SMX EAST 2019の概要と各セッションのまとめ

作成日(公開日):
最終更新日:
SMX EAST 2019の概要と各セッションのまとめ

本記事は2019年11月13日・14日にニューヨークで開催された「SMX EAST 2019」のイベント参加レポートです。SEO部門は全部で14セッション構成のイベントで、マーケティングやSEOのプロであるプレゼンテーター達から様々な情報が発信されました。以下、SEO部門の全14セッションのアジェンダと会場の雰囲気をご紹介します。

1.

SMX EAST 2019セッション一覧

■11月13日

 

第一セッション(09:00~)

Googleの現状とその競合性

 

第二セッション(10:15~)

2019年のSEOランクイン要素まとめ

 

第三セッション(11:30~)

YMYLの対応とGoogleのアップデート

 

第四セッション(13:30~)

Bingウェブマスターツールとグーグルサーチコンソール

 

第五セッション(14:20~)

スパムとペナルティー

 

第六セッション(15:30~)

モバイルファーストインデックス

 

第七セッション(16:20~)

音声検索とSEO

 

■11月14日

 

第一セッション(09:00~)

SEOの監査とマシンラーニング

 

第二セッション(10:25~)

構造化データとSEO

 

第三セッション(11:35~)

ページスピードとSEO

 

第四セッション(13:30~)

SEOデータのまとめ方

 

第五セッション(14:25~)

大きなサイトがもつSEOの課題と解決方法

 

第六セッション(15:20~)

JavaScriptとSEO

 

第七セッション(16:15~)

SEOに関するQ&A

 

2.

SMX EAST 2019会場の雰囲気

SMX EAST 2019はニューヨークのマンハッタンにあるJacob K. Javits Convention Center という大型コンベンション・センター内で開催されました。以下、SMX EAST 2019会場の雰囲気をご紹介します。

会場はとても広く、SMX London 2019の3倍ほどの広さがありました。

過去参加したイベントの中では最も参加人数が多く、メディア関係の方々もたくさん来ていました。

SMX EAST 2019は、いくつかのセッションがあり、弊社はSEOのセッションに参加しました。SEOセッションの他にもSEMなどのセッションが多数ありました。

東京ビックサイトのようなイベント会場の雰囲気もあり、300人以上入れるようなスペースや、各小部屋には100人以上入れるスペースがありました。

朝食と昼食は会場でいただきました。アメリカンサイズです。

SEOに関する貴重な最先端情報を得ることができ、非常に有意義なイベントでした。


この記事をシェアする