SNSによるSEO効果はどの程度なのか

作成日(公開日):
最終更新日:
SNSによるSEO効果はどの程度なのか

「SNSってSEOに効果がある?」と質問されることがよくあります。SNSで多くのユーザーに拡散されることでSEO効果に繋がれば、ぜひSNSを今からでも取り入れたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は、Googleの見解を踏まえながら、SNSとSEO効果の関係性について解説します。

1.

SNSでの拡散にSEO効果はない

先に結論から先に述べてしまいますと、「SNSでの拡散にSEO効果はない」ということがいえます。その理由は次の項目で解説します。

1-1.

GoogleがSNS拡散の効果について言及

2015年に開催されたGoogle公式のオンラインフォーラムで、Googleのジョン・ミューラー氏は「ソーシャルシグナル(SNSシェア)には直接的なSEO効果はない」と説明しています。

その理由は、SNSには大抵nofollowが設定されていて、リンクを貼られてもページ評価は渡さないような仕組みになっているためです。これによりSNS上でシェアされたりしても順位上昇効果は期待できないため、SEO効果との因果関係はないということです。

2.

SNS拡散とSEO効果には相関関係がある

GoogleではSNS拡散とSEO効果には因果関係はないと説明していますが、SNS上やネット上で特定の話題が爆発的に拡がり、注目を集めると検索順位が上がったというケースもあります。

その理由は、「SNS拡散とSEO効果には相関関係がある」ということが影響しているためです。SNS上で大量に拡散されるコンテンツは、上位表示されることが多い傾向にあります。しかし、これに対してミューラー氏は、「良質なコンテンツは多くのユーザーがリンクを貼った結果、検索順位が上昇に繋がっている」としています。

つまり、SNSで拡散されても直接的なSEO効果はないものの、SNSで拡散されてコンテンツへのアクセスが増えれば、自然なリンクがつきやすくSEO効果が発揮されていると考えられます。話題に上がり注目度が増しているコンテンツはまとめブログなどでも取り上げられやすく、結果的に良質な外部リンクを多く獲得しやすくなります。


SNSによる拡散は、SEOに直接的な効果はありません。

しかし、今回紹介したようにコンテンツがSNSで多く拡散されれば、間接的なSEO効果が期待できると考えられています。

このように検索順位などに直接的な関係はなくても、SNSで拡散されてアクセスや外部リンクが増えれば、相関関係が作用してSEO効果に繋がりやすくなるためです。

 

以上、「SNSとSEO効果の関係性」についての解説でした。


この記事をシェアする