繁忙期に最適!短期型SEO対策の方法について

作成日(公開日):
最終更新日:
繁忙期に最適!短期型SEO対策の方法について

春夏秋冬の衣替えやギフト商戦、業界ごとに季節ごとの繁忙期というものが存在します。
これらの時期は特需が生まれ、稼ぎ時である反面、広告費などがかさむことが多く、予算を抑えつつ、費用対効果の高い集客施策を行いたい広告主も多いはずです。

WEBサイトへの集客のために行う代表的な施策として、「SEO」と「リスティング広告」があります。単発でPRが可能なリスティング広告に対して、長期的な対策が必要になるのがSEO対策ですが、後者は一度オーガニック検索に上位表示されたら、リスティング広告に比べて費用対効果が高いことが大きなメリットです。

広告主は常に費用対効果の高い集客施策を行いたいとお考えの方も多いはずなので、今回、繁忙期にも有効な「費用対効果の高い短期型SEO対策」の方法についてご紹介致します。

1.

繁忙期に向けたSEOの考え方

以下では、繁忙期に向けたSEOの考え方についてまとめています。

1-1.

2~3か月前からSEO対策を始めましょう!

狙ったSEOキーワードによって異なりますが、繁忙期に向けた季節キーワードに対してSEO対策を実施する場合は、遅くても「2~3カ月前」から始めるようにしましょう。検索ボリュームが多くて、競合性の高いビッグキーワードを狙った場合は、1年を通してSEO対策を実施しているサイトもあります。

検索結果に表示されるサイトは日々調整されて順位変動が起こるため、昨日の順位よりも今日の順位が3~4位上下することも珍しくありません。また、自サイトだけでなく他社も同じように繁忙期を狙ってSEO対策を実施してくるので、出来るだけ早い段階でSEO対策を始めるに越したことはないでしょう。

1-2.

時間をかけて少しずつ外部リンクを強化する!

昔も今も変わらないGoogleのスタンスを表わすもの、それがSEO対策における「外部リンク」の重要性です。

より良質で価値の高いサイトから外部リンクを受けると、多くのユーザーから支持を受けている価値のあるサイトだとGoogleに認識され、検索順位を大幅に上げられる可能性があります。

SEO対策における外部リンクの重要性は依然として高いままですが、不自然なほど急激に外部リンクを増やすと良くありません。そのため、繁忙期に向けてSEO対策を実施する場合は、「時間をかけて少しずつ外部リンクを強化」していくことをおすすめします。

1-3.

迅速に対応できるように準備を整える!

日々、検索結果の順位変動が行われています。特に、季節キーワードの場合、繁忙期が近づくにつれて自サイトだけでなく、競合サイトも検索結果に上位表示させようと本格的にSEO対策を始めるので、検索結果に表示されるサイトの順位変動が起こりやすくなります。

そのため、どのようなサイトが上位表示されやすいかを定期的に確認して、どのような方針でSEO対策を進めるべきかをじっくり検討することが大切です。

2.

費用対効果を考えるとSEOがベスト!

繁忙期をターゲットにしたSEO対策は、長期的な対策が必要になるため、遅くても2~3カ月前からSEOを開始する必要があります。
「それなら、単発でPRが可能なリスティングの方がいいのでは?」と思われそうですが、ここで着目すべきは「SEO対策の費用対効果」です。

SEO対策は、中長期的に考えると非常に「費用対効果」の高い手法です。繁忙期に向けてSEO対策を実施して、自サイトが検索順位に上位表示されれば、高い集客効果や高いクリック率を見込むことができます。

さらに、地道なSEOの積み重ねで検索順位に上位されたサイトは、その後も長期間にわたり多くのユーザーを集めることができるなど、余計な費用がかからないSEOの費用対効果はきわめて高くなります。

リスティングの場合、繁忙期になればなるほど、クリック単価が高くなります。そのため、顧客を1人獲得するための費用が上がり、利益を圧迫する可能性が高くなります。

 


繁忙期や季節商材などをターゲットにSEO対策を成功させるためにも、遅くても2~3か月前からSEO対策を開始することをおすすめします。
リスティングのようにすぐに露出度が上がるわけではないですが、SEO対策の場合は地道に対策を行うことでサイトの強化につながり、繁忙期に限らず、中長期的にその効果を発揮し続けることができます。

 

どういったキーワードに対して対策を行うかによって、SEO対策を開始するタイミングも変わります。そのため、できるだけ早い段階から良質な外部リンクを獲得するなどして、SEO対策の基礎を固めて、いつでも対応できるように準備を進めておきましょう。
そして、日頃から検索結果のチェックを続けて、イベントや季節ごとに変化するユーザーのニーズを見極めながら、SEO対策の方針を社内で検討していきましょう。

 

以上、「繁忙期をターゲットにしたSEOの考え方」についての解説でした。


この記事をシェアする