キーワード出現率とは

作成日(公開日):
最終更新日:
キーワード出現率とは

SEOでよく用いられる単語の中から、今回は「キーワード出現率」の意味やSEO効果について解説します。

1.

キーワード出現率の意味は?

「キーワード出現率」とは、検索結果で上位表示させたいキーワードがWEBサイト内に出現する回数、テキストの総単語数に対する割合のことを指します。キーワード密度やKeyword Densityとも呼ばれます。

少し前までは、「キーワード出現率は何%がベスト?」という議論が多くされていたため、一説にはキーワード出現率は3%ぐらい、5%ぐらいが良いと言われることがありました。現在は、Googleにおけるアルゴリズムの状況が刻々と変化しているため、キーワード出現率が評価に影響を与える可能性は少ない、という見解が広がっていますが、賛否両論があります。

たとえば、ターゲットキーワードのキーワード出現率が0%であれば当然、上位表示される可能性も低くなりますし、比率が高いほど検索エンジンに誤認されづらくなる、という側面は確かにあるので、依然完全に排除することができない要素でもあります。

2.

キーワード出現率のSEO効果について

キーワード出現率が評価に影響するとされていた時代に比べ、現在のアルゴリズムはより進化し、検索エンジンの文章の認識能力も大きな進歩を遂げています。そのため、キーワード出現率をある程度維持しながらも、文章が不自然でないことやユーザーにとって有益な情報が含まれているかどうかを強く意識する必要があります。

2-1.

キーワード出現率よりも自然な文章がSEOには有効!

キーワード出現率も良質なコンテンツを、という主張の背景には、出現率を意識し過ぎると文章が不自然になってしまい、コンテンツの質やページへの評価を落とすことにも繋がりかねない、という考え方から来ています。

たとえば、「SEOSEOSEOSEOSEOSEOSEO・・・」という文字列を闇雲に入れ込んでも「SEO」で検索するユーザーの意図は「SEOという文字の羅列を見たいわけではない」ので、Googleからは評価されません。

あくまでユーザーファーストでコンテンツを作成し続ける限り、選定したキーワードやタイトルをもとに文章を作成すれば、キーワード出現率は自然と2%~5%程度と適切な数値になります。

そのため先ずは、キーワード出現率を意識し過ぎる必要はなく、ユーザーにも検索エンジンにも分かりやすく信頼できる良いコンテンツを作ることがSEOには有効です。

2-2.

キーワード出現率チェックツールを使って出現率を確認!

自然な文章を書くことがSEOに有効であることが分かりましたが、キーワード出現率を完全に無視することはできません。
インターネット上にはキーワード出現率をチェックするツールも多数ありますので、気になる方は調査してみるとよいでしょう。

 


ユーザーにとって有益な情報が含まれた上質なコンテンツを作ることが検索順位の向上に欠かせない施策ですが、キーワード出現率が0%であればSEO効果はあまり期待できません。

 

ただし、過剰に詰め込みすぎて、ユーザーにとって有益な情報を発信できていない、という事がないようにバランスをとっていく必要があるでしょう。

 

以上、「キーワード出現率」の意味やSEO効果についての解説でした。


この記事をシェアする