TAG POST

リンク

Google サーチコンソール(Google Search Console)が新しく実装している拡張セクションのステータスレポートの「ロゴ」「サイトリンク検索ボックス」について解説します。2019年5月上旬に追加されましたが、意図しない認識のされ方をしていないか確認し、適切なサイト運用を行いましょう。

2014年頃、Googleのマット・カッツ氏が投稿したある動画が大きな話題となりました。
その動画の内容から「時代は被リンクからオーサーランクへ」「オーサーランクが重要視される」といった内容がSNS上で流れたことが発端となり、WEB界隈やSEO業界に激震が走りました。

このような論調は、同氏が発言した内容の一部分だけが強調された不正確な情報であり、「被リンクが無意味になる」「被リンクがランキング要因から外れる」ということは考えられません。

今回は、そもそもオーサーランクとは何か、そしてこのような論調が話題になった背景について解説します。

「内部リンク」は、外部リンク同じくSEO対策と密接に関係しているため、WEBサイト内にどのような内部リンクが設置されているのか、どのページに多数の内部リンクが作成されているのなど、WEBサイト内の内部リンクの構造を調査し、改善させることが大切です。

今回は、WEBサイト内の内部リンクを調査する便利なツールとして、Googleサーチコンソールの「内部リンク」という機能について詳しく解説します。

今回紹介するのは、Googleサーチコンソールの「サイトへのリンク」という機能です。
この機能を使うと自サイトに向けて貼られたリンクに関する情報などをチェックすることができ、検索結果の順位やSEO内部対策の改善などに役立てることができます。

それでは早速、「サイトへのリンク」の使い方や被リンクの確認方法などについて紹介します。

SNSで多くのユーザーに拡散されることでSEO効果に繋がれば、ぜひSNSを今からでも取り入れたいという方も多いのではないでしょうか。Googleの見解を踏まえながら、SNSとSEO効果の関係性について解説しています。

以前から外部リンクの順位への影響は大きいとされていますが、「内部リンク」も検索アルゴリズムに大きく影響する重要なランキング要因です。今回は、今からでもすぐに実践できる「内部リンク施策の方法やポイント」について紹介します。

Googleがランキング要素の影響力について言及して以降、大きな注目の的になった要素が「RankBrain」です。今回は、Googleが言及した「ランキングの3大要素」をもとに、押さえておくべき「最重要ランキング要素」について紹介します。