SEO World

2018.11.08

【月間検索回数の調べ方】GoogleAdWordsのキーワードプランナーを活用しよう!


WEBマーケティングやSEOでよく用いられる用語の中から、今回は「月間検索回数」の意味やGoogleAdWordsのキーワードプランナーを使った月間検索回数の調べ方について解説します。

▼目次

■月間検索回数の意味は?

「月間検索回数」とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで1カ月間にそのキーワードがどれだけ検索されているかを表す数値です。

SEOの観点では、検索エンジンの月間検索回数が多いキーワードのことを「ビッグキーワード」、月間検索回数が少ないキーワードのことを「スモールキーワード」と呼びます。

▶月間検索回数からわかること
SEOの実施やリスティング広告の出稿の場合に、非常に重要な数値とされているのが月間検索回数です。例えば、キーワードの月間検索回数を調べると、そのキーワードの「市場規模」を知ることができます。

月間検索数が少ないキーワード(スモールキーワード)はもともと市場規模が小さいことから、SEOで上位表示されても閲覧するユーザーやトラフィック自体が少なく、1キーワードに対して、コストをかけても効果が薄い場合が多くなります。なので、多くのキーワードを一度に狙っていき、月間検索数の合計が大きくなるような戦略が必要です。一方、月間検索数が多いキーワード(ビッグキーワード)は、1キーワードでも市場規模が大きいことから、上位表示させることができれば多くのトラフィックが期待できます。

このように、月間検索数の結果からキーワードの市場規模を知ることができれば、実際にSEO対策によって上位表示させたときに、どれくらいのトラフィックや自然検索が集まるのか、といったことを事前に予想することができます。

■月間検索回数の調べ方

キーワードの月間検索回数を調べるには、GoogleAdWordsの「キーワードプランナー」を使います。このツールを使えば、月間検索回数をおおよその月間検索ボリュームとして調べることができます。

▶キーワードプランナーの使い方
キーワードのプランナーを使うには、Googleアカウントへの登録が必要です。Google AdWordsにログインしたら、スパナアイコンにカーソルを合わせて表示される項目から【キーワードプランナー】をクリックします。
※以下に紹介する方法は、adwordsに予算をある程度入れていないと、正確な数字がでません。たとえば検索数が50でも「10~100」と表示されたり、検索数が2,400でも、「1,000~10,000」とかなり幅広い数値で表示されるので注意してください。

・旧キーワードプランナーでの見方
【検索ボリュームと傾向を取得】をクリックし、【オプションキーワードを入力】という箇所に月間検索ボリュームを調べたいキーワードを入力します。改行、またはカンマで区切り複数のキーワードを入力できます。入力後【検索ボリュームを取得】をクリックすると次に結果が表示されます。検索結果の【月間平均検索ボリューム】には、おおよその月間検索回数が表示されています。

・現キーワードプランナーでの見方
【新しいキーワードを見つける】にキーワードを入れると関連したキーワードの月間検索ボリュームが表示されます。


SEOでは、どのキーワードを選定するかが重要なポイントとされています。ビッグキーワードは競合率が高いため効果をつなげるためにも手間やコストがかかります。一方、スモールキーワードは競合率が低い分、あまりコストがかけなくても比較的に効果が現れやすいと言われています。

どのようなキーワードを選定してもメリットやデメリットがあるため、まずは月間検索数を調べてから慎重にキーワードを選定し、そのキーワードの市場規模を意識した最適なSEOを実施していくことが大切です。

以上、「月間検索回数」の意味やGoogleAdWordsのキーワードプランナーを使った月間検索回数の調べ方についての解説でした。