運営する上での対策

キュレーションメディアを運営している場合は、「コピペを多用してコンテンツを作成していないか」「公開するコンテンツの信憑性は保たれているか」などに気を付け、オリジナリティを強化したWEBサイトを構築することが大切です。

今回のアップデートに関しては、キュレーションメディアの運営自体が悪いとされているわけではありません。実際、独自のオリジナル記事や新鮮度の高い情報を掲載したサイトで上位表示されているサイトも多くあります。

そのため、今後キュレーションメディアを運営していく上でこのアルゴリズムに向けた対策をとるとすれば、「ユーザーに有益で、信頼性の高い情報を提供し続ける」ということが大切です。

2-2.

キュレーションメディア以外なら大丈夫?

キュレーションメディアにフォーカスしたアップデートという見方が強い中、「キュレーションメディア以外なら大丈夫?」と考える方も多いようですが、その考えには注意が必要です。

今回のアップデートは手動ではないため、キュレーションメディア以外のオウンドメディアを運営している場合も、オリジナリティが低いサイトと判断されれば検索順位が下がってしまう可能性があります。

そのため、オウンドメディアを運営している場合も、キュレーションメディア同様にサイト内のコンテンツを振り返り、コピペだけで記事を書いていないか、内容に信憑性はあるのかどうかを確認することをおすすめします。


今回のように、Googleが特定のサイトに対して規制をすることは非常に稀です。そのため、今後どのような展開をしていくのか気になりますが、あくまで「ユーザーにとって有益で、信頼できる情報を提供」することができればマイナスな影響を及ぼすことはないでしょう。

 

以上、「日本独自アルゴリズムのアップデート」についての解説でした。


この記事をシェアする