サブドメインとは

作成日(公開日):
最終更新日:
サブドメインとは

WEBサイト運営やSEOでよく用いられる単語の中から、今回は「サブドメイン」の意味やSEOにおける効果、サブディレクトリとの違いについて解説します。

1.

サブドメインの意味は?

「サブドメイン」とは、インターネット上でWEBサイトの場所を特定するために使用するドメインの内、用途や目的別に分割して利用するために任意で設定するドメインのことを指します。

例えば、「□□□. com」という文字列のドメインに対し、
「△△△.□□□. com」という文字列を挿入してドメインを区分けしたものがサブドメインです。
1つのドメインを目的別に分割したい時、ジャンルが異なるコンテンツを扱う場合などにサブドメインを使います。

1-1.

サブドメインを使用するメリット

サブドメインを利用すると、新たにドメインを取得することなく独立したWEBページを作ることができるため、コストや手間を抑えることができます。また、ECサイトのように取扱う商品が多いWEBサイトでは、カテゴリーごとにサブドメインを作ることでWEBページの区分が容易になります。

また、SEOの観点ではサブではないメインのドメインのindex数が増えるので、SEO効果があるという見解もあります。

2.

サブドメインとサブディレクトリとの違い

サブドメインとサブディレクトリの違い、それはURLを見ると確認できます。
 

  • サブドメイン△△△.□□□. com といったようなURL
  • サブディレクトリ□□□. com/△△△/ といったようにドメインの階層下
  •  

2-1.

サブドメインとサブディレクトリの使い分け

サブドメインとサブディレクトリの使い分けは、WEBページを作成する用途によって変わります。例えば、既存のドメインとコンテンツの内容やテーマが異なる場合にはサブドメインを利用する場合が多いですし、既存のドメインとの関連性が高い場合には、1つのサイトとして認識させるためにサブディレクトリを使用します。

2-2.

サブドメインとサブディレクトリのSEO効果

尚、SEOの観点で見た場合は、サブドメインとサブディレクトリのどちらが有利に働くのか、に関しては大きな優劣はないとGoogleは言及しています。

そのため、特定のWEBサイトに対してサブドメインとサブディレクトリのどちらが適しているかを判断する際は、「これから構築するコンテンツやサイトが、既存のドメインで作ったコンテンツやサイトテーマに合っているかどうか?」など、WEBサイトの用途や目的に合わせてより運用しやすい方を選択することが大切です。


以上、「サブドメイン」の意味やSEOにおける効果、サブディレクトリとの違いについての解説でした。


この記事をシェアする