HTMLサイトマップとGoogle XML Sitemapsの違いや設定方法は?

作成日(公開日):
最終更新日:
HTMLサイトマップとGoogle XML Sitemapsの違いや設定方法は?

WEBサイトの構成を分かりやすくまとめたページのことを「サイトマップ」といいます。
サイトマップにはメインページのリンクが設置されていることから、サイトマップを見ただけでWEBサイト全体の構成を把握できるようになり、ユーザビリティの改善はもちろん、検索エンジンにコンテンツ内容を効率よく伝えることができるなど、SEOの内部対策とも密接に関係しています。

今回は、SEOの内部対策を実施する上で欠かすことのできない「サイトマップ」に関する基礎知識として、「HTMLサイトマップとXML Sitemapsの違い」と「WordPressを用いてXMLサイトマップを設定する方法」について詳しく解説します。

1.

サイトマップとGoogle XML Sitemapsの違いについて

サイトマップは、以下のように「ユーザー用」と「検索エンジン用」と大きく2つの種類があります。

 

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ

 

1-1.

HTMLサイトマップの特徴

ユーザー用のサイトマップが「HTMLサイトマップ」です。
WEBサイトの利便性を向上させるために設置するサイトマップで、ページ数が多くなった場合でもユーザーが目的のコンテンツを見つけやすいようにリスト化して表示します。

1-2.

XMLサイトマップの特徴

検索エンジン用のサイトマップが「XMLサイトマップ」です。
GoogleやYahoo!といった検索エンジンにWEBサイトのページURLや構造をもれなく知らせるために設置します。さまざまな形式がありますが、主に「sitemap.xml」というファイル名で表示されて、サイト全体の構造や最終更新日、更新頻度、設置されている画像や動画などの情報が含まれています。

新しいページを追加した時は、検索エンジンのクローラーに巡回されるまでに少し時間がかかります。そういった時にXMLサイトマップを送信することで、検索エンジンに新しいページの情報を素早く伝えインデックスされるようになります。
インデックスされることで評価が適切に行われ、検索順位の安定につながるなど、XMLサイトマップはSEO上の効果を高めるためにも非常に有用です。
 
▸ XMLサイトマップって何?その意味やHTMLサイトマップとの違いとは? | SEO World
 

2.

WordPressを用いてXMLサイトマップを設定する方法

新しいページを更新する度に、毎回XMLサイトマップを手動で編集していれば非常に手間がかかります。そこで便利なのが、WordPressにある「Google XML Sitemaps」というプラグインです。

このプラグインを使うと自動でXMLサイトマップを更新できるほか、新しい記事を公開した時に自動で検索エンジンに通知してくれるようになります。

 

【Google XML Sitemapsの主な特徴】

  • 最新記事の公開や更新後、サイトマップを自動生成
  • サイトマップ生成後、検索エンジンに自動通知
  • 検索エンジンにインデックスしてほしいページや除外するページを指定
  • Googleの規定に沿ったサイトマップを生成

 

以下では、WordPressのGoogle XML Sitemapsを用いてXMLサイトマップを設定する方法を紹介します。

 

2-1.

Google XML Sitemapsをインストール

WordPressにログインして、以下の手順でGoogle XML Sitemapsをインストールします。

 

  1.  管理画面を開く
  2. 【プラグイン】をクリック
  3. 【新規追加】をクリック
  4.  検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力して検索
  5. 【今すぐインストール】をクリック
  6. 【有効化】をクリック

 

2-2.

Google XML Sitemapsの基本設定

ここでの基本設定はデフォルトのままで良いですが、チェックを入れる項目を念のため確認しておきましょう。

 

  1. 管理画面の【設定】をクリック
  2. 【XML-Sitemap】をクリック
  3. 「基本的な設定」の3項目にチェックを入れる
    ・Googleにブログの更新を通知
    ・Bing(旧名 MSN Liveサーチ)にブログの更新を通知
    ・サイトマップのURLを仮想 robots.txtファイルに追加
    WEBサイトの更新時にGoogleとBingに通知できる他、検索エンジンにXMLサイトマップの場所を正確に伝えられるようになります。「高度な設定」は、デフォルトのままにします。

 

  1. 「投稿の優先順位」の「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れる
    自動的に優先順位が決められないようになります。検索エンジンのクロールを最適化するための設定はこの後に説明します。

 

2-3.

Sitemapsコンテンツの設定

「Sitemapsコンテンツ」では、XMLサイトマップに表示させる内容を詳しく設定することができます。
検索エンジンにインデックスしてもらいたいページを選びます。
重複する可能性があるアーカイブページやタグページなどはチェックを外すことで、不要なページをインデックスされないように促すことができます。その結果、検索エンジンのクロールが最適化されて、SEO効果につながります。

 

  1. 「WordPress標準コンテンツ」にチェックを入れる
    ・ホームページ
    ・投稿(個別記事)を含める
    ・カテゴリーページを含める
  2. 「詳細なオプション」にチェックを入れる
    ・最終更新時刻を含める
  3.  Excluded Itemsで除外するコンテンツを指定する

XMLサイトマップに掲載したくないコンテンツを登録して除外します。除外するコンテンツがない場合は、デフォルトのままで設定は不要です。

 

2-4.

更新頻度(Change Frequencies)の設定

「更新頻度(Change Frequencies)」を設定することで、予想されるページの更新頻度を指定して検索エンジンに通知することができます。
以下は、更新頻度の設定内容の例です。

毎日 :ホームページ
毎月 :投稿(個別記事)
更新なし :固定ページ
毎週 :カテゴリー別
更新なし :今月のアーカイブ(たいていは“ホームページ”と同じでしょう)
毎年 :古いアーカイブ(古い投稿を編集したときにのみ変更されます)
更新なし :タグページ
更新なし :投稿者ページ

検索エンジンのクロールを最適化するために、重要なページの項目を設定するほか、コンテンツの投稿や更新の頻度に合わせて設定します。

 

2-5.

優先順位(priority)の設定

「優先順位(priority)の設定」では、WEBサイト内の他のコンテンツと比較して、相対的なコンテンツの優先順位を指定します。

「1.0=非常に重要」から「0.0=重要ではない」の範囲で選択でき、更新頻度の設定と同じく検索エンジンのクローラーに対して重要なヒントとなる設定です。

 


今回紹介したWordPressのGoogle XML Sitemapsというプラグインを使用すると、新しい記事を公開した時に手動での作業が必要なくなり、自動でXMLサイトマップを更新できます。また、検索エンジンに自動通知してくれる機能によりクロールの最適化が実現し、結果的にSEOの内部対策につながることから、サイトマップをきちんと設置しておくことが望ましいでしょう。

 

以上、「サイトマップとXML Sitemapsの違い」と「WordPressを用いてXMLサイトマップを設定する方法」についての解説でした。


この記事をシェアする