リンクビルディングとは

作成日(公開日):
最終更新日:
リンクビルディングとは

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「リンクビルディング」の意味や質の高い被リンクを増やす方法について解説します。

1.

リンクビルディングの意味は?

「リンクビルディング」とは、インターネット上で他のWEBサイトからリンクを受ける、すなわち「被リンクを獲得する」ことを指します。多くの被リンクを獲得することで検索エンジンから高い評価を得るなど、SEOの観点からも重要な要素の一つとして知られています。

1-1.

リンクビルディングにおける課題

以前は、検索エンジンの検索結果を操作することだけを目的に、相互リンクリンクファームなどで被リンクを獲得する手法が用いられていました。しかし現在は、作為的な方法で被リンクを獲得する手法は、Googleからの評価が下がってしまう可能性をはらんでいます。

そのため、SEOの重要な要素となるリンクビルディングによる効果を高めるためにも、良質な被リンクをどれだけ“自然に”集めるかが重要になります。

検索エンジンにおける認識技術の精度が高まる中、効果的なリンクビルディングを行うために「どのように自然な被リンクを獲得するか」という点が、リンクビルディングにおける最大の課題となります。

2.

より自然な形で被リンクを獲得する方法

続いては、リンクビルディングを展開する上で押さえておきたい「より自然な形で被リンクを獲得する方法」についてまとめています。

2-1.

リンクを貼りたいと思わせる質の高いコンテンツを作る

自然な形で貼られるリンク、すなわち「自然リンク(ナチュラルリンク)」は、

  • ユーザーの課題を解決する
  • リンクしたくなるような有益で良の高いコンテンツを作る

ことが大切です。
例えば、コンテンツの内容が明確で興味を惹く「ページタイトル」や「見出し」であれば、ユーザーが一目で有益なコンテンツだとわかりますし、リンクを貼りたいという思いをかき立てるきっかけとなるかもしれません。

2-2.

定期的にWEBサイトを更新してユーザーの信頼を得る

ユーザーがWEBサイトを閲覧する上で、訪問したWEBページの情報がとても古く、その後の更新も長く止まっているようなWEBサイトであった場合、リンクを貼りたいという気を低下させてしまいます。自然リンクの獲得機会を逃してしまうリスクや獲得していたリンクが減ってしまう原因にもなります。

ユーザーからの信頼を獲得し、リンクしたいと思わせるWEBサイトを運営するためにも、「定期的にコンテンツの更新」を行う他、ユーザー体験の向上のためにも「WEBサイトの改善を繰り返す」ことが大切です。

2-3.

スマートフォンとSNSを活用して拡散する

スマートフォンからWEBページを閲覧するユーザーが増えている現状を考慮し、「スマートフォン対応のWEBサイト制作を実施」して良質なコンテンツをアップしていきましょう。また「ブログやSNSを活用してコンテンツが拡散」されれば、質の高い被リンクを多く獲得できるようになります。

SNSによる拡散がSEOに直接的な効果を及ぼすことはありませんが、拡散されることで多くのユーザーの目に留まる確率が高まり、WEBサイトへの訪問数や自然リンクの獲得につながりやすくなります。


質の高いコンテンツを掲載したWEBページには価値のある自然リンクを集めることができるため、結果的にリンクビルディングの効果を高めることにもつながります。

 

かつての手法を用いて無暗に被リンクを集めることはせず、「ユーザーにとって価値の高いコンテンツを作成する」「SNSにより拡散されやすいWEBサイトを構築する」などして、より自然な形で被リンクを獲得することが現在のSEOにおいて最も重要な施策となります。

 

以上、「リンクビルディング」の意味や質の高い被リンクを増やす方法についての解説でした。

 


この記事をシェアする