リスティング広告とは

作成日(公開日):
最終更新日:
リスティング広告とは

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「リスティング広告」の意味、そしてリスティング広告を運用するメリットやデメリットについてまとめています。

1.

リスティング広告の意味は?

「リスティング広告」とは、GoogleYahoo!などの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに応じて表示される広告のことです。検索キーワードに連動した広告が検索結果に表示されることから、「検索連動型広告」とも呼ばれます。

Googleが提供する「Google 広告アドワーズ広告(Google Adwords)」、Yahoo!が提供する「Yahoo!広告スポンサードサーチ」などがリスティング広告にあたります。

1-1.

リスティング広告の特徴

リスティング広告の最大の特徴は、ユーザーからクリックされて初めて料金が発生するという仕組みです。リスティング広告にかける予算の上限は広告主側であらかじめ決めることができます。

検索結果の画面では、リスティング広告ではない一般のWEBページよりも上の部分に掲載されますが、ユーザーに広告だと知らせるために「広告」という表記が示されます。

1-2.

リスティング広告とSEOの違い

WEBサイトで集客を増やすために行うのが、SEM(検索エンジンマーケティング)です。リスティング広告と同じくWEBサイトを運営する上で欠かせないSEM施策が「SEO」です。

SEOは検索結果の上位に表示されるために、WEBサイトを検索エンジンに評価されるよう最適化する対策であり、長期的な施策を続けることで効果が得られやすいと言われています。その一方で、リスティング広告は、掲載を始めると短時間の施策であっても検索結果に上位表示されるなど、即効性が見られる施策として知られています。

どちらの施策にもメリットとデメリットがあるため、そのときの状況に合わせてWEBサイトの最適化を進めることが重要です。

2.

リスティング広告を運用するメリットとデメリット

リスティング広告をより有効に活用して成果を高めるためにも、以下のようなリスティング広告を運用するメリットやデメリットを理解しておくことが大切です。

2-1.

リスティング広告を運用するメリット

リスティング広告を掲載するとユーザーの検索と連動してすぐに検索結果に表示されるなど、「即時性の高さ」が大きなメリットです。さらに、広告が掲載された後はユーザーがクリックするごとに課金されるシステムになっているため、「クリックされない限り費用はかからず」「予算に合わせて自由にクリック単価を設定できる」といった魅力があります。

その他、商品やサービスなどに高い関心や興味を持つターゲットユーザーを絞り込むことで、キーワードの選定がしやすく、そのユーザー層に対して効率よく広告をクリックしてもらえる可能性があります。

2-2.

リスティング広告を運用するデメリット

リスティング広告を運用すると、クリック率(CTR)の高さや即時性の高さ、クリック課金制、ターゲットを絞れるなど様々なメリットがありますが、その一方で、デメリットになる面もあることも押さえておきましょう。

例えば、最近のユーザーは検索結果に表示されているリスティング広告を“広告である”と知っているケースが増えたことで、「ユーザーが無意識に広告のクリックを避ける」といった傾向にあります。

さらに、資金面でいえば、即時性の高いリスティング広告の効果を保ち続けるためには、広告を利用し続ける必要があるため、その分「広告費用も払い続けなければならない」といったデメリットがあります。限られた広告予算であれば長く運用し続けることが難しいため、リスティング広告を運用するためには当分のあいだ支払い続けられる費用を確保することが優先されます。


GoogleやYahoo!などの検索エンジンが独自に展開するリスティング広告は、検索されたキーワードに応じて広告を表示させられる機能であり、効率よくクリック率を高めるためにも有効なSEM施策です。新しいWEBサイトの立ち上げ時など、即時性を求めるような場合にはリスティング広告、長期的な施策としてWEBサイトの露出度を高めたいという場合にはSEOに取り組むとより効果的です。

 

リスティング広告の運用にはメリットもデメリットもあるため、短期的・中期的・長期的など、そのときの状況に合わせてリスティング広告やSEOをそれぞれ併用することで集客や売上アップにつなげていきましょう。

 

以上、「リスティング広告」の意味、そしてリスティング広告を運用するメリットやデメリットについての解説でした。


この記事をシェアする