【SEOCON2020】ページスピード

作成日(公開日):
最終更新日:
【SEOCON2020】ページスピード

SEOCON2020二日目第六セッションは「ページスピード」というテーマでYoast.comのJono Alderson氏からプレゼンテーションがありました。

 

「Yoast」はオランダにある会社で、SEOのプラグイン開発やSEO情報発信などをしています。

特にワードプレスのプラグイン「Yoast SEO」は世界的に有名で、多くの人に利用されています。

1.

ページスピードの重要性

2日目の最終セッションでは、「ページスピード」についてYoast.comのJono Alderson氏から説明がありました。

 

セッション冒頭では、ページスピードの重要性について解説していました。

 

・48%の人々が2秒以内にページが表示されてほしいと思っている。

・ページ表示開始に3秒以上かかると50%のユーザーが離脱する。

・Cartのプロセスが遅い場合、20%ものユーザーが離脱する。

 

上記のように具体的な数字を交えて、ページスピードを速めた方が良い理由を述べていました。

ページスピードの改善をする際には、サイトのページの構成がどのようになっているかを把握し、「各箇所において改善できる箇所を整理すると良いです」と述べていました。

 

ページ表示の速度改善は、ページ内のコンテンツのパーツごとにそれぞれ改善できるので、一度見直してみることを勧めていました。

2.

ページスピードの改善

ページ速度改善をする際に、大きな括りで取り組むことができるのが下記3つの点です。

 

1.サーバー

現在使用しているサーバーの改善を行うことで、ページの表示速度が上がるケースは多いです。

 

2.CMS・プラグイン

ワードプレスを使用している方は、無駄なプラグインが入っている場合は削除することを勧めていました。

 

3.HTML/CSS

HTMLやCSSの最適化を行うことで、速度アップができることもあります。

 

この3点も、一度見直しておくことを勧めていました。

その他にも、キャッシュの利用やAMPなど、ページ速度を速める方法がいくつか紹介されていました。

 

最後に、「ページスピードの改善ができる箇所・できることはサイトによって必ずあるので、全体的にサイトの見直しを進めてみてください」と述べていました。

Yoast.com Jono Alderson氏

オルグロー株式会社 代表取締役社長 塩田英司

 

SEOWORLD施策部からのコメント

今回は「ページスピード」というテーマで、ページの表示スピード改善方法について学ぶことができたセッションでした。ユーザー目線で見た際に、ページの表示速度はとても重要なポイントの一つになりますので、今後多くのWEBサイトが改善していく部分であると思いました。


この記事をシェアする