ペナルティを自分で解除する方法ガイド

作成日(公開日):
最終更新日:
ペナルティを自分で解除する方法ガイド

Webサイトの運営者にとって最も避けたいトラブル、それが大きな代償を伴うGoogleからの「ペナルティ」宣告です。

Webサイトやページの検索順位を上げるために欠かせないSEO対策ですが、施策を続ける上で万が一ペナルティを受けた場合に「どうやって解除すれば良いか」をみなさんご存知でしょうか。

時が経つのを待てば自然にペナルティが外れるはず・・・と、悠長なことは言っていられません。ペナルティを課せられれば検索順位が上がるどころから、検索インデックスにも表示されないという事態も多いにあり得ます。

今まさに、「これって、ペナルティを受けているのでは・・・」と不安に駆られている方もいるでしょう。それに、「SEO対策をしていたら、ペナルティになってしまった」という痛い経験がある方なら、その厳しい罰の重みを心から理解されているはずです。

そこで今回は、主にSEO対策における「被リンク(外部リンク)」という外的な要因によりペナルティを受けたときに覚えておきたい「ペナルティの恐ろしさ」や「リンク査定の方法」、「ペナルティの解除方法」、さらには「否認申請」に関して色々とご紹介します。

1.

Googleのペナルティの基礎知識と恐ろしいペナルティリスク

 SEO対策がはじめて、手探り状態で進めているという方に向けてGoogleの「ペナルティ」に関してまずは解説します。

1-1.

ペナルティとは?

Googleの「ペナルティ」は、Googleにより公式に発表されているガイドラインに背き、不正や違反を行うWebサイトや、それらに紐づいたリンクやページに課せられる罰のことを指します。

Googleからペナルティを宣告されたWebサイトは、さまざまな恐ろしいペナルティリスクが待っています。たとえば、「SEO対策をしているのに突然順位が全く上がらなくない」、「順位が極端に下がった」、「検索インデックスにヒットしなくなった」など、かなり深刻な問題もあります。

そして、ペナルティを受ければSEO対策が逆効果に終わり、ユーザーにも情報が届くことなくサイトの運営や売上げにも大きな影響を及ぼします。

2.

自動ペナルティと手動ペナルティ

一口にペナルティといっても、その種類は大きく分けて二つあります。一つは、「自動ペナルティ」、もう一つは「手動ペナルティ」です。

2-1.

自動ペナルティ

自動ペナルティは、文字通りGoogleのアルゴリズムによって不正や違反が自動で判断されて罰を受けるペナルティです。

Webサイトの管理者はGoogleサーチコンソールというサイトのパフォーマンスを監視して、管理できる無料のサービスを利用して検索結果やデータを何時でも見られるようになります。しかしながら、Webサイトの場合に不正リンクや違法行為が原因でペナルティを受けたとしても、自動ペナルティであればサーチコンソールには通知が届きません。

自動ペナルティであっても、Googleによるペナルティリスクを受けていることには変わりありません。そのため、実際に自動ペナルティを受けているかどうかは、サーチコンソールの検索順位のランクやアクセスの数、検索インデックスの状況などを参考に判断するしかないでしょう。

自動ペナルティの対象になるのは「過剰なSEO対策によるキーワードの羅列や重複」、「重複コピーコンテンツ」、「低品質で価値の低いコンテンツ」、「ブラックハットSEO(隠しテキストや隠しリンクなど)」などです。

最近は、ユーザーにより有益な情報をもつサイトやページは、高品質の価値あるコンテンツとして検索順位の上位になりやすいとされています。
検索ロボットの認識技術も格段に向上したことから、アルゴリズムの判断により不正なコンテンツや過度なSEO対策に対しては自動でペナルティが課せられます。

2-2.

手動ペナルティ

アルゴリズムではなく、Googleの監視スタッフが各サイトをチェックして「手動」で評価をする場合があります。このような時に不正なスパム行為などが発覚すれば、人間の意思で検索順位を操作したり、インデックスから外したりというペナルティリスクが課せられます。

手動ペナルティの場合は自動ペナルティとは異なり、登録したサーチコンソールに通知が届くようになっています。この場合は、検索順位やアクセス数などを調べるまでもなく、完全にペナルティを課せられていると判断できます。

手動ペナルティの対象になるのは「Google のガイドラインに違反している」、「不自然な被リンク(外部リンク)の膨大」、「低品質で価値のないコンテンツを含まれている」、「意図せぬ特定のサイトに誘導されてしまうスパムページ」などです。

これらの不正行為やスパム行為は、Googleのアルゴリズムで技術だけでは認識できないケースが多いため、人が目視でチェックして手動でペナルティが課せられます。

3.

これってペナルティ?!基本的なリンク精査の方法

「急激に検索順位が落ちた」、「ちょっと怪しい外部リンクがありそう」、「Webサイトへの外部リンクが適切なのか分からない」といったときには、ペナルティの可能性を視野に入れたほうが良いでしょう。

Webサイトを運営される方は、普段からペナルティへの対策をして、万が一ペナルティを課せられた場合の対処方法を理解しておくとことが大切です。リンク精査をするには、「本来はSEOに精通しているプロフェッショナルに任せるべき内容」ですが、ここでは慌てて間違った方法を実行してしまわぬように、基本的なリンク精査の方法をご紹介します。

3-1.

アンカーテキストや不適切な外部リンクを徹底調査!

リンク精査をするときには、「ガイドライン違反の対象となりそうな施策をしていたのでは?」という疑問から、「現在にまで至るSEO対策を見直す」ことが大切です。

そのほかにも、「アンカーテキストを分析する」、「外部リンク(被リンク)の数や取得時期の調査」、「外部リンクの信頼度」などを中心に、怪しいところがないか隅々まできちんと確認しましょう。

▶アンカーテキストを分析する

アンカーテキストはリンクが設定されているテキストのことで、この部分を最適化することでSEO対策に大きな効果があるとされています。

SEO効果に影響力があるアンカーテキストですが、過剰なSEO対策を行ったことにより、不自然なほどアンカーテキストのリンク数が増えていればペナルティのリスクが高まります。

ペナルティを回避するためには、外部リンク(被リンク)の数や取得時期の調査をして、外部リンクのドメインの数に対してアンカーテキストの数の割合が不自然にならないように注意します。

▶アンカーテキストのキーワードに偏り?

アンカーテキストが不自然に増えたりするとペナルティのリスクが高まります。それと同時に、アンカーテキスト内に同じキーワードだけが不自然に頻発している状態もペナルティ対象になります。

キーワードをアンカーテキストに入れるときは、同じキーワードだけを過度に使うことなく、分散させて使うことでペナルティリスクが軽減され、SEO対策の効果が高まるとされています。

▶外部リンクの信頼度をチェック

リンク精査の方法の一つに、「外部リンクの信頼度」を調べる方法があります。

これは、外部リンク(被リンク)のサイトがどれほど信頼できるサイトからリンクを取得しているかを調査して、ペナルティのリスクを軽減させる、または解決するための方法です。
国別のサイトの中でどこからの外部リンクが最も多いのかを調査したときに、不自然なまでに同じ国ばかりのリンクであれば危険な兆候だと判断できそうです。

※このほかにも、リンク精査の方法は色々とあります。低品質のリンクだと思って削除したものの、本当は高品質で高い評価を受けやすいリンクである可能性もあるので注意が必要です。ペナルティリスクを抱えた箇所が外部リンクや被リンクなのか、またはアンカーテキストやリンク元のドメインである可能性もあります。
そのため、判断が難しいときには無理に解決しようとせず、SEOに精通しているプロに任せたほうが安心です。

4.

ペナルティを自分で解除する方法

さてさて、ペナルティに関する基礎知識やリンク精査の方法を抑えたあとは、今回のメインテーマ『ペナルティを自分で解除する方法』をご紹介します。
「SEO対策でペナルティを受けてしまった・・・」という方は必見です。

(1)ペナルティの有無を確認する

手動ペナルティであれば、ペナルティ対象になる不正スパムや違法行為が見つかったためにペナルティを課せられることがサーチコンソール上に通知されます。また自動ペナルティであれば、ペナルティを受けても通知されないため、検索順位の変動や検索インデックスをもとにペナルティの可能性を判断します。

(2)外部リンク(被リンク)データを抽出する

ペナルティを受けてしまった場合は、サーチコンソールのデータをもとに外部リンク(被リンク)データを全て抽出します。これは、次のステップで行う分析(リンク精査)の段階で必要となるためです。

(3)抽出した外部リンクを分析する

抽出した外部リンクのデータを分析します。「基本的なリンク精査の方法」の項目で先にご紹介した方法のほかにも、Googleのガイドラインに違反した不正リンクも多数存在します。

初心者の場合は、高品質のリンクを不正だと認識してしまったり、違法なスパムサイトを問題ないと認識して残してしまったりと、正確なリンク精査が行えない場合があります。そのため、精査を行う際にはガイドラインを改めて読み返して、見落としなどが生じていないか入念に確認することが大切です。

(4)リンクの削除要請をする

外部リンクの分析やリンク精査により導き出した不自然なリンクに対しては、外部リンク元のウェブマスターに「削除依頼を要請」します。機械やシステムとのやり取りではなく、実在する人物であるウェブマスターとのやり取りになるため、余計なトラブルを起こさない為にもきちんと依頼するようにしましょう。

また、削除依頼をしたあとにすぐに解除をしてくれるウェブマスターもいれば、そうでもないウェブマスターも存在します。最終的にサーチコンソールに再審査リクエストを依頼するための内容に含まれるため、これらの一連の流れやウェブマスターとのやり取りはきちんと記録しておくようにしましょう。

(5)否認ツールを利用して否認申請をする

ペナルティのリスクは、何も間違ったSEO対策をしたことだけが原因になるわけではありません。Googleのアルゴリズムの技術が今よりも未熟だった時代には、特定のサイトを狙い不正リンクや違法なリンクを貼ることで、競合他社の検索順位を下げようという逆SEOやネガティブSEOによる影響が横行していました。

現在は、ペンギンアップデート4.0により外部からの不正スパムリンクや価値の低いリンクはその多くが自動で無効化され、評価基準にならずに検索順位に影響しないという画期的なアップデートがされています。

それでもやはり、まだ100%を自動で認識して無効化するまでには至っていないため、今もなお「価値の低い外部リンクによる影響でペナルティを課せられてしまう」という危険リスクが残っているのです。

そのため、サーチコンソールによる通知や、外部リンクの分析や精査の結果をもとに「否認ツールを利用して否認申請をする」必要があります。

5.

否認申請とは?

「否認申請」は、外部リンクの分析や精査をしたときに発覚した不自然なリンクを無効化するためのツールです。サーチコンソールが無料で提供している機能の一つであり、不自然なリンクのURLを送信することでそのリンクによる効果を無効化することができます。

ウェブマスターが関わる不自然なリンクがWebサイト内にあれば、今すぐにでも削除してコンテンツの最適化を図ることが重要です。しかし中には、ウェブマスターが関与、意図しないスパムサイトと呼ばれるサイトから、不正リンクを貼られている可能性があります。

スパムサイトによる不正リンクは、ペンギンアップデート4.0により無効化されると書きました。しかしながら、スパムサイトによる影響が無効化されずに検索順位が下がっていると感じたときには、自ら手動で否認申請を行いリンクの効果を無効化してもらうのも一つです。

そのほか、「(4)リンクの削除要請をする」の段階で、外部リンク元のウェブマスターがリンクを削除してくれない、何の返信も対応もないというときの対処方法としても否認申請はとても有効です。

(6)再審査リクエストを送信する

ペナルティを解除するための方法のラストは、「再リクエストを送信する」ということです。

これは手動ペナルティを受けた場合にのみ使うステップであり、ペナルティを受けた原因であるガイドラインの不正行為をやめたこと、ユーザーに不利益な情報を提供するサイトやページではないことを伝えるためのリクエストです。

リクエストを受けたGoogleは、改めて高品質なリンクであるかを再審査します。ちなみに、これらの再審査には通常1日、または1週間ほどかかり、その後改めて結果報告が通知されます。

再審査をしてもまだ不自然なリンクが残されているときには、はじめと同じように問題点があることを指摘する通知がされるため、問題点を解決するための対策を行う必要があります。

自動ペナルティに関しては、サーチコンソールによる通知は全くありません。そのため、再審査のリクエストができないため、問題が解決されたかどうかを判断するには、今後の検索順位や検索インデックスの動きを確認するしかありません。


低品質の外部リンクが横行していた時代は、品質には関係なく大量にリンクを増やすことで検索順位が上がっていた時代もありました。

 

しかし、2012年以降に行われてきたGoogleによる大幅なアップデートの結果、ガイドラインに背いたブラックハットSEOなどの悪質な手法はペナルティの対象になり大きな罰則を課せられるようになりました。

 

このように、Webサイトを運営する方にとって絶対に避けなければならないのが「ペナルティ」です。ウェブマスター自身が関与する不自然な外部リンクをはじめ、全く関与せず意図しない場合であっても不自然なリンクが発覚すればペナルティを受ける可能性があります。

 

そのため、外部リンクに関するペナルティ対策はしっかり行う必要がありますし、万が一ペナルティを受けてしまったときにも焦ることなく適切な対応ができるように「ペナルティを自分で解除する方法ガイド」を抑えておくことが必要です。


この記事をシェアする