【SEOCON2020】ホリスティックSEO

作成日(公開日):
最終更新日:
【SEOCON2020】ホリスティックSEO

SEOCON2020一日目第二セッションは「ホリスティックSEO」というテーマでTokopediaのReza Putra氏からプレゼンテーションがありました。

 

「Tokopedia」は、2009年に創業されたインドネシアのオンラインショッピングサイトです。企業などがオンラインストア開設などをすることができる巨大なプラットフォームで、多くの人々に利用されています。

1.

ホリスティックSEOとは

Reza Putra氏のプレゼンテーションでは、ホリスティックSEOということで、現代のSEOの在り方について説明していました。

 

タイトルにあるホリスティックとは「全体像」という意味です。WEBサイトのランキング改善等を進めていくためには旧来のSEO対策ではなく、サイト全体をみたSEO対策が必要になっているとReza Putra氏は強調していました。

Reza Putra氏は、ホリスティックSEOを説明するにあたり、従来のSEOとホリスティックSEOの違いについて説明していました。

 

■従来のSEO対策に関しては以下の特徴を述べていました。

・キーワードランクにフォーカスしている

・検索ボリューム数の多いキーワードを狙っている

・特定のランディングページにのみフォーカスしている

■ホリスティックSEOについては以下の特徴があると述べていました。

・可能性のあるキーワードを狙う

・ランキングだけでなく、クロールや表示スピード全体を監査する

・Googleのアップデートなどにしっかりとアンテナを張る

2.

ホリスティックSEOの重要性

Reza Putra氏は「旧来のSEO対策ではなく全体を見たSEO対策が必要になっている」と強調していました。

 

クロール・エラーページ・サーバーエラー・AMP・ストラクチャーデータなど様々な点からWEBサイトを管理・マネジメントしていかなければならなくなっています。

また、新しいアップデート等の情報を取得していくことの重要性についても触れており、Danny Sullivan氏のツイッターを引用し、「旧来の方法だけでのSEO対策を行わないようにしましょう」と述べていました。

最後にSEOに投資する価値についても触れており、お金・時間・サイトの成長にしっかりと投資を行い、SEOを成功させましょうと述べていました。

Tokopedia SEO Lead  Reza Putra氏

オルグロー株式会社 代表取締役社長 塩田英司

 

SEOWORLD施策部からのコメント

今回は「ホリスティックSEO」ということで、旧来のSEO対策ではなく、サイト全体をしっかりとマネジメントしていく「ホリスティックSEO」の重要性について学ぶことができたセッションでした。SEO対策は、昔よりも確実に複雑化しているので、しっかりと最新情報を確認していく必要があると感じました。


この記事をシェアする