実践SEO

SEOコラム

モバイルフレンドリー、モバイルファーストインデックスなど、デバイスの変節により変わっていったGoogle検索アルゴリズム。アプリ隆盛が衰えない近年でApp Indexingはどのように評価されているのかを説明します。

SXOとSEOの違いは?SEOの進化版?などの疑問を抱くユーザーが多いです。この記事ではSXOについて徹底的に解説しています。SXOを知る事でSEOを深く知ることができます。SEOを正しく理解するためにSXOという言葉について多角的に考察しています。

SEOの知識をつけてWEBサイトからの集客アップを目指すという方におすすめしたいのが、SEOを学ぶための「書籍」を購入するということです。
簡単なSEO対策の手法から専門的なSEO対策の手法まで、体系化されたSEOの知識を色々と学べます。

そこで今回は、SEOを勉強したいというSEO対策の初心者向けに参考になる書籍をご紹介します。

近年、検索エンジンの性能向上に伴い、小手先のテクニックではなく本質的な施策が必要となっています。
そこで最近、SEO対策に関わる人のあいだでよく耳にするようになったのが「検索エンジンではなく、ユーザー視点でWEBサイトを構築しよう」といった話です。

ユーザビリティに優れたWEBサイトを作ることは、SEOに優れたWEBサイトを作ることと共通している部分もあるため、その結果「ユーザー視点でWEBサイト作りをしていればSEO対策が成り立つ」といった風に解釈されることがあります。
果たしてそれは、SEO対策の観点において本当に正しいことだと言えるのでしょうか。

そこで今回は、「ユーザビリティとSEO対策って関係あるの?」という方に向けて、ユーザビリティとSEO対策の相関について詳しく解説します。

2014年頃、Googleのマット・カッツ氏が投稿したある動画が大きな話題となりました。
その動画の内容から「時代は被リンクからオーサーランクへ」「オーサーランクが重要視される」といった内容がSNS上で流れたことが発端となり、WEB界隈やSEO業界に激震が走りました。

このような論調は、同氏が発言した内容の一部分だけが強調された不正確な情報であり、「被リンクが無意味になる」「被リンクがランキング要因から外れる」ということは考えられません。

今回は、そもそもオーサーランクとは何か、そしてこのような論調が話題になった背景について解説します。

SEO施策を行う上で、注目されていた「オーソリティ」についてのまとめです。サイトやページのオーソリティを上げる方法を紹介しています。

SEO対策は一度オーガニック検索に上位表示されたら、リスティング広告に比べて費用対効果が高いことが大きなメリットです。今回は、繁忙期にも有効な「費用対効果の高い短期型SEO対策」の方法についてご紹介致します。

BtoBマーケティングの分野ではカタログやブランド目的でWEBサイトが構築されることが一般的でしたが、最近はWEBサイトからの集客を目的に積極的にSEOに取り組む企業が増えています。今回は、BtoBマーケティングにおけるSEOの効果について解説します。