ホワイトハットSEO対策で成功していますか?

作成日(公開日):
最終更新日:
ホワイトハットSEO対策で成功していますか?

Googleのウェブマスター向けガイドラインにおける品質に関するガイドラインに沿う形で行うSEO対策を「ホワイトハットSEO」といいます。
「ホワイトハットSEO=コンテンツSEO」といった見方をされることが多いですが、ホワイトハットSEO対策を成功させるためには、果たして本当にそれだけで良いのでしょうか?
今回は、ホワイトハットSEOで検索順位が中々上がらない理由をもとに、ホワイトハットSEOを実践する上でwhite-hat-content-seoを解説します。

1.

ホワイトハットSEOに関する間違えや気をつけるべきこと

最近のSEO対策は、ユーザーに役立つ情報や有益な情報を提供するWEBサイトを実施するためのホワイトハットSEOの手法が主流といわれています。
しかし、良質なコンテンツを作ったからといって、検索結果に上位表示されるわけではありません。
そこでまずは、ホワイトハットSEOに関するよくある間違いから「ホワイトハットSEOで検索順位が上がらない理由」、そして「ホワイトハットSEOを実践する上で気をつけるべきこと」を紹介します。

1-1.

コンテンツを増やせばリンクの代わりになる、という考え

ホワイトハットSEOを実践しているのに、中々検索順位が上がらないという場合に多いのが、「コンテンツを増やせばリンクの代わりになる」と考えて単にコンテンツの数を増やしているだけのWEBサイトです。
ユーザーにとって有益なコンテンツを作ることは、情報量を増やしたり、新しい情報を保ったりという意味でも重要なことですが、作成したコンテンツが外部リンクの代わりになる、という訳ではありません。
検索結果に上位表示させたいと思ったら、ユーザーにとって有益と感じるコンテンツを作るだけでなく、検索エンジンから見ても有益なコンテンツであると判断されるように、「WEBサイトに良質な外部リンクを集める」ということが大切です。

1-2.

コンテンツであれば何でも順位が上がる、という考え

コンテンツが多いと上位表示されやすい、というような言葉が行き交うようになりましたが、「コンテンツであれば何でも順位が上がる」というわけではありません。

例えば、構築してから間もないWEBサイトの場合、コンテンツの量を増やすことに集中し過ぎるあまり、ユーザーにとって役に立たない、価値の低いコンテンツを単に増やしているだけのケースもよく見かけられます。
コンテンツが多いからといって全てのコンテンツが高評価を受ける訳ではありません。それが価値のないコンテンツであれば、Googleのウェブマスター向けガイドラインに抵触する行為として判断され、検索順位に悪い影響を及ぼす可能性があるためです。

また、ホワイトハットSEOで対策をするキーワードの中には、良質なコンテンツを作成することに限界が生じてしまうことがあります。この場合は、コンテンツで他サイトと差別化を図ることが難しいため、リンクを増やすなどの対策を実施しなければ上位表示することはできません。

1-3.

リンクを買わないこと=ホワイトハットSEO、という考え

ホワイトハットSEOの意味は、「リンクを買わないこと」ではありません。
ホワイトハットSEOは、Googleのガイドラインに沿ってWEBサイトを検索結果に上位表示させるために行うSEO対策です。リンクを買わないことはガイドラインに沿ったSEO対策を実施するための条件の一つであり、リンクを買わなければ検索順位が上がるのかといったら決してそうではありません。

そして、外部リンクをもらうことは危険なことではありません。
むしろ、外部リンクは重要なランキング要因とされているため、他サイトから多くの外部リンクを獲得することで検索エンジンからの評価されやすくなり、検索順位が上がりやすくなります。

Googleのガイドラインに抵触することを踏まえてリンクを購入しないと決めたのであれば、より自然な形で外部リンクを獲得しやすい良質なコンテンツを作成するほか、協力企業とのリンクを促すなど、正当な方法で自然な外部リンクを獲得することが上位表示させるためには重要です。

1-4.

特定のキーワードだけを上位表示させることだけが目的、という考え

ホワイトハットSEOに即効性はないため、すぐに効果がでるわけではありません。しかし、SEOの目的が対策キーワードを上位表示させることだけに集中すると、なかなか上位表示されないことで「ホワイトハットSEOが上手くいっていないのでは?」と考えてしまい、SEOで重要とされている施策が意味のない事と感じてしまいがちです。

ホワイトハットSEOによる効果は、上位表示されるまでの施策過程が非常に重要になることから、良質なコンテンツや自然なリンクを増やすなどの必要な施策を地道に続けながらWEBサイトの価値を高め、検索エンジンにアピールする必要があります。

また、特定のキーワードに対してSEOを実施して無事上位表示された場合、その結果がWEBサイトのコンバージョンに対してどれほど影響力を与えるものなのかを考慮することが大切です。競合性の高い特定のキーワードだけを上位表示させることを目的にすると、目標としている成果が得られない可能性があるため、他にも関連性の高いキーワードを考慮しながら、特定のキーワードだけに囚われないバランスの良い施策を行うことが大切です。


ホワイトハットSEOとはなんなのかについて、正しい認識を持った上で、自分のサイトで行うSEO対策について考えていく必要があります。

 

また、ホワイトハットSEOを実施していても検索順位が中々上がらない時は、現在実施している対策を今一度見直す必要があるでしょう。

 

以上、ホワイトハットSEOで検索順位が中々上がらない理由についての解説でした。


この記事をシェアする