TAG POST

Google サーチコンソール

Google サーチコンソール(Google Search Console)が新しく実装している拡張セクションのステータスレポートの「ロゴ」「サイトリンク検索ボックス」について解説します。2019年5月上旬に追加されましたが、意図しない認識のされ方をしていないか確認し、適切なサイト運用を行いましょう。

サイトマップの登録はWEBサイトへのアクセスが増加したり、検索順位にいい影響を与えたりすることから、SEOの内部対策の観点からみても設置するのが望ましいとされています。

こちらの記事では、Googleサーチコンソールに含まれる機能の一つである「サイトマップ」に注目して、この機能の概要とサイトマップの作成・登録方法についてわかりやすく解説します。

公開はしているけど検索エンジンにインデックスされたくない時は「robots.txt(ロボッツ・テキスト)」を使用し、検索エンジンに対して特定のページをクロールしないように指示できます。今回は、クロールの最適化に欠かせないrobots.txtに記述する構文や、文法が間違っていないかを確かめたり、正しく動作しているかどうかを確かめたりできるGoogleサーチコンソールのrobots.txtテスターの使い方をわかりやすく解説します。

WEBサイトのインデックス数やSEO効果を促進させるためにも上手く活用したい機能として、今回はGoogleサーチコンソールの「Fetch as Google」について詳しく解説します。

Fetch as Google はGoogleのサーチコンソール内の機能の一つです。WEBページのインデックス数の促進などが可能ということもあり、うまく活用したい機能です。

それでは早速、Fetch as Google機能の種類や基本的な使い方について初心者の方にもわかりやすく紹介します。

検索エンジンのクローラーがWEBサイトを巡回し、データを収集することをクロールといいます。SEOを強化して検索結果で上位表示されるには、まずクロールやクローラーに関することをきちんと理解することが大切です。今回はSEOを実施するにあたり重要な指標となる「クロールの統計情報」の使い方や基本的な見方について解説します。

スマートフォンなどのモバイル端末でWEBサイト表示の見え方が問題ないかをチェックできるツールがGoogleサーチコンソールの「モバイル ユーザビリティ」という機能です。

モバイルユーザーにとってWEBサイトの使い勝手をより良いものにすることはもちろん、Googleの検索ランキングに影響を及ぼす重要な要素とされているモバイルユーザビリティの問題を解決するためにも、この機能によるチェック方法や使い方などをしっかり理解しておくことが大切です。

それでは早速、Googleサーチコンソールの「モバイル ユーザビリティ」について解説します。

今回は、日本語以外の言語に対応しているWEBサイトを構築する場合に覚えておきたい、Googleサーチコンソールの「インターナショナル ターゲティング」という項目について解説します。

海外展開を目指してWEBサイトを多言語化するときに、検索ユーザーに対して適切な情報が提供できなければ離脱が増えてしまったり、検索エンジンに対して正しい情報を伝えられないと流入率が下がり機会損失を招いたり、といった恐れがあります。
そこで便利な機能が、Googleサーチコンソールのインターナショナル ターゲティング機能です。

それでは早速、Googleサーチコンソールの「インターナショナル ターゲティング」の基本的な見方や国・言語の設定方法について紹介します。

Googleによる手動対策(手動ペナルティ)を受けてしまうと、WEBサイトへのアクセス数が減ってしまうなど、マイナスな影響を受けるなどの損害につながります。

運営しているWEBサイトに対して、万が一手動対策に関するメッセージが届いたとしても、落ち着いて素早く対処できるように「手動による対策」がどのようなものかを事前に把握しておくことが大切です。

そこで今回は、Googleサーチコンソールにある「手動による対策」の使い方や、Googleから警告メッセージが届いた場合の解決方法について解説します。