ペンギンアップデートとは

作成日(公開日):
最終更新日:
ペンギンアップデートとは

WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「ペンギンアップデート」の意味やパンダアップデートの違い、ペンギンアップデート導入後の対策について解説します。

1.

ペンギンアップデートの意味は?

「ペンギンアップデート」とは、Googleが導入した検索エンジンのアルゴリズムアップデートのひとつで、Googleのガイドラインに背くブラックハットSEO(主にリンク操作)を実施しているWEBサイトの検索順位を下げることを目的としたアルゴリズムです。

2012年4月に最初のペンギンアップデートが実施されて以降、数回更新されてきましたが、ここ数年で最も大きな更新は2016年9月に実施された「ペンギンアップデート4.0」です。尚、この更新以降、アップデートは発表なく、自動で行われるようになりました。

1-1.

ペンギンアップデートが導入された背景

ペンギンアップデートが導入される以前は、「隠しテキスト・隠しリンク」「ワードサラダ」「クローキング」「コピーコンテンツ」「過剰な相互リンク集」など、Googleの品質ガイドラインに違反するSEO手法である「ブラックハットSEO」を用いているWEBサイトが検索結果の上位に表示されるという事態が生じていました。

ユーザーファーストを掲げるGoogleは、この状況を重く見て、このようなブラックハットSEOを用いているWEBページの評価を下げて、価値のあるWEBページを上位表示することを目的に「ペンギンアップデート」を導入しました。

1-2.

ペンギンアップデート導入後の影響

ペンギンアップデート導入初期(2012年)は、検索結果に上位表示するために行われるSEOスパムリンク操作などのブラックハットSEOを行うWEBサイトは、Googleのガイドラインに違反する行為をしていると判断されるようになりました。該当するWEBサイトは、導入以前は検索上位に表示されていたWEBサイトも、ペンギンアップデート導入後は評価が下がり、検索順位が下がるようになりました。
これによって以前の「外部リンクが多いと評価が高い」という常識が覆り、「外部リンクの質」が求められるようになりました。

但し、2016年9月にあったペンギンアップデート4.0で内容が大きく変わりました。
従来のペンギンアップデートでは、ブラックハットSEOを用いるWEBサイトを「マイナス評価」してきましたが、ペンギン4.0以降では「マイナスでもプラスでもなく、ゼロにする=評価しない」という方針に変更されました。
これは、「マイナス評価」を逆に利用して、リンクを用いて「順位を下げる手法」が横行するようになったためです。このような特定のWEBサイトの検索順位を下げるために意図的に行われる「逆SEO」や「ネガティブSEO」等のスパム行為に対して、ただ評価を下げてしまうアルゴリズムですと悪用され続けるので、「評価をしない=無視する」というアルゴリズムにアップデートされました。

このペンギンアップデート4.0以降では、このアルゴリズムに関してのアップデートは、リアルタイム更新に変更され、スパムのシグナルに基づいてランキングを自動調整するようになっています。

2.

ペンギンアップデートとパンダアップデートの違い

ペンギンアップデートは、ブラックハットSEOや逆SEOなど、Googleのガイドラインに背く不正行為、主に「リンク操作」を行っているWEBサイトに影響を与えるアルゴリズムです。それに対し、パンダアップデートは、WEBサイトにアップされた「コンテンツの質」に対する評価を行うアルゴリズムです。

Googleでは、ユーザーの有益な情報を持つ価値の高いコンテンツや、使いやすさを第一に考えたWEBサイトを高く評価する傾向にあります。このことからも、評価を行う対象は違えどもペンギンアップデートとパンダアップデートそれぞれの影響をよく理解して、Googleが掲げるユーザーファーストの方針に則ったWEBサイトを運営することが理想です。

3.

ペンギンアップデート導入後の対策について

先述の通り、Googleからペンギンアップデートが導入されて以降、以下のようなWEBサイトからのリンクは評価がゼロになりました。

 

  • 不必要に過剰な外部リンク
  • 評価の低いWEBサイトからの外部リンク
  • 内容の薄い相互リンク集

 

このような現状から、評価が上がるような対策についてまとめました。

 

3-1.

Googleのガイドラインをしっかり理解する

WEBサイトの検索順位が下がる、あるいは評価されないといった現象は必ずしもペンギンアップデートによる影響とは限りません。だからこそ、「Googleのガイドラインをしっかり理解する」ことで、様々なアルゴリズムアップデートにも強いWEBサイトを構築できます。

3-2.

Googleの最新情報をチェックする

検索エンジンの認識技術は日々改良が重ねられているため、アルゴリズムアップデートの最新情報を常にチェックしながらSEO対策を行うことが大切です。

3-3.

Googleの方針に沿ったSEOを行う

理解した上で、googleのガイドラインに沿ったサイトを作成し、最新情報に合わせてメンテナンスを続けていきます。たとえば、最近ではモバイルページの強化や常時SSL化などが重要視されています。このような対応を怠ると、他のSEO施策の効果が出づらくなります。

3-4.

Googleサーチコンソールからリンク状況を定期的にチェックする

最新情報は運用だけではなくチェックにも役立ちます。Googleサーチコンソールから自社サイトに貼られているリンクの内容が確認できます。「評価がゼロ」になったとはいえ、どういったサイトからリンクが貼られているのか確認し、必要であればリンク否認などのメンテナンスを行います。

3-5.

自然リンクを獲得するために良質なコンテンツを作成する

不自然なリンクではなく、自然なリンクを獲得するのが理想です。そのためには、「良質なコンテンツ」を作成して「自然なリンク(ナチュラルリンク)を獲得」することが大切です。自然リンクを多く獲得することで有益な情報が多いWEBサイトだとユーザーに評価され、検索エンジンにも価値の高いWEBサイトであると認識されやすくなります。


WEBサイトから集客や収益アップを狙うためにも欠かせないSEO対策ですが、Googleのガイドラインのスキを突いた不正なブラックハットSEOを行うWEBサイトは、ペンギンアップデート導入以降、検索順位が下がる、評価されない等の影響を受ける危険性があるため非常に危険です。

 

知らず知らずのうちにペンギンアップデートの影響を受ける不正行為をしてしまわないように、ペンギンアップデートによる影響やその後の対策についての理解を深めながら、ユーザーに有益で価値のあるコンテンツ作成とWEBサイト内の改善を続けていきましょう。

 

以上、「ペンギンアップデート」の意味やパンダアップデートの違い、ペンギンアップデート導入後の対策についての解説でした。


この記事をシェアする