ホワイトハットSEOとは?ブラックハットSEOとの違いや主な対策例を解説!

作成日(公開日):
最終更新日:
ホワイトハットSEOとは?ブラックハットSEOとの違いや主な対策例を解説!
1.

ホワイトハットSEOの意味は?

「ホワイトハットSEO」とは、Googleのウェブマスター向けガイドラインにおける品質に関するガイドラインに沿って、WEBサイトを検索結果に上位表示させるために行う検索エンジン最適化の手法のことを指します。

検索エンジンが推奨するルールに沿う形で行われるホワイトハットSEOの手法は、Googleのガイドラインに記載された項目を実施するが前提となります。これはすなわち、Googleが掲げるユーザーファーストの方針を考慮して、ユーザーに対して役立つ情報、有益な情報を提供するWEBサイト運営やSEO対策を実施するということです。

1-1.

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い

Googleの検索エンジンが推薦しているSEO対策を「ホワイトハットSEO」と呼ぶのに対し、Googleのガイドラインに沿わない不正な手法を用いることを「ブラックハットSEO」と言います。

 

Googleのガイドラインに背く違反行為を用いるWEBサイトだと検索エンジンに判断されると、検索順位が下がる、検索結果に反映されない(評価されない)といったペナルティが課せられるリスクを伴うため、決して行わないようにしましょう。そして、知らないうちにペナルティに陥る手法を用いてしまうことがないように、以下のようなブラックハットSEOの手法に注意しましょう。

 

  • 隠しテキスト
  • 隠しリンク
  • ワードサラダ
  • クローキング
  • コピーコンテンツ
  • 過剰な相互リンク集
  • 誘導ページの利用
  • 関係ないキーワードの詰め込み

 

2.

ホワイトハットSEO対策の主な例

ホワイトハットSEOで最も意識すべき点は、Googleの品質に関するガイドラインに沿った手法でSEO対策を行うことと、ブラックハットSEOなどの不正な手法を用いないことです。

そこで以下では、ホワイトハットSEO対策の主な例をいくつかまとめています。

2-1.

ユーザーの利便性を優先したWEBサイトを構築する

Googleでは、「ユーザーの利便性」を重要な理念の一つとしていることから、WEBサイトを訪れた検索ユーザーが見やすく、わかりやすい、そして使いやすいWEBページを増やし、目的とする情報にスムーズにたどり着けるようなWEBサイトを構築することが大切です。
特にgoogleがサブコンテンツと呼ぶグローバルメニューやレフトナビは、利用するユーザーにとって、サイトを使いやすくするためのナビゲーションとしてしっかりと機能させましょう。

2-2.

ユーザーの動向の変化に対応したサイト運用をする。

ユーザーの動向として、以前はPCが中心だったのが最近ではモバイルによる利用が非常に増えています。そのため、モバイル専用のページ(モバイルで見やすいページ)、モバイルでの表示速度など、ユーザーの利用環境に応じた最適化が必要となります。Googleは常にこのようにユーザーファーストの方針に則り、アルゴリズムを改良していくので、最新情報をチェックしながらユーザーにとって使い勝手の良いWEBサイトを探求することが大事です。

2-3.

WEBサイトの構成を検索エンジンに正しく伝える

ユーザーにとってわかりやすく見やすいWEBサイトであることと同時に、検索エンジンに対してもWEBサイトの構成を正しく伝えることが重要です。特に、WEBサイトのtitleタグ(タイトルタグ)やメタディスクリプションタグ、h1タグ(見出しタグ)などに、ターゲットとなる重要なキーワードを入れるようにします。

その他、WEBサイトを訪問したユーザーが知りたい情報にたどり着きやすくするためにも、WEBサイト内のページに内部リンクを貼ることはとても重要です。リンク構造をしっかりさせることで検索ロボットによるWEBページ内の巡回がよりスムーズに行われ、WEBサイトの情報を正しく伝えられるようになります。

2-4.

関連性の高いコンテンツを作る

検索したキーワードに対して、関係のないWEBページが検索結果に表示されればユーザーにとって利便性が低い検索エンジンになってしまいます。それと同様に、サイトテーマや記事テーマなどが、サイト全体や記事全体で見たときに、関連のない情報が多く含まれていると、コンテンツの評価が下がる場合があります。そのため、検索キーワードやサイトテーマに関連したコンテンツを作成します。

2-5.

コンテンツの質を高める

ユーザーファーストを意識したときに、検索ユーザーの意図を考慮したコンテンツを用意することが大切です。「検索キーワード」のことを「クエリ(質問)」とも言いますが、質問にしっかり答えているページを作ることが重要です。特に専門的な情報を含めた「質の高いコンテンツ」は、信憑性とオリジナリティの高い情報であると高く評価されます。

2-6.

評価を集めて自然なリンクを獲得する

隠しリンクや相互リンク集のような、WEBサイトを検索上位に表示させるためだけに用いられるブラックハットSEOはペナルティを受けてしまう可能性が高くなります。
しかしながら、質の高い被リンクを集めることは現在も変わらず有効なSEOとされています。良いコンテンツを有する価値の高いWEBサイトだと第三者から評価されると、自然と被リンクが集まります。そのため、自然なリンク(ナチュラルリンク)を獲得しやすい良質なコンテンツを作成したり、協力企業や提携企業とのリンクを促すなど、自然なリンクを獲得することも重要です。


WEBサイトを運営する上で集客に欠かせない施策、それがSEO対策です。以前は、短期間で検索順位を上げられる手法としてブラックハットSEOが有利とされてきましたが、今ではGoogleのガイドラインに沿わない不正な手法は評価されない、あるいはペナルティを受けてしまうなど逆効果とされています。

 

それに対し、検索エンジンが推奨している手法が「ホワイトハットSEO」です。ホワイトハットSEOを実施することでユーザービリティが向上されるほか、検索エンジンのクロール最適化されインデックスされやすくなるなど様々な効果が期待できます。

 

以上、「ホワイトハットSEO」の意味やブラックハットSEOとの違い、ホワイトハットSEOの主な対策例についての解説でした。


この記事をシェアする