ALL POSTS
全記事一覧

2015年5月に、コンテンツの品質の評価に関わるアルゴリズム「クオリティ・アップデート」が実施されました。今回は、クオリティ・アップデートって何?といった方向けに「クオリティ・アップデート(ファントム・アップデート)」の特徴やSEOへの影響について解説します。

サイトマップの登録はWEBサイトへのアクセスが増加したり、検索順位にいい影響を与えたりすることから、SEOの内部対策の観点からみても設置するのが望ましいとされています。

こちらの記事では、Googleサーチコンソールに含まれる機能の一つである「サイトマップ」に注目して、この機能の概要とサイトマップの作成・登録方法についてわかりやすく解説します。

公開はしているけど検索エンジンにインデックスされたくない時は「robots.txt(ロボッツ・テキスト)」を使用し、検索エンジンに対して特定のページをクロールしないように指示できます。今回は、クロールの最適化に欠かせないrobots.txtに記述する構文や、文法が間違っていないかを確かめたり、正しく動作しているかどうかを確かめたりできるGoogleサーチコンソールのrobots.txtテスターの使い方をわかりやすく解説します。

WEBサイトのインデックス数やSEO効果を促進させるためにも上手く活用したい機能として、今回はGoogleサーチコンソールの「Fetch as Google」について詳しく解説します。

Fetch as Google はGoogleのサーチコンソール内の機能の一つです。WEBページのインデックス数の促進などが可能ということもあり、うまく活用したい機能です。

それでは早速、Fetch as Google機能の種類や基本的な使い方について初心者の方にもわかりやすく紹介します。

検索エンジンのクローラーがWEBサイトを巡回し、データを収集することをクロールといいます。SEOを強化して検索結果で上位表示されるには、まずクロールやクローラーに関することをきちんと理解することが大切です。今回はSEOを実施するにあたり重要な指標となる「クロールの統計情報」の使い方や基本的な見方について解説します。

スマートフォンなどのモバイル端末でWEBサイト表示の見え方が問題ないかをチェックできるツールがGoogleサーチコンソールの「モバイル ユーザビリティ」という機能です。

モバイルユーザーにとってWEBサイトの使い勝手をより良いものにすることはもちろん、Googleの検索ランキングに影響を及ぼす重要な要素とされているモバイルユーザビリティの問題を解決するためにも、この機能によるチェック方法や使い方などをしっかり理解しておくことが大切です。

それでは早速、Googleサーチコンソールの「モバイル ユーザビリティ」について解説します。

“検索エンジンからの集客や収益を増やして欲しい!”とWEB担当者に任命されたものの、「SEO対策の経験がなく、何から手を付けたらいいか分からない」とお困りの方も多いはず。そんな時には、SEO対策のプロである『SEO対策会社』に依頼することをおすすめします。

日本には、たくさんのSEO対策会社が存在します。そのため、はじめての方の中には『どの会社も違うことを言っていて何がいいのか分からない』『サービス内容が全く違ってどれを選べばいいのか分からない』『たくさんあって選べない』など、SEO対策会社選びに苦戦される方も多いようです。

そこで今回は、SEO対策初心者の方向けに『SEO対策会社の特徴』をタイプ別に分けて詳しく紹介させていただきます。
それぞれの特徴をしっかり理解した上で、自社のニーズや状況に合わせて最適なSEO対策会社を選定しましょう!

SEOの知識をつけてWEBサイトからの集客アップを目指すという方におすすめしたいのが、SEOを学ぶための「書籍」を購入するということです。
簡単なSEO対策の手法から専門的なSEO対策の手法まで、体系化されたSEOの知識を色々と学べます。

そこで今回は、SEOを勉強したいというSEO対策の初心者向けに参考になる書籍をご紹介します。

近年、検索エンジンの性能向上に伴い、小手先のテクニックではなく本質的な施策が必要となっています。
そこで最近、SEO対策に関わる人のあいだでよく耳にするようになったのが「検索エンジンではなく、ユーザー視点でWEBサイトを構築しよう」といった話です。

ユーザビリティに優れたWEBサイトを作ることは、SEOに優れたWEBサイトを作ることと共通している部分もあるため、その結果「ユーザー視点でWEBサイト作りをしていればSEO対策が成り立つ」といった風に解釈されることがあります。
果たしてそれは、SEO対策の観点において本当に正しいことだと言えるのでしょうか。

そこで今回は、「ユーザビリティとSEO対策って関係あるの?」という方に向けて、ユーザビリティとSEO対策の相関について詳しく解説します。

2014年頃、Googleのマット・カッツ氏が投稿したある動画が大きな話題となりました。
その動画の内容から「時代は被リンクからオーサーランクへ」「オーサーランクが重要視される」といった内容がSNS上で流れたことが発端となり、WEB界隈やSEO業界に激震が走りました。

このような論調は、同氏が発言した内容の一部分だけが強調された不正確な情報であり、「被リンクが無意味になる」「被リンクがランキング要因から外れる」ということは考えられません。

今回は、そもそもオーサーランクとは何か、そしてこのような論調が話題になった背景について解説します。

2014年7月に実施されたローカル検索アルゴリズムが「ピジョン・アップデート」です。
ピジョン・アップデート実施以降、通常の検索結果をはじめ、ローカル検索結果まで、広い範囲にわたり影響をもたらしたことで大きな話題になりました。

今回は、ピジョン・アップデートって何?といった方向けに、「ピジョン・アップデート」の特徴やベニス・アップデートとの違い、そしてピジョン・アップデート導入以降のSEO対策について解説します。