【SMX EAST 2019】SEOデータのまとめ方

作成日(公開日):
最終更新日:
【SMX EAST 2019】SEOデータのまとめ方

【SMXEAST2019】11回目のセッションは「SEOデータのまとめ方」というテーマでMerkleのAlexis Sanders氏からプレゼンテーションがありました。

1.

SEOデータのまとめ方

今回のセッションでは、実施したSEO対策を正しくテスト・管理する方法について説明していました。

 

SEO対策のテスト・管理の方法は「インサイト」「ダッシュボード」「視覚化」「BIプラットフォーム」「テスト」「予測」「スクリプティング」「計算」などのステップがあり、それぞれについて説明していました。

 

「インサイト」のステップではKPIの設定をしっかりとすることとそれに基づく必要データの確認について述べていました。

また、ダッシュボードの項目ではGoogle Data Studioをはじめとするダッシュボードホストを紹介していました。

 

また、抽出したデータをグラフなどで視覚化する際には、かっこよさなどにこだわるよりも、視覚的に見やすいものにしてまとめるようにしましょうと述べていました。

BI(Business Intelligence)については、Tableau、Power BIの2サービスを紹介していました。

 

BIは下記のような場合に有効であり、SEOに必要なデータについてもBIでまとめて確認ができるのでおすすめしていました。

・エクセルなどではまとめられないくらいの大量のデータを扱う場合

・別々のデータを結合したい場合

・様々なデータをまとめて視覚化したい場合

BI(Business Intelligence)の次は、予測データについても紹介していました。

 

BI(Business Intelligence)などでまとめたデータをもとに、今後のSEOの効果がどれくらいのものになるかをまとめる方法も様々あるので工夫していきましょうと述べていました。

2.

SEOWORLD施策部からのコメント

Merkle Alexis Sanders氏

 

SEOWORLD施策部からのコメント

今回は「SEOデータのまとめ方」ということで、SEOの効果やデータをまとめる方法や管理方法について学習できたセッションでした。様々なツールを駆使したSEOの管理方法において知見を深めることができましたので、今後のSEO効果管理に活かしていきたいと思いました。

 


この記事をシェアする