SEOで上がらない!その施策、検索の仕組みに合ってますか?

作成日(公開日):
SEOで上がらない!その施策、検索の仕組みに合ってますか?

SEOの土台であるGoogleや検索エンジンについて、3記事にわたって徹底解説します!

 

1.SEOで行き詰ったらGoogleの3つの方針を思い出そう!

2.SEOで上がらない!その施策、検索の仕組みに合ってますか?

3.SEOの主役はGoogleではなくユーザーである。

 

第2回目の本記事『SEOで上がらない!その施策、検索の仕組みに合ってますか?』では、検索結果に表示される情報は一体どのように発見されているのか、Google検索の仕組みをわかりやすくまとめています。

 

1.

検索の仕組み

Google検索は、入力された検索クエリに対し、ユーザーが知りたい情報や問題が解決されるような適切な情報を掲載するウェブページを検索結果に表示させます。とはいえ、検索クエリに関連がありそうな情報が数百万件も存在した場合、検索結果に表示される情報は一体どのように発見されているのでしょうか。

 

検索結果に情報を表示するために、Googleは次のような仕組みで動いています。

 

  1. クロールとインデックス登録
  2. 検索アルゴリズム
  3. 便利な検索サービス

 

上記3点は以下の部分(それぞれ番号が対応)が該当します。

 

これだけだとわかりづらいので、1つずつ詳述します。

1-1.

クロールとインデックス登録

検索が情報を整理する仕組み

ユーザーが検索する前から、ウェブクローラは膨大な数のウェブページから情報を収集し、検索インデックスに登録して整理しています。

Google 検索の仕組み | クロールとインデックス登録

クロールは、ウェブ上に存在するウェブページを認識するためのシステムです。
Google検索のウェブクローラは、ウェブ上に存在する膨大な数のウェブページから情報を収集し、収集した情報は検索インデックスに保管しています。

しかし、クローラも「即時に完全に情報を収集」できるわけではないため、クロールし、インデックスする仕組みと促す方法として以下を示しています。

 

(1) [クロールによる情報の検出]
(2) [インデックスによる情報の整理]

 

(1)[クロールによる情報の検出]

Googleは、次のような手法によって情報を検出し、収集します。

 

・ xmlサイトマップのURLリストを読み取る

・ ページ上のリンクを辿ってサイトを訪れる

 

この2つの手段によってクロールを行います。

またクロールは以下の性質があるために、1度のクロールで全て読み取らない場合があります。

クロールするサイト、クロールの頻度、各サイトから取得するページ数はコンピュータ プログラムによって決定されます。

Google 検索の仕組み | クロールとインデックス登録

この為、Googleでは、ウェブマスターがGoogleに対してクロール方法を指定できるように、ツールを提供しています。ツールを利用すると以下のことができます。

 

・ 再クロールをリクエスト

・ robots.txtでクロールの動作をコントロール など

 

 

(2)[インデックスによる情報の整理]

各ウェブページに含まれているすべての語が 1 つずつ追加されています。

Google 検索の仕組み | クロールとインデックス登録

クローラがURLを辿って他のウェブページを見つけると、Googleのシステムは新たにインデックスにその情報を登録します。Googleのシステムは、数十億ものウェブサイトから情報を処理し、そのページに含まれるすべての情報をインデックスに登録します。

1-2.

検索アルゴリズム

検索アルゴリズムの仕組み

ウェブ上に存在する情報の量を考えると、何か情報の整理を助けてくれるものがなければ、必要な情報を見つけるのは不可能に近いでしょう。Google のランキング システムはそのために設計されています。検索インデックスに登録されている膨大な数のウェブページを分類し、最も関連性の高い有用な結果を瞬時に検索して、探している情報を見つけやすい形でユーザーに表示します。

Google 検索の仕組み | 検索アルゴリズム

Googleのランキング システムは、200以上にも及ぶとされる独自のアルゴリズムで構成されています。これらの検索アルゴリズムは、ユーザーが求めている情報と返すべき情報を様々な要因を基に分析し、順位を決定して検索結果に瞬時に表示しています。
 
検索アルゴリズムがSERPに作用する要因は次のようなものです。

Googleでは、クエリに対し関連性や品質の高い情報を検索結果に表示するために、厳正にプロセスを整備し、検索アルゴリズムに日々改良を加えながら調整をしています。世界各国の検索品質評価者は、Googleが定義している検索品質評価ガイドラインに準拠し、評価をしています。検索品質評価ガイドラインは一般公開されており、不定期に内容が更新されています。

Googleはユーザー第一主義で考えているので、ユーザーの評価の向上を目指して、適切な検索結果を返すための仕組みを作り上げようとしています。
なので、Googleはユーザーの評価を基準にアルゴリズムを改善します。

上図のように、ユーザーが『webサイト(ウェブページ)』および『Googleの検索エンジン』の2つを利用し、評価するので、Googleはその2つの評価を基準に検索アルゴリズムを変更しています。
言い換えると、クエリに対する検索順位の決定プロセスは、「クエリ」を起点とし、「ユーザーのWEBサイトや検索結果への評価」までを含んで、最終的な検索結果を決定しています。

クエリに対する検索順位の決定プロセス

(1)検索キーワードを分析する

(2)検索キーワードを照合する

(3)ページの有益性を評価する

(4)最適な検索結果を返す

(5)ユーザー行動の背景を考慮する

 

検索順位の決定プロセスは上記の5段階で表されます。詳細を見ていきましょう。

 

検索アルゴリズムの決定プロセス(1~2段階目 / 全5段階)

(1)検索キーワードを分析する

クエリに対し、最適な回答を検索結果に表示させるために、Googleでは検索内容からユーザーの検索意図を推測します。クエリに含まれる単語の意味を分析し、検索インデックスに登録されている情報の中から、関連性の高い情報が含まれているページを探します。

クエリに含まれる単語に、複数の意味が含まれている場合でも、類義語システムのおかげでユーザーの意図を理解することが可能だとされています。

 

(2)検索キーワードを照合する

次に、クエリにマッチする情報が含まれるウェブページを探し出します。検索アルゴリズムは、そのキーワードの登場頻度やページ上のタイトルや見出し、本文中のテキストなどを分析し、検索インデックス内から適切なウェブページを見つけます。

さらに、検索アルゴリズムは検索キーワードの照合に加えて、クエリに関連する画像や動画などのコンテンツがそのページに含まれているかどうかを分析し、ユーザーが使用する言語にマッチしたウェブページを優先します。

 

「犬」を検索する場合、必要なのは「犬」という単語が何百回も出現するページではありません。つまり、ただクエリの言葉を繰り返すだけでなく、クエリに対する答えが含まれているページかどうかを見極める必要があります。そこで検索アルゴリズムでは、犬の画像や動画、犬種のリストなど、関連するコンテンツがページに含まれているかどうか分析します。

Google 検索の仕組み | 検索アルゴリズム


検索アルゴリズムの手順の詳細について(3~5段階目 / 全5段階)

(3)ページの有益性を評価する

検索クエリによっては、関連するウェブページの数が膨大なケースがあります。その為、検索エンジンは検索クエリに対して関連性だけでなく、ウェブページの有用性を評価するためのアルゴリズムを作成しています。その指標の一部が以下です。

・ウェブページの新しさ

・検索キーワードの出現回数

・ユーザーエクスペリエンスの質(ウェブページの閲覧のしやさなど)

・情報の信頼性や権威性

・著名なウェブサイトからのリンク etc

 

(4)最適な検索結果を返す

次に、検索結果に表示するすべての情報に整合性があるかどうかを評価します。検索結果に共通して含まれる話題は1つだけか、あるいは複数あるのか、多数の情報が特定の解釈に偏っていないか、といったことを確認します。

 

(5)ユーザー行動の背景を考慮する

Googleでは、過去の検索履歴や検索設定などの情報、ユーザーの位置情報などを基にして文脈を考慮します。

たとえば、シカゴに住んでいるユーザーが「football」で検索すると、ほとんどの場合、アメリカン フットボールやシカゴベアーズに関する検索結果が上位に表示されます。一方、ロンドンにいるユーザーが「football」で検索した場合は、サッカーやプレミアリーグに関係のある検索結果が上位に表示されます。

Google 検索の仕組み | 検索アルゴリズム


1-3.

便利な検索サービス

さまざまな形式で提供できる便利な検索サービス

ラリー ペイジはかつて、「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」と述べたことがあります。Google が実施しているテストでは、ユーザーが質問に対する答えをすぐに手に入れたいと考えていることが、長年にわたり一貫して示されています。

Google 検索の仕組み | 便利な検索サービス

完璧な検索エンジンの実現のために、Googleは、検索キーワードに対して関連性の高いウェブページを検索結果に表示するだけでなく、リザルトブロックと呼ばれる検索キーワードに関する具体的な情報をウェブページ以外の形で検索結果に表示する取り組みをしています。

以下のような便利な機能が多く存在します。

リザルトブロックの例

・ ナレッジグラフからの回答

・ ルートと交通状況

・ 回答を直接提供

・ 強調スニペット

・ リッチリスト

・ 尋ねる前に情報が手に入る

 

次ページ以降で1つ1つを具体的に解説します。

 

ナレッジグラフからの回答

2012年に導入されたナレッジグラフは、検索キーワードに関する情報を検索結果にまとめて表示する機能のことです。リンクをクリックすることでウェブ上の詳しい情報にアクセスできます。

 

表示例

ルートと交通状況

GoogleMap(地図機能)は、交通状況をリアルタイムに把握し、特定の住所とそこに行くための道順を簡単に調べられます。検索結果上で情報を知ることができます。

 

表示例

回答を直接提供

直接的な回答が必要な場合に対し、すぐに役立つ回答を提供するために、企業と連携して、検索結果ページに直接コンテンツを掲載できるようにしています。これにより、検索ユーザーはサイトを訪れる手前の段階で回答を受けることができます。

 

表示例

強調スニペット

ユーザーが検索したキーワードに関連があるとアルゴリズムが判断したサイトのコンテンツから、テキストを抽出し、検索結果に明確な回答がダイレクトに表示されます。強調スニペットに表示し、目立たせることで、ユーザーはすぐに回答を見つけられるようになります。

 

表示例

リッチリスト

ユーザーの質問に対して、複数の画像で回答を表示します。検索キーワードに対し、回答は必ずしも1つとは限らないため、複数の回答が出た場合はウェブ上の情報とナレッジグラフを組み合わせることで複数の画像を検索結果に一覧表示します。

 

表示例

尋ねる前に情報が手に入る

スマートフォン向けのGoogleアプリやサービスでは、ユーザーが検索する前から天気やエンターテインメント、スポーツなどの情報がすぐに手に入るように、ホーム画面に便利な情報のフィードやショートカットを表示しています。Googleは、ユーザーが知りたがっているであろう情報を予測し、ユーザーが検索という行動を起こす前に回答を提供するよう努めてます。

 


まとめ:検索の仕組み

図の「評価(①~②)」が、検索順位の決定を行うポイントです。

この2つのポイントに対応するためにSEOを行う際に習得すべき知識は以下の2つです。

 

①:ユーザー行動とそれを左右するWEBの動向に関するマーケティングの知識

②:SEOの各ガイドラインで示す技術要件やGoogleの方針についての知識

 

この2つを常に習得しアップデートし続けることで、Googleの動きを先取りすることができます。

 


技術要件は満たしているのにSEOで上がらないときは、Googleとユーザーの双方の意図と外れたクエリじゃないか確認しましょう!

 

Googleの検索の仕組みを押さえたら、次は
SEOの主役はGoogleではなくユーザーである」で
ユーザー中心のSEOを学びましょう。


この記事をシェアする