SEOにおけるリンクとは?Webサイトで使用されるリンクの意味や種類を知ろう!

作成日(公開日):
最終更新日:
SEOにおけるリンクとは?Webサイトで使用されるリンクの意味や種類を知ろう!

WebマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回はSEOやWebサイトでよく用いられるリンクの意味や種類について図説付きで解説します。

1.

リンクとは?

WEBマーケティング上の意味では、リンク(Link)とは、「ハイパーリンク(Hyperlink)」の略称です。日本語では、鎖・つながる・結びつく、などの意味です。

1-1.

ハイパーリンクとは

インターネット上では、あるWEBページの所在地となる住所(URL)のことをハイパーリンクと呼びます。
ハイパーリンクをクリックすると他のWebページに遷移する仕組みになっています。
例えば、あるページ目から別のページ目へと移動するには、ページ同士をつなげて導線を作る必要があります。ページとページの間をつなぐ導線がリンクであり、ハイパーリンクを設置することをWeb用語では「リンクを貼る」と言います。

1-2.

リンクの表示例

HTMLでは、以下のようにリンクタグを記載してリンクを貼ります。

 

<a href=”リンク先のURL”>テキスト</a>

 

下の画像では、枠に囲まれて文字が青くなっている部分がリンクです。

リンクをクリックすると、他のページに遷移します。

アンカーテキスト内に画像を設定すると、テキストに限らず、画像にもリンクを貼ることができます。

リンクタグ(リンクテキスト)の適切な設定方法については、↓こちらをご覧ください。

リンクタグ(リンクテキスト)の適切な設定方法

1-3.

リンク先への遷移例

リンクを設置すると、現在開いているページと他のページが関連付けられ、リンクをクリックするとリンク先のページに遷移できます。

2.

SEOにおけるリンクとは?

SEO上でのリンクは、概ね、

・被リンク

・発リンク

の2種類に分類されます。

 

さらに、Webサイトの属性により、被リンクと発リンクは、

 

  • 内部リンク
  • 外部リンク

の2つに分類されます。

 

これらを組み合わせると以下のようになります。

 

  • 内部被リンク・・・自社サイトの別ページからの被リンク
  • 内部発リンク・・・自社サイトの別のページへの発リンク
  • 外部被リンク・・・外部サイトからの被リンク
  • 外部発リンク・・・外部サイトへの発リンク

 

順番に見ていきましょう。

2-1.

被リンク

被リンクは、「Webページが他のページからリンクを受けている」ことを指します。

2-2.

発リンク

発リンクは、「Webページから他のページへリンクを発する」ことを指します。

2-3.

内部リンク

内部リンクは、同じWebサイト(同じドメイン)内のページ間でのリンクのことを指します。

2-4.

外部リンク

外部リンクは、「自社のWebサイトと他のWebサイト間でのリンク」のことを指します。

2-5.

4つのリンクの特徴

先述の通り、被リンクと発リンクを、内部リンク・外部リンクの2つの軸で整理すると、以下4つのリンクに分類できます。

 

・内部被リンク・・・自社サイトの別ページからの被リンク

・内部発リンク・・・自社サイトの別のページへの発リンク

・外部被リンク・・・外部サイトからの被リンク

・外部発リンク・・・外部サイトへの発リンク

▶内部被リンク

内部被リンクは、同じサイト(同ドメイン)内の他のページから受けているリンクのことです。
下の図のように、自社サイトのトップページに、同じサイト内の他のページからリンクを受けているイメージです。

内部被リンクは重要なページ(TOPページやカテゴリーページ)に集中しやすいため、検索結果に表示されやすいページです。現在では、以前と違って、TOPページやカテゴリページだけでなく、個別の詳細ページも上位にあがりやすくなっています。これは以前よりもgoogleがサイト全体の評価とは別に個々のページ自体も評価できるようになったためです。

▶外部被リンク

外部サイトから自社サイトに受けているリンクのことです。
通常、「外部被リンク」という表現は用いません。
通称は、「被リンク」「外部リンク」「バックリンク」と呼ばれます。

▶内部発リンク

同じWebサイト(同じドメイン)内の他のページに発するリンクをすることです。
自社サイトのコンテンツに対して、関連性のあるページへ発リンクを貼ると、ユーザーは関連する情報を深く知ることができるため、Googleに評価され、SEOに好影響があります。

▶外部発リンク

自社のWebサイトから外部のWebサイトへ発するリンクのことです。リンク先のWebサイトのSEO評価が高まります。
外部のWEBサイトであっても、ユーザーにとって有益な関連性の高いページに向けてリンクを設置すると、「ユーザーにとって良いリンク」になるため、自社ページのgoogleからの評価があがることがあります。

3.

慣用的な言い方

  • 商品ページにリンク付きのバナーを貼る。
  • 詳細ボタンをクリックすると指定した商品ページにリンクします。
  • 自社サイトに業務提携会社の関連サイトのリンクを貼る。
  • スマートフォン専用サイトはこちらのリンクをタップしてください。
  • 重要なページに内部リンクを集中させる。
  • 良質なコンテンツを作成して自然な被リンクを集める。
4.

SEOで使われる「リンク」に関する用語集


今回紹介したように、SEOでのリンクは被リンク・発リンクの他、Webサイトの属性により内部リンク・外部リンクに分類されます。リンクごとの意味や特徴をしっかり理解した上で、SEO対策を進めていくことが重要です。

 

以上、Webマーケティング用語としてのリンクの意味や種類についての解説でした。


この記事をシェアする