SEOに効果的なコンテンツを作るために必要なこととは?

作成日(公開日):
最終更新日:
SEOに効果的なコンテンツを作るために必要なこととは?

定期的にコンテンツを増やしても、それが低品質なコンテンツであればアクセス数やナチュラルリンクの獲得には繋がらず、WEBサイト全体の成長もあまり期待できません。

検索エンジンの精度が向上しているため、SEOで成功するためには闇雲にコンテンツやインデックスを増やしただけでは上位表示させることが困難となっております。最新のアルゴリズムにおいて「良質なコンテンツ」がなければ評価されることはありません。

この記事では、SEO初心者向けに「SEOに効果的なコンテンツを作るために必要なこと」についてまとめました。

1.

コンテンツの質に求められる3つの条件

Googleの日本における検索エンジンのシェア率は、半数以上を占めており、SEOのトレンドとして最近注目されているのが、「コンテンツSEO」です。

 

ユーザーにとって有益な情報となる良質なコンテンツを作り続けることでGoogleからの評価につながり、検索結果に上位表示されやすくなります。

 

以下は、SEOに効果のある「コンテンツの質に求められる3つの条件」です。

 

  • 検索ユーザーのニーズに応える情報を提供する
  • 潜在層ユーザー向けのコンテンツが鍵を握る
  • ユーザーに満足してもらえるコンテンツ

 

 

1.1.

検索ユーザーのニーズに応える情報を提供する

コンテンツを作成の際、考えなければならないことは検索ユーザーのニーズを把握することです。そのためには、ユーザーがある特定のキーワードで検索する際、何を目的に、どのような情報を求めているのかを考える必要があります。

検索キーワードからユーザーのニーズを汲み取ることができれば、その「ニーズに応える情報を提供する」ためのコンテンツを作成することができます。一語のビッグキーワードもあれば、複数の語句を掛け合わせたミドルキーワードやロングテールキーワードもありますが、どのキーワードも検索ユーザーのニーズは異なります。様々なユーザーのニーズに包括的に応えられる情報を含めたコンテンツを作成し続けていけば、自然と良質なコンテンツを増やすことにつながります。

1.2.

潜在層ユーザー向けのコンテンツが鍵を握る

ユーザーの種類は段階ごとに分類できます。購入することを目的に検索している顕在層ユーザーは全体の1割ほど、検討段階にいるユーザーも1割ほど、「情報収集」を目的に検索しているとしている「潜在層ユーザー」は全体の8割ほどと言われています。

このことから、コンテンツSEOでは、潜在層ユーザーに向けたコンテンツ作成がメインとなります。潜在層ユーザーはまだ購入までは検討していないけど、将来的に購入を検討してくれそうな見込み顧客のことです。良質なコンテンツを作成して上位表示を狙うためには、そのようなユーザーの「知りたい情報やニーズ」を把握し、そして「悩みを解決する価値ある情報」を提供することが大切です。

1.3.

ユーザーに満足してもらえるコンテンツ

コンテンツSEOで効果を獲得するためには、ユーザーのニーズを解決し、最終的に「ユーザーに満足してもらえるコンテンツ」を作ることが重要です。検索キーワードによっては、あらゆる情報がテキストで書かれているよりも、画像やグラフ、場合によっては動画を挿入導入するなどして、視認性の高いコンテンツにしたほうがよりユーザーにわかりやすく情報を伝えることができます。

また、ユーザーに満足してもらえるコンテンツは商品などの購入を目的とした顕在層のユーザーに限らず、情報収集をしている潜在層のユーザーにとっても有益な情報が多いことも特徴です。他サイト以上に情報量が多いことはもちろん、独自性の高いコンテンツが充実していれば、あらゆるニーズや目的を持ったユーザーに対して様々な角度からアクセスされやすくなります。

2.

コンテンツの質を上げるための具体的なポイント

続いては、「コンテンツの質を上げるための具体的なポイント」を紹介します。

2.1.

SEOキーワードの選定

良質なコンテンツを作るためにはユーザーの検索ニーズを把握して、そのニーズに対して応えられる情報を提供する必要があります。そのニーズを探る上で重要な作業が、「SEOキーワードの選定」です。

Googleが提供するキーワードプランナーなどのツールを使うと、キーワードごとの検索ボリュームや競合性などを調べることができるため、ユーザーの検索動向を把握することができ、SEOキーワードの選定にも役立ちます。

2.2.

キーワードから検索ユーザーのニーズを読み取る

上位表示させたいSEOキーワードが決まったら、そのキーワードで検索をかけるユーザーの「検索意図を明確にする」ことが大切です。ユーザーがそのキーワードを検索するに至った理由や検索意図がわかれば、その目的や問題を解決するための良質なコンテンツを作成できます。

例えば、「〇〇 購入」と検索したユーザーは、商品を購入することを目的とした顕在層ユーザーです。一方、「〇〇 効果」と検索したユーザーは、購入する気持ちまでは至らないけれど、その商品に興味がありリサーチを行う段階の潜在層ユーザーであることがわかります。

このように、検索キーワードによってユーザーのニーズなどが異なるため、ユーザーが本当に求めている情報は何か?という視点でコンテンツを作成することが大事です。

2.3.

Googleアナリティクスを使って効果を検証する

コンテンツを作成したあとは必ず、「その効果を検証する」という作業が必要です。Googleが提供するGoogleアナリティクスを使えば、アクセス数や自然検索流入数、直帰率などのアクセス解析を行うことができます。

コンテンツSEOを実施したあとにこれらの数値が伸びていれば、効果が得られたと考えられますが、数値が伸びていなければ作成したコンテンツの見直しが必要でしょう。


SEO初心者の方でもすぐに始められる対策の一つが「コンテンツSEO」であり、長期的にコンテンツ作成を行うことで、検索エンジンから高く評価されるようになります。

 

以上、「SEOに効果的なコンテンツの作るために必要なこと」についての解説でした。


この記事をシェアする